FC2ブログ

 
 

HGUC ザクF2 製作記 04

  • :2010.03.30
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUC F2ザク製作記その4でございます。
  
   回を増す事にネタが無くなるという製作記泣かせのF2ザクですがそれだけ素性の良い

   キットという事で相変わらずオススメしておきます。

   ネット上で色んなモデラーさんが楽しんでF2ザクを製作してるのを見てると自分の

   モチベーションもアップして制作意欲が湧いてきます。

   自分も他の人に少しでも模型製作の楽しさが伝えられたらいいなと思ってますが、

   まだまだスキル不足なので地道にスキルアップしていきますので

   応援よろしくお願いします。

   話が横道にそれましたが今回もF2ザクの細かなポイントをお伝えしていきます。


肉抜き穴の処理

 HGUC F2ザクですが、肉抜き穴に関しても優秀で、武器の目立たない部分のみにしか
 存在しません。その場所も処理しやすい場所なのでさくっと処理していきます
IMG_1942.jpg
   マシンガンのドラム裏
  武器の保持角度によってはかなり目立つ部分なので丸くプラ板を切り出しておいて
  マシンガンとの接続部分をカットしてからドラムマガジンの裏に貼りつけます。
  この辺りはざっくりと工作してます。
  こだわるのなら、細かなディテールを追加するのもいいかと思います。
  ハンドグレネードの裏にも肉抜き穴があるので同じように塞いでおきます。

 
 工作もほぼ終わったのでそろそろ塗装に入っていきます。
 今回のノイエンビッターさん搭乗機のカラーリングは基本2色なので
 グレーの部分を先行して塗装しておきます。
 腰部アーマー裏は塗り分けをするので塗料乾燥後にマスクしておきます。
IMG_1926.jpg
   いつもの感じでマスク処理しました

 今回は細かなデカールを多めに貼るつもりなのでチマチマとデータを
 詰め込んでデカールを制作しました。
IMG_1940.jpg
   内容は機体番号とジオン紋章、コーションマーク等で2種類4機分になります。
  デカールはその他手元にある物も使う予定です。

色々と準備も整ったので機体色を塗装していきます。
以前に書いた『みるきぃ★ぱすてる』グリーンバージョンをベースにして彩度、明度を
調整して好みの色を作ります。
色々と調整してるうちにタップリと出来ちゃいました。好みな色なんだけど
後何のキットに使えるかが問題です。

 IMG_0193.jpg
 正面から

 IMG_0195.jpg
 バストアップ

塗装に関しては,まずはサフ吹き 翌日に下地黒塗装 更に翌日に機体色という感じで進めました。

今回は頭部のブレードアンテナのみ手を入れてありますがそれ意外はキットストレート組みです
難しい塗り分けも無いので始めて全塗装するならオススメと言えるキットです。
特に今回のノイエンビッターさん搭乗機は2色だけなので特に簡単です。

さて後は付属品の塗装と本体の仕上げ作業を並行して行っていきます。
HGUCギラズールもこの作業と並行して作業してます。

さてそろそろ次のキットを始める時期ですが、さてそれは何になるでしょうか?
その辺りはまた近いうちにご紹介します。

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 03

  • :2010.03.26
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUCザクF2製作記その3です。
  
   まだその3なんですけどHGUCザクF2の製作記のネタが尽きてきました。

   ネタの為に製作してる訳ではないのでいいんですがなんか寂しいですね。

   今回はノイエンビッターさん搭乗機の特徴でもあるロケットブースターの製作を紹介します。

   手元にあった資料でその形状をチェックしてから作業に入ります。

   形状としては円筒状で太さの異なる3つのブロックで構成されていて先端は丸みを帯びた

   形状で後端にはブースターノズルがあるという至ってシンプルなもの

   とりあえずは、プラ材のストックから色々と出してきて組み合わせてみます。

   構成としては一番太い部分は5ミリのパイプで、その中に3ミリのパイプを通してあり

   その中に2ミリのプラ棒を通して中間部分の細い所を再現して後端部分はその2ミリの

   プラ棒に3ミリのプラパイプをはめています。

   ランドセル部分と比較してみると形状、大きさ的に行けそうだったので

   各種ディテールアップパーツを組み合わせて行きます。

IMG_1922.jpg
   大体の形になった状態
  手元にあったプラパイプが透明タイプしか無かったので画像では分かりにくいですね
  透明のプラパイプは形状把握がしにくいのと固く割れやすいので、これから自作する人は
  白いプラパイプをオススメします。

IMG_1925.jpg
   サフ吹き
  形状把握するためにとりあえずは捨てサフを吹いてみました。
  パイプカッターを使わずに切断した為に切り口が悪かったので隙間を
  パテで埋めておきました。
  後は整形後にもう一度サフ吹いて塗装に入ります。

 部品を新造した事のない人は、こういった簡単なものから始めるのがオススメです。
 
 いきなり複雑な物に挑戦しても必ず挫折しますから。


もう一つの特徴でもある指揮官用頭部 

 ノイエンビッターさん搭乗機の特徴と言っても普通の指揮官用の頭部との違いは無いので
 
 普通にアンテナをシャープに整形していきます。

 アンテナは作業しやすいように頭部に接着してしっかりと接着されてから作業します
IMG_1924.jpg
   アンテナシャープ化
  全体が薄っぺらではなく前方がうすくて後方へ行くにつれ太くなってる形状が好きなので
  それを意識してヤスリやカッターで薄くしていきます。

IMG_1929.jpg
   キットではアンテナの差し込み部分に隙間や段差が見られるのでパテを使って
  自然なラインでつながる様にして処理後にはサフを吹いて様子を見ます。
  結局ここは気に入る形を出すのに3回程パテを盛っては削りを繰り返しました。

このF2ザクで後やり残した事は武器関係の肉抜き穴を埋める事とロケットブースターの

取付部分の新造位でしょうか?

その辺りは、問題なく進めていけると思いますが、サクサク進んでる時ほど何か

ありそうで怖いです。今回はデカールをいつもより少し多めに貼る予定なので

デカールのデータもそろそろ準備しないといけません。

今回はこれくらいで終了です、というかHGUC版F2ザクは工作部分の次回分ネタが

本当に無いので次は基本カラー塗装後の画像を少々載せられるかもしれません。

それでは また次回まで


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ