スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ザクF2製作記 05

  • :2011.01.22
F2ザクタイトル02
b_b.gif 久しぶりにHGUCザクF2をいじってみる事にしました。

  とりあえず何をどうしていたのかすら忘れていたので自分のブログで確認してみて

  少しづつ手を入れていきます。

  まずは手付かずだったモノアイから手を付けていく事にします

  顔が決まるとグッとテンションあがる気がします
  
  今まではハイキューパーツさんの半球状の物(名前忘れちゃった)を使ってたんですが
  
  それが廃盤商品になったのと、ちょっと違う表現がしたくて、これまたハイキューさんの
  
  SPプレート2mm用とセンサー用メタリックシールのレッドを組み合わせてみる事に
70726f647563742f4d4f44454c55502f3230706c6174655f632e6a70670032323000.png70726f647563742f6869712f534d544c532d414b415f312e6a70670032353000.png

IMG_2907.jpg
   こんな感じのモノアイになりました。
  雑魚のザクは(紛らわしい表現)モノアイがピンクでも全然構わないんですが
  漢(おとこ)の乗機になったMSは例えザクであってもモノアイはレッドが相応しい

 機体各部にあるバーニアやノズルなんかをメタルパーツに置き換えていきます。
 
 あまり個性が強いメタルパーツは好きじゃないのでオーソドックスな感じがする

 ハイキューさんのパワーパイプ3mmを最近多用してます。

 これが色々と使い道がありまして通常サイズのMSでHGUCクラスの物だと

 ミドルクラスのバーニアやビームサーベルの取付け部分、武器の銃口、

 勿論本来の使い方である動力パイプにもバッチリです。
IMG_2910.jpg
   脚部の大きい方のバーニアは パワーパイプに置き換えて、小さな方は
  つぶし玉1.5mmサイズに置き換えてみました。
  その他に真鍮パイプやメタルボールなんかをうるさくならない程度に
  埋め込んでおきました。

 これでHGUC F2ザクで残る作業はランドセルに追加されたロケットブースター

 の取り付けとデカール貼り、トップコートで何とか完成かな?

 そろそろHGUCジムカスタム買いに行かないと

HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 ジオン軍仕様
HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 ジオン軍仕様 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
バンダイ 2010-02-27
売り上げランキング : 2348


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 連邦軍仕様
HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 連邦軍仕様 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
バンダイ 2010-03-13
売り上げランキング : 7200


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 05

  • :2010.04.02
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUC F2ザク製作記もネタが少ないままその5まできました。

   今回の記事かもしくは次回でF2ザク製作記も終わりです。
 
   HGUC F2ザクはもともと出来が良かったので最初から細かなポイントのみの紹介で

   あまり役に立たなかったかもしれませんが、

   たまにはこんな製作記もいいんじゃないでしょうか

   今回はランドセルとロケットブースターの接続部の製作からいきます


ロケットブースター接続部
   
   設定画ではイマイチどうなってるか分からない部分ですがF2ザクを機体ごと飛ばせる推力

   を持ったブースターとの接続部分なのでそれなりにゴツイはずなのと現地改修部分なので

   間に合せ的な感じがするだろうという事でプラ板をアングル材風に組んでみました。

IMG_1959.jpg
   ランドセルとの比較
  長さでいえば2cm位です
  最初はマグネットで接続しようかとも思いましたがサイズ的に厳しかったりもするので却下

IMG_1960.jpg
   ふくらはぎの塗り分け
  ふくらはぎというかすねの横というか片足に2箇所づつバーニアがありますが
  この部分はHGUC版F2ザクでは一体化されてるのでマスクして塗り分けます
  こんな感じでマスクしました。

IMG_1974.jpg
   キャストオフ!
  気持ちいいのと、不安が入り混じる瞬間です
  今回の出来ばえは
  マスク形状が単純だった事もあり何とか、きれいに出来ました。

IMG_1975.jpg
   ヒートホーク
  1パーツ整形のヒートホークも塗り分けします
  とりあえずは刃に当たる部分を塗ってみました。
  今回は久しぶりにメタルカラーを使ってみました。
  メタルカラーは塗料乾燥後にティッシュなどで磨くと独特な光沢が得られる塗料ですが
  とりあえずは磨かずにマスク作業に入ります

さて今回もこんな感じのお手軽な内容で終了です。
もう少し塗装してデカール貼ったらHGUC F2ザク本当に終わりそうです
何度もいうようですがおすすめHGUCキットなので素組でも良いのでぜひとも
作って欲しいキットです
カラーバリエーションも連邦版のみでなくデザートカラーなんかでも発売されると
素組派でも『熱砂の攻防』が再現しやすいのではないでしょうか?
バンダイさんどうでしょう

さて、そろそろ次回作にも手を付けようと思ってますが

『HGUCリゼル』2種類か『HGUCロト』か迷ってる感じです。

近いうちに発表するのでお楽しみにしててください

それではまた次回まで


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 04

  • :2010.03.30
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUC F2ザク製作記その4でございます。
  
   回を増す事にネタが無くなるという製作記泣かせのF2ザクですがそれだけ素性の良い

   キットという事で相変わらずオススメしておきます。

   ネット上で色んなモデラーさんが楽しんでF2ザクを製作してるのを見てると自分の

   モチベーションもアップして制作意欲が湧いてきます。

   自分も他の人に少しでも模型製作の楽しさが伝えられたらいいなと思ってますが、

   まだまだスキル不足なので地道にスキルアップしていきますので

   応援よろしくお願いします。

   話が横道にそれましたが今回もF2ザクの細かなポイントをお伝えしていきます。


肉抜き穴の処理

 HGUC F2ザクですが、肉抜き穴に関しても優秀で、武器の目立たない部分のみにしか
 存在しません。その場所も処理しやすい場所なのでさくっと処理していきます
IMG_1942.jpg
   マシンガンのドラム裏
  武器の保持角度によってはかなり目立つ部分なので丸くプラ板を切り出しておいて
  マシンガンとの接続部分をカットしてからドラムマガジンの裏に貼りつけます。
  この辺りはざっくりと工作してます。
  こだわるのなら、細かなディテールを追加するのもいいかと思います。
  ハンドグレネードの裏にも肉抜き穴があるので同じように塞いでおきます。

 
 工作もほぼ終わったのでそろそろ塗装に入っていきます。
 今回のノイエンビッターさん搭乗機のカラーリングは基本2色なので
 グレーの部分を先行して塗装しておきます。
 腰部アーマー裏は塗り分けをするので塗料乾燥後にマスクしておきます。
IMG_1926.jpg
   いつもの感じでマスク処理しました

 今回は細かなデカールを多めに貼るつもりなのでチマチマとデータを
 詰め込んでデカールを制作しました。
IMG_1940.jpg
   内容は機体番号とジオン紋章、コーションマーク等で2種類4機分になります。
  デカールはその他手元にある物も使う予定です。

色々と準備も整ったので機体色を塗装していきます。
以前に書いた『みるきぃ★ぱすてる』グリーンバージョンをベースにして彩度、明度を
調整して好みの色を作ります。
色々と調整してるうちにタップリと出来ちゃいました。好みな色なんだけど
後何のキットに使えるかが問題です。

 IMG_0193.jpg
 正面から

 IMG_0195.jpg
 バストアップ

塗装に関しては,まずはサフ吹き 翌日に下地黒塗装 更に翌日に機体色という感じで進めました。

今回は頭部のブレードアンテナのみ手を入れてありますがそれ意外はキットストレート組みです
難しい塗り分けも無いので始めて全塗装するならオススメと言えるキットです。
特に今回のノイエンビッターさん搭乗機は2色だけなので特に簡単です。

さて後は付属品の塗装と本体の仕上げ作業を並行して行っていきます。
HGUCギラズールもこの作業と並行して作業してます。

さてそろそろ次のキットを始める時期ですが、さてそれは何になるでしょうか?
その辺りはまた近いうちにご紹介します。

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 03

  • :2010.03.26
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUCザクF2製作記その3です。
  
   まだその3なんですけどHGUCザクF2の製作記のネタが尽きてきました。

   ネタの為に製作してる訳ではないのでいいんですがなんか寂しいですね。

   今回はノイエンビッターさん搭乗機の特徴でもあるロケットブースターの製作を紹介します。

   手元にあった資料でその形状をチェックしてから作業に入ります。

   形状としては円筒状で太さの異なる3つのブロックで構成されていて先端は丸みを帯びた

   形状で後端にはブースターノズルがあるという至ってシンプルなもの

   とりあえずは、プラ材のストックから色々と出してきて組み合わせてみます。

   構成としては一番太い部分は5ミリのパイプで、その中に3ミリのパイプを通してあり

   その中に2ミリのプラ棒を通して中間部分の細い所を再現して後端部分はその2ミリの

   プラ棒に3ミリのプラパイプをはめています。

   ランドセル部分と比較してみると形状、大きさ的に行けそうだったので

   各種ディテールアップパーツを組み合わせて行きます。

IMG_1922.jpg
   大体の形になった状態
  手元にあったプラパイプが透明タイプしか無かったので画像では分かりにくいですね
  透明のプラパイプは形状把握がしにくいのと固く割れやすいので、これから自作する人は
  白いプラパイプをオススメします。

IMG_1925.jpg
   サフ吹き
  形状把握するためにとりあえずは捨てサフを吹いてみました。
  パイプカッターを使わずに切断した為に切り口が悪かったので隙間を
  パテで埋めておきました。
  後は整形後にもう一度サフ吹いて塗装に入ります。

 部品を新造した事のない人は、こういった簡単なものから始めるのがオススメです。
 
 いきなり複雑な物に挑戦しても必ず挫折しますから。


もう一つの特徴でもある指揮官用頭部 

 ノイエンビッターさん搭乗機の特徴と言っても普通の指揮官用の頭部との違いは無いので
 
 普通にアンテナをシャープに整形していきます。

 アンテナは作業しやすいように頭部に接着してしっかりと接着されてから作業します
IMG_1924.jpg
   アンテナシャープ化
  全体が薄っぺらではなく前方がうすくて後方へ行くにつれ太くなってる形状が好きなので
  それを意識してヤスリやカッターで薄くしていきます。

IMG_1929.jpg
   キットではアンテナの差し込み部分に隙間や段差が見られるのでパテを使って
  自然なラインでつながる様にして処理後にはサフを吹いて様子を見ます。
  結局ここは気に入る形を出すのに3回程パテを盛っては削りを繰り返しました。

このF2ザクで後やり残した事は武器関係の肉抜き穴を埋める事とロケットブースターの

取付部分の新造位でしょうか?

その辺りは、問題なく進めていけると思いますが、サクサク進んでる時ほど何か

ありそうで怖いです。今回はデカールをいつもより少し多めに貼る予定なので

デカールのデータもそろそろ準備しないといけません。

今回はこれくらいで終了です、というかHGUC版F2ザクは工作部分の次回分ネタが

本当に無いので次は基本カラー塗装後の画像を少々載せられるかもしれません。

それでは また次回まで


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 02

  • :2010.03.25
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUCザクF2製作記その2です。

  クドイようですがこのHGUC版 ザクF2ですが かなり出来がいいです。

  前回はメタルパーツによるディテールアップについて書いたのでそれ以外の

  ディテールアップポイントを今回は少々ご紹介します。

  まずは、機体各部に少しだけピンバイスで穴を空けて各種ディテールアップパーツに

  置き換えます。

  前腕には最初から丸いモールドがあるんですが、これが抜きの関係で甘くなってます。

  なので、まずはピンバイスでくりくりしてはっきりとしたモールドにします。

IMG_1913.jpg
   右が処理後です。
  モールドがかなりはっきりしたと思います。
  ここには、メタルボールを入れようかと思ってます

IMG_1923.jpg
   胸部脇
  ここも定番と言ってもいい場所です。
  途中の画像をとり忘れたのでサフ後になってますが、もちろんサフ前に処理してます。
  ここには、真鍮パイプを入れようかと思ってます。

IMG_1920.jpg
   フルントアーマー
  ここにも謎の丸モールドがありますがとりあえずくりぬいてみました、
  ここはまだどうするか未定の部分です。

  あまり全身に穴が空いてるのは砂漠という状況下で運用されている機会としては不自然な
  気がするのでとりあえず効果の高い部分を3箇所だけ処理してみました。

IMG_1919.jpg
   フロントアーマーを紹介したついでに
  その他のアーマーについても少々
  全てのアーマーに言えることですがアーマーの渕にバンダイエッジが存在するので
  全て削り込んで鋭角に仕上げます。
  ピンぼけ画像では分かりにくいですがこれで腰回りがスッキリした気がします。
  

  足の裏中央のメインノズルは前回と同様パワーパイプに置き換えてその周りの
  4つの小さい丸モールドはつぶし玉に置き換えます。
  前方の丸一モールドも置き換えたかったけれど予算の都合で今回はパスです。
IMG_1917.jpg
   フィッティング
  塗装後に苦労しないためにしっかりとフィッティングしておきます。  

  とりあえず今回はこの辺りで

  基本的にスムーズに制作出来るキットなので色々とバリエーション機とか作ったら
  面白そうです。
  
  次回はHGUCギラズール、F2ザク、リゼルどれかの製作記になる予定です。

  本当にくどいようですがHGUCの中でもオススメキットです
  ジオン派なら尚更オススメしたい一品でございます。
  
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
おすすめ平均
stars【 MS-06-F2 】
starsザクIIも30th
stars期待通り!
starsこれはいい!
starsBOXアートはアニメーションぽくって良いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 01

  • :2010.03.16
F2ザクタイトル
b_b.gif 今回はHGUCザクF2の製作記の紹介です。

 決してHGUCギラズールの製作が嫌になった訳では無く、エアブラシホースをねずみにやられて

 サフ吹き作業が中止になっていた穴埋めでこちらの作業をしてたんですが、作業してみて

 改めて思うんですがやっぱり出来がいいです。

 最近のHGUCシリーズは本当に出来がいいんですが、特にF2ザクの出来はよく感じます。

 本当に待った甲斐があるというもんです。この勢いでHGUCシリーズで是非ジムキャノンⅡを

 リリースして欲しいんですが、それは贅沢というもんでしょうか?

 余分な話はさておき、さてこのF2ザクをとりあえずどう料理するべきか考えてみます。

 いろんなバリエーションが考えられますが、やはりここは『キンバライド基地』の

 『ノイエン・ビッター少将』機としてまずは製作してみることにします。

 製作するポイントとしては ノーマルF2との相違部分の製作、といっても

 背面のロケットブースター位ですが、後はカラーリングの塗り分け部分の変更位ですかね

 キット自体の出来がいいので後は各部のディテールアップを中心に作業していきます。

 さくっと製作ポイントも決まった事なので早速手を動かしていきます。

 殆ど合わせ目がでないF2ザクですが 肩、ショルダーアーマー、フクラハギ下部のフレアに

 合わせ目があるのでこの内の肩とショルダーアーマーは特別な処理をしないので

 まずは接着します。

IMG_1912.jpg
   4日ほど乾燥時間を取りやすり掛けした状態です。あとはとりあえず捨て
  サフして様子をみます。


機体各部にある中型のバーニアは全てメタルパーツに置き換えてます。
まずはランドセル上部にあるバーニアを置き換えてみます。
仕様したのは HQパーツさんの このパワーパイプです
70726f647563742f4d4f44454c55502f707033312e6a70670033303000.png
もともとはザクなんかの動力パイプに使ったりするものですが、HGUCサイズ用の
バーニアとして形状、サイズともにぴったりな気がしたので今回使っています。

IMG_1908.jpg
   手元にあった色んな工具でとりあえず丁寧にバーニア部分を開口していきます。
  キッとのバーニアを全て取り除いても多少キツイので少しずつ様子を見ながら
  穴を広げていきます。
  画像は調整中の段階なのでメタルパーツが完全にハマりきってません。
  このあと微調整してバーニアがランドセルと面一になるようにしました。


同じようなバーニアが脚部にあるので作業していきます。
とここで問題が発生!
メタルパーツとキットのディテールのサイズが微妙に合わない
多少キットを削り込んで対応しようとしたもののこのディテールの裏側はもろに
足首の接続用パリキャップの穴と被っていて下手な事すると強度不足で破損って事に
なりかねないのでやむを得ずつぶし玉のみのディテールアップに留めることにします
ランドセルが上手く処理できた故にかなりのテンションダウンです。
IMG_1911.jpg
   気を取り直して
  バーニア中心に1.5ミリの穴を空けてバーニアの縁は面取りビットを使ってシャープに
  仕上げておきます。

脚部にはもう一箇所バーニアがありますがこちらはメタルパーツが入る余裕があったので
下穴を空けてから慎重に穴を拡大していきます。
IMG_1915.jpg
   チマチマと作業して、こんな感じになりました。

今回はとりあえずこの辺まででひとまず終了します。
結構チマチマト作業してると使った時間の割に作業が進んでない気がしますが
マイペースに行きたいと思います。

ちなみなこのHGUC F2ザク 連邦バージョンもロトと同時に購入してまして
結局5機分のF2ザク我が家に集結しております。
今2機同時に作業してるんですが、それでもまだ後3機分残ってましてそれを
どう料理するか検討中です


基本のジオン仕様のF2ザク
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
おすすめ平均
stars実にF2らしいスタイル。
starsザクIIも30th
stars期待通り!
starsこれはいい!
starsBOXアートはアニメーションぽくって良いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


成型色、マーキングシール違いの連邦仕様の F2ザク
HGUC 1/144 F2ザク 連邦仕様
HGUC 1/144 F2ザク 連邦仕様
おすすめ平均
stars秀作
stars連邦に下ったか…その姿は忍びん…
stars装備を何とか・・・
stars成型色の好みによると思う

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とにかくこのHGUCF2ザクHGUCシリーズの中でも個人的に上位に入るおすすめキットなので
作った事ない人は是非作ってみて下さい
それではまた次回まで 次回は多分ギラズール製作記だと思います。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。