スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ギラズール その5

  • :2010.03.23
ギラズールタイトル
b_b.gif 今回はギラズール製作記その5になります。
 
  本体の改修については前回まででほぼ終了してるので今回はマスク部分の画像を少しと

  現在のギラズールの様子をチラッと紹介します。

  このHGUCギラズールも最近の良質のHGUCキットの一つなので致命的色分け不足な

  部分はありませんが、こだわるならある程度のマスク作業は避けては通りません。

  前回は一番の塗り分けポイントの紋章部分を紹介したのでそれ以外の部分を紹介します。

  今回は、紋章ほど必須ポイントではないので、このあたりは個人的好みで作業してます。

  

  まずは、足の裏です。単色で塗りつぶしてもいいんですが、モールドがしっかりとあるので

  ある程度塗り分けてみます、まずは中央のノズル部分は基本色塗装後にマスクして黒鉄色で

  塗り重ねます、塗料乾燥後にパネル状になった部分をマスク後に塗装します。

IMG_1928.jpg
   中央のノズル周辺を塗った後のマスクです。

IMG_1937.jpg
   最終的に完成した状態です。
  ここは直線的なマスクが殆どなので綺麗に仕上がりました。あとは境目の墨入と
  メタルパーツを組み込めばここは何とか完成出来そうです。


  続いて脚部ですがここが結構塗り分けポイント多いんです。
 
  塗り分けしたいのは、くるぶし辺りにあるノズル部分、動力パイプが収まる部分、膝の
 
  裏部分の3箇所です。
 
  とりあえず、膝の裏はいつものマスキングテープで簡単にできるのですが、残りの
 
  2箇所は形状的にマスキングテープが使いにくい場所なので詰物をしてマスクします。

  普段は油粘土を詰めてマスクするんですが、この方法は人にはオススメしない方法です

  その名の通り油ギッシュな粘土を塗装前のキットに触れさせるのは塗料はじきや

  塗料剥がれにつながる危険行為になります。オススメしない方法を書くのも何なので

  今回は紙粘土を使うことにします。

  家にあった適当な紙粘土をコネコネしてマスクにしました。

  この時もマスクする部分以外には紙粘土が極力触れないように作業した方がいいです。

  紙粘土は乾燥後に収縮するので少し余裕を持って大きめに盛りつけておきます。

IMG_1927.jpg
   マスク完成!!
  後は翌日の塗装を待つだけです。

  これでギラズールの外装部分は全て塗装する事が出来るようになりました。

  手を入れ始めてかなり時間がかかった気がしますが、放置状態にならずに何とか

  ここまで来れたのでよしとします。

  現在は仕上げ作業中ですが、そこで問題発生!!

  機体各部の動力パイプの部品を塗装しようとしてチェックしたら前腕部分に使うパーツが

  一つ足りない ( 〇□〇)!

  とにかく色んな場所を探しまくっても見つからず テンションダウンです。

  パーツ請求するか、自作するか只今検討中です。

IMG_0191.jpg

IMG_0188.jpg

IMG_0190.jpg

  今はこんな感じになってます。

  機体各部の白丸は地味に筆で塗ってます。

  久しぶりの筆塗装は難しいですね。

  パーツ紛失の為にあと少しで完成なのに足止め状態です。

  みなさんはこんな思いをしないように細かなパーツの管理はしっかりとして下さいね。

  完成は何と見えてきましたので、そろそろリゼルの方にも手をつけていきたいです。

  F2ザクも塗装に入りました。F2ザクは何だかサクサク作業が進んでます。

  その辺りは次回のエントリーで紹介出来ると思います。

  しばらくはキットの購入予定も無いので手元のキットの消化を進めていきたいです。

  リゼル2種類 → ユニコーンガンダム2形態 → クシャトリヤ と行きたいところです。



スポンサーサイト
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ギラズール その4

  • :2010.03.17
ギラズールタイトル
b_b.gif 予告通りHGUCギラズール製作記です。

  HGUCギラズール第4回目ですが、このギラズールも出来のいいHGUCキットなので

  たいしたネタはございません。

  とりあえず、前回までに紹介出来なかった事を少々書いてみたいと思います。

  前回のF2ザクでも紹介した HQパーツさんのパワーパイプですが
  70726f647563742f4d4f44454c55502f707033312e6a70670033303000.png
   せっかくなのでギラズールにも使ってみることにしました。

   とりあえずはお約束の足の裏に
IMG_1918.jpg
  バーニアの底に単純に穴を空けてメタルパーツをハメただけですがこれが
  大きさを測ったかのようにぴったりフィットします。
  画像はフィッティングの為に2個だけはめてありますが
  最終的にはちゃんと全てメタルパーツをはめる予定です
  後は別々に塗装して組み上げるだけです。

IMG_1914.jpg
  バーニア部分以外で
  ビームホーク先端のビームを取り付ける部分にもこのメタルパーツをはめてみました。
  先端用のビームパーツは何の加工も無く取り付けることが出来ます。

  後はバックパックの小型バーニア等もこのメタルパーツに置き換える予定です。

  このメタルパーツはあまり自己主張しないデザインなので他にも色々と使えそうです。


最後に袖付きとも言われる由縁になってる各部の紋章部分ですが

  サフ吹き → 黒塗装 → マスク → 紋章塗装で行く事にしました。
IMG_1921.jpg
   マスク完了
  いきなりマスク完了してますが、かなりめんどくさい作業でした。
  2日に分けて作業しました、あと塗装前に紙テープでもう少しマスクすれば完璧。
  形状的に難しいかと思った袖口の紋章も単純2次元曲面だったので思ったよりは楽でした。
  この経験がいつ作るか分からないHGUCクシャトリヤに活かせればいいんですが...
  
  
  現在ギラズールは全体のサフ吹きがほぼ終わり、最終の表面チェックをして

  もうすぐ本塗装に移るところまできてます。

次回予定
今週はHGUCで『リゼル隊長機』が発売されるのでそちらのレビューもしたいと思ってます。
HGUC 1/144 リゼル(隊長機)
HGUC 1/144 リゼル(隊長機)
バンダイ 2010-03-20
売り上げランキング : 1041


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容的には以前発売された『リゼル一般機』のバリエーションキットなんですが、
変更された部分にかなりインパクトあるのでその部分を中心にレビューする予定です。

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ギラズール その3

  • :2010.03.09
ギラズールタイトル
b_b.gif 久しぶりの製作記再開です

   まずはギラズールから始めて行きます

   久しぶり過ぎてドコまで作業しててドコからの作業を書いていいものか忘れつつありますが

   自分のブログを参考に続きを書いていきたいと思います。

   作業場所を移動した前後で画像の背景にバラツキがあって見にくいかもしれません
IMG_1767.jpg
  胴体脇の動力パイプ
このパイプは腰の前後と胴体の3箇所で接続されているんですが
胴体部分の接続部分は見栄えがよくないので切り取って整形しました。
切り取った部分は胴体側へ接着してここも整形しました。

IMG_1768.jpg
  リアア-マー裏
  リアアーマー裏は正面から見た時に結構目立つんですがディテールが殆どないので
  エバグリのプラ材で簡単にディテールアップ
  画像は本当に簡単すぎるのでこの後チマチマと手を入れてます。

IMG_1769.jpg
  予備マガジン裏
  予備マガジンの裏には肉抜き穴があります。この内フロントアーマー装着時に
  いちばん外側に来るマガジンは後ろから見ると肉抜き穴が目立つのでその一つだけを
  プラ板で塞ぎました。
  この辺りは結構ザックリでいいと思います。

IMG_1771.jpg
  股間穴隠し
  最近のバンダイは股間のアクションベース用の穴を隠す為の蓋を付けて
  くれなくなりました。小さい子の誤飲防止とかの関係なのかもしれませんが
  個人的にはこの穴が見えるといくら綺麗にキットを作っても興冷めしちゃいます。
  なので蓋を自作するんですがこの作業が面倒に思えて嫌いです。
  今回はプラパイプと丸一モールでちゃちゃっと作りました。
  今後はこの蓋をなるべく付けて欲しいんですが どうなんでしょかバンダイさん?

IMG_1910.jpg
  モノアイ
  キットにモールドされているモノアイは約2.5ミリ程度ですがそれに合わせて
  市販パーツを貼りつけると 少々小さく感じたので3ミリの物を使う事にしました
  ただ3ミリだとこのパーツの幅とほぼ等しいため3ミリの穴を空けると
  パーツの破損につながりやすいのでとりあえず2.5ミリで穴をあけて
  その穴を面取りビットで表面付近のみを3ミリまで拡大させました。
  これで3ミリのモノアイパーツを組み込めるようになりました。

  IMG_1772.jpg
  ブレードアンテナ
  隊長機である証のブレードアンテナですが、キットは当然シャープさが感じられないので
  ヘルメットに接着後に削り込んでシャープに整形します
  完成後に倒れたら一発で折れる位まで削り込みました。

ギラズールの今回の工作はこれで大体終わりつつあるので先行して
接着してあるパーツをヤスリつつサフ吹き作業に移っていきます。
今回は襟や裾等にある紋章部分の塗装が面倒ですが地味にマスクしながら進めていきます。


次回HGUCキットレビュー予定
HGUC 1/144 ロト ツインセット
HGUC 1/144 ロト ツインセット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初はそれ程、気になるキットでも無くスルーで行く予定でしたが
ユニコーンガンダムの劇中でその小型兵員輸送機としての使われ方がしっかりと描かれていて
目立った活躍こそ無いものの印象に残った機体なので急遽キットレビューする事にしました。
それではまた次回まで



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ギラズール その2

  • :2010.01.13
ギラズールタイトル
b_b.gif HGUCギラズール製作記その2です

 前回は接着しちゃっても大丈夫な所の接着とショルダーアーマーのディテールアップまで

 行いました。 

 レビューでも書いたように、このHGUCギラズールも基本的な作りとしてはかなり良好です。

 ただし、プラモデルの性でどうしても甘くなる部分やHGUCならではの省略部分がどうしも

 出てきます。

 そんな細かな部分のディテールアップをちまちまと行っていきます。

 今回の作業内容は全身にある白い丸い部分を中心にディテールアップをする事にします

 ただこの白い円でアポジモーターなのか?それともラッチなのか?

 いまいち分からない部分が多々あるんですが

 とりあえず同じように仕上げるこ事にします


IMG_1758.jpg
  くるぶし辺りにあるバーニア
  どうしても立体感やシャープさに欠ける所なので開口してから縁をシャープに削り込みます
  バーニアごと削りとって市販パーツに置き換えた方が効率がいいように思いますが
  手元に程よいサイズの物がなかったので、マスクして塗り分けます
  最終的につぶし玉を入れて完成となります
  穴の経は1.5ミリです
  段差などのモールドは筋彫りを再度行い各ブロックが別パーツ化されてるようにします  

IMG_1759.jpg
  膝にあるアポジモーター
  ここも開口してから縁をシャープに削り込みます
  ここも塗装後につぶし玉を入れて完成です
  目立つ場所なのでおすすめ改修ポイントです
  最後に接着してこの部分はとりあえず終了

IMG_1760.jpg
  前腕部分
  ここが結構謎な部分で 小丸モールド2箇所と中丸モールドが1箇所あるんですが
  何のための部分なのか分かりません
  とりあえず中丸モールドは1.5ミリで開口して縁をシャープ化
  小丸モールドは1ミリで開口して縁をシャープ化しました  
  それから各部のモールドを深く彫り直し特に袖の部分の紋章は塗り分けが綺麗に
  出来るようにちまちまと彫り直しました
  これが結構面倒かつ集中力を要するので疲れてる時には避けるべきポイントです  

IMG_1761.jpg
  胸部
  胸部にも謎の穴があったので今まで通りの処理をとりあえずしてから
  胸の紋章、襟の紋章をこれまた袖と同じように処理しました
  モノアイには様子見で市販パーツを置いてみました
  少し大きい気もしますが多分こんな感じに仕上がると思います 
  胸のフックは作り直した方が絶対いいんですがかなり繊細かつ正確な作業が
  求めれられるので今回はパスして筆での塗り分けで処理する事にします

IMG_1762.jpg
  フロントアーマーとリアアーマー
  ここにも謎の穴があったのこれまた同じ処理をちまちまとしました
  

IMG_1763.jpg
  最後に違う改修を
  フロントアーマーはHGUC特有の左右一体になってるのでエッチングソーで
  丁寧に切り離します
  ここは失敗したら部品請求(手続き面倒でモチベーションダウン)になるので慎重に
  作業をします
  エッチングソー持ってない人はよく切れるカッターの刃で
  丁寧かつ慎重に作業すればかならず出来るはずです
  この為だけにわざわざエッチングソー買う必要はないと思います
  
  
 今回はこの辺りで作業中止です
 
 たいした事してないのに慎重さや集中力を持続させた為やたら疲れました
 
 次回も多分細かな内容の製作記レビューになると思います

 来週には HGUCリゼル(一般機)の発売が控えてるのでそれまでには

 ある程度作業を進めておきたい所ですが...


 
■ 次回 HGUCレビューキット
HGUCゼータガンダム以来の大胆差し替え変形キットです
HGUC リゼル
HGUC リゼル
バンダイ 2010-01-24
売り上げランキング : 916

おすすめ平均 star
starなんか
star良キット?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

HGUCリゼル(隊長機)は3月にリリース予定です
HGUC 1/144 リゼル(隊長機)
HGUC 1/144 リゼル(隊長機)
バンダイ 2010-03-25
売り上げランキング : 175


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
それでは また次回まで








参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ギラズール その1

  • :2010.01.07
ギラズールタイトル
b_b.gif 久しぶりに製作記を書いてみたいと思います。

 今、色々と手をつけてるので完成まで行かないかもしれませんが、その時は
 
 勘弁してください

 とりあえず製作に入る前に今回手を加えるポイントを書き出して見ます

  ・モノアイを市販パーツでディテールアップ
  ・ブレードアンテナをシャープ化
  ・機体各部のラッチ、アポジモーター等をシャープ化もしくは市販パーツ置き換え
  ・腰部アーマー裏のディテールアップ
  ・フロントアーマーの左右分割
  ・肉抜き穴の処理
  ・全体の筋彫りを深く彫り直す
  ・股間のアクションベース用の穴隠しパーツを作成
  ・全体のバランスを見て各部ディテールアップを少々

 とりあえず書き出すとこんな感じです

 HGUCギラズールに関しては後ハメポイントは皆無なので、普通に作り進んでいくつもりです

 今回はとりあえず現時点で接着しちゃって問題ない部分を接着します
IMG_1755.jpg
   接着したのは武器関係と右肩に付くシールド保持のパーツと左右の肩ブロックです


 左肩に付くショルダーアーマにはモールドがあるんですがどうしても
 シャープさに欠けるので市販パーツに置き換えることにします
 ただ,このモールドの裏には肩との接続ダボがあるのであまり雑にすると
 後々困る事になるので出来るだけ丁寧に処理して行きます
 使用したのはWAVEのOボルト3ミリ経の物です
IMG_1756.jpg
   処理していない部分との比較です
  モールドがはっきりしたのがわかると思います 

IMG_1757.jpg
   同じ処理を計6回しました
  単純な処理ですが結構疲れました
  最後にショルダーアーマー自体を接着して今回は終了です
  同時作業でHGUCユニコーンガンダム デストロイモードも作ってるので
  余裕が出たらそちらの製作記も開始します!
  






参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。