スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

映画版 Zガンダムを見て

  • :2005.10.31
◆土曜日は疲れて知らないうちに寝てしまい
日曜日は用事が出来朝から晩まで外出する事に
よってこの二日間はガンプラに触れる事無く無情に
過ぎていきました
マラサイ君を仕上げたり次回作に手を付け始めたかったのに
がっかり Σ(T□T)
◆映画版のZも何とかゲットして最後の方だけチラッと見ました
理由はアッシマーの活躍がどうしても見たかったからです
結論としてアッシマーの活躍にはかなり満足しましたよ
百式に顔面を破壊されはしたものの(ここは違う意味で見所)
クワトロとカミーユを翻弄してあと少しでアウドムラをという
ところまで頑張ったのに 詰めが甘かったですね; ̄ロ ̄)!!
MK2のバズーカは簡単に避けられてアムロの飛行機は避けられ
ないのは何故なのか?と軽い疑問も出てきますが
ギャプランも頑張っていたので良しとしますか (⌒^⌒)
◆家の在庫にはHGUCのアッシマーがあるんで仮組したいなぁ
という気持ちも出てきましたが なんとか欲望を抑えて今日は
お休みです ギャプランは在庫にないのでちょっと欲しいかも
でも在庫も減らずに増える一方なので我慢するべきでしょうね
★今日はじっくりと映画版Zガンダム見てみます
また何か発見があるかもしれないですね
まだ見てないあなたは是非この機会に見てください
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
★Zガンダム映画公開に合わせてZ系HGUCを
40パーセント引きで販売中です
詳しくは↓をどうぞ
ホビースト Z系HGUC 40%引き
この機会にまとめてZガンダム系HGUCを
買ってみてはどうでしょうか?


 
スポンサーサイト
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

量産型ガンキャノン編:01 仮組

  • :2005.10.29
◆今日はZガンダム映画版を見る予定でしたが
見ることが出来ませんでした
変わりに『ポケットの中の戦争』を1から6話まで続けて
見ました 最終話見てたら涙出そうでしたよ (ノ◇≦。)
なんであんなラストなんだろう もう少し救いがあっても
よかった気がしますが これが戦争って物なんでしょうか
それにしてもこのシリーズは連邦が弱いの何のって
まともに活躍したのってアレックス
くらいで、そのアレックスもザクと相討ちになってるし...
見終わってからその余韻が冷めない内に量産型ガンキャノン
を仮組しました

◆それでは仮組ですがご覧下さい
量産キャノン正面01
↑正面からです

量産キャノン側面01
↑側面から

量産キャノン背面01
↑背面から

量産キャノンキャノン収納形体
↑キャノン砲収納形体時アップで

量産キャノンキャノン発射形体
↑キャノン砲射撃形体アップで

中々ごつくていい感じです軽くディテールアップするだけで
いいかと思います
具体的なポイントとしては各部のブチ穴の処理
各部のバーニアの処理 キャノン砲周りのディテールアップ
頭部カメラの透明化位でしょうか ('_'?)?
作成の方はSP2がある程度進んでからになると思いますんで
年末位でしょうか
それに3体同時進行したいのであとキットを2個入手する
必要があるんですけど以前にもブログで書いたように
このキットなかなか売ってないんですよ ; ̄ロ ̄)!!
これで『スカーレット隊』の3種類のMSの内SP2に引き続いて
2種類目まで仮組が終わりました 後1種類はジムコマンド
なのでこれで実質3種類の仮組は終わった事になります
早く作業したいですね その前にマラサイ君の仕上げが
待ってますね

★『ポケットの中の戦争』をあなたも見てみませんか?
ジオンのMSは怪獣かと思わせる第1話を収録している
前半はこちらです
機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1
思わず涙が出そうになった最終話を収録してる後半はこちらです
機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.2

★Zガンダム映画版第二部も公開開始です
その前に第一部を見てもう一度復習してみてはどうでしょう?
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
新たな発見があるかも?
私もまだ見てないので早く見てみたーーーい
と言うことでまた次回まで(^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:42 細かいパーツの接着

  • :2005.10.28
◆テンプレートを多少いじってみました
予想外に手間取ってしまいましたが何とか
形になったかな ただこのテンプレート
プラグイン対応じゃなかった Σ(T▽T;)
完成してから気が付いたよ しばらくしたら
プラグイン対応の物へ変更します
◆今回は新しい溶剤のペトロールを実際に使ってみる
所から始めます
墨入れ開始
↑塗料皿にエナメル塗料の黒を入れてペトロールで
薄めていきます 試しに胸部ダクトと股間のノズルあと拳に墨入れ
してみます
使ってみた感想としては今までと同じような感覚で使えました
これでプラが割れる可能性が下がるならこの方が
いいかもしれません まだ使いはじめなのでその内に
何か違いが出てくるかもしれませんが、その時はまた
ここで発表していく事にします
胸部ダクト
↑墨入れが終わった胸部ダクトのパーツです
これを合わせて胸部へと接着します
胸部ダクト
↑胸部ダクトパーツを接着した状態です
フンドシバーニア
↑股間のバーニアを接着した状態です
ショルダーアーマ
↑ショルダーアーマのスパイク基部パーツを付けた状態です
ひじ丸一
↑ひじのマルイチモールドを接着した状態です
にらみ
↑画像撮りまくっていたらにらまれました
◆胸部センサーに取り付けるパーツを準備します
胸部センサー用
↑塗装した透明プラ板にアルミテープを貼ります
これを切り出して胸部センサーの隙間にはめ込みます
細かい作業なので次回、集中力がある内に作業します
次回はパイプ処理を中心に作業をする予定です
それでは また次回まで(^○^)/

★遂にZガンダム映画版 星を継ぐものが発売になります
私は映画見に行ってないのでこの機会にしっかりと
見るつもりです
あなたも映画を見て明日の模型作りのテンションを
グッと上げてみませんか 
アマゾンだと↓で扱ってます
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
映画を見終わったらまたモデラーズ視点で簡単な感想を
書いてみますね (=⌒ー⌒=)ノ~
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

新しい溶剤

  • :2005.10.27
◆今日は渋滞に巻き込まれ ひどく疲れまして
今回はマラサイ編は急遽中止でタイトルのような事
とその他もろもろでお届けします
◆この時期に新しい溶剤と聞けばガイアカラーなんでしょうが
B型の私としてはその辺りにあまり関心が無い状態です
私にとっての新しい溶剤とは
ペトロール
↑ペトロールです
油絵に使う溶剤なんですが、エナメル塗料の薄め液としても
使えるらしいです。前々から知ってはいたのですが中々手が出ずに
いました。エナメル塗料用の溶剤はプラを割る事があると言うのは
周知の事実だと思いますが、私自身はそういった被害に合った事が
殆ど無くて普通にエナメル溶剤で墨入れやウオッシングしてました。
けど一生懸命手を掛けたマラサイ君がもしもそんな事で割れたりしたら
非常にショックなので今回試してみる事にしました
使い勝手などが分かり次第ブログの方で紹介していきたいと思います
◆今月も25日に各模型誌が発売になりました
普段は『ホビージャパン』と『電撃ホビーマガジン』の2誌を
買ってるのですが今回は『モデルグラフィックス』と発売日が
被った『ガンダム・ファクトファイル』の4誌を購入しました
各誌読んでみての簡単な感想ですが
MGZガンダムVer2ですが 素直にかっこいいですね
これでZプラスと二個一でZガンダムを作る必要が無くなった
んじゃないでしょうか 
年末のZガンダムは絶対に買うでしょうね 
もちろんガブスレイ君の方も忘れずに買いますよ
どちらもいつ作るのかは謎ですが
『モデルグラフィックス』のF14特集もしびれました
最近ガンプラが続いたのでたぶん来年になると思いますが
また戦闘機も作ってみたいですね
『ファクトファイル』の方はモデラー視点からみて
B3とキュベレイの書下ろしの絵がいい感じでした
家にあるB3は以前、地震で棚から落下した衝撃で股関節が
大破してずっとそのままですのでそろそろ修繕して
あげたいんですけど これがなかなか出来ません
◆次回作のSP2のイメージを掴む為に久しぶりに
ポケットの中の戦争第4話を見たんですけど
本当にたいした活躍もしないうちにやられてました
しかもやられるシーンもありませんでした
量産型ガンキャノンは派手にやられていたのに
扱いとしてはそれ以下ですか
◆最近模型屋さん(4店舗)のHGUCの在庫で
どこでもジムコマンドが結構売れ残ってるのに
量産型ガンキャノンはぜんぜん見付からない
あと2個は欲しいのに (T□T)なぜだー

★SP2は活躍しませんがお話的には大好きな
『ポケットの中の戦争』をあなたも見てみませんか?
機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1
SP2が出てくるのはこちらの
機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.2
次回からまたマラサイ編にもどります
それまで (^○^)/

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:41 足の裏

  • :2005.10.26
◆今日もボーリング行ってきました
4ゲーム投げてハイスコア255
アベレージ203という、ここ最近ではずば抜けて
いい成績でした 気分よく帰宅したお風呂入ってから
作業開始です
◆今回は足の裏の塗り分けから始めていきます
足裏01
↑まずは濃いグレーを塗るためにマスキングします
足裏02
濃いグレーが乾いてから今度は薄いグレーを塗るために
またマスキングします
足裏03
↑薄いグレーが乾いてからマスキングテープをはがします
細いくぼみ等はあとでエナメル塗料で塗り分けていきます
とりあえず大まかに塗装終了 ( v ̄▽ ̄)♪
◆後は前回の拳のリタッチを少々
これで残す作業は、細かな部品の取り付け、エナメルでの
細部塗り分け、墨入れ で本体はほぼ完成かと
◆足裏も塗り分けたのでまたここらでプチギャラリーを
どうぞ 最近変化が少ないので間違い探しと思ってご覧下さい
斜め俯瞰
↑斜め正面から
側面
↑側面から 画像が暗くて見にくいです
俯瞰04
↑俯瞰アングル
今回の画像の中では一番きれいに撮れたかも( = ̄+∇ ̄=)v
画像をPCへ転送してからしばらくマラサイ君を眺めていました
まだ完成前なんですが 結構感無量って気分でした (T□T)
2~3週間で完成の予定だったのにもう1ヶ月半は経ってますから
最初の画像とか見ると我ながら頑張ったかなと思います
あとはジムコマンドが載ってる雑誌を眺めたりジムコマンドの
頭部を見ながらSP2をイメージしたりして今回は終了です
模型誌も色々と買ってきたけど明日へ持ち越しです
それでは また次回まで(^○^)/
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:01 仮組

  • :2005.10.25
◆今回は一時マラサイ編を離れて
『ジム・スナイパーカスタム2を作る』
略してSP2編を開始します
と言っても今回は仮組しただけですけど (⌒-⌒)
◆以前に寒冷地用ジムを作っているのでスムーズに仮組は
終了しました 
まずはジムコマンド宇宙用の雄姿をどうぞ
sp仮組正面
↑正面から
sp仮組側面
↑側面から
sp仮組背面
↑背面から
バックパックは全て新造になるので付けてません
sp寒ジムと
↑おまけ 寒冷地用ジムとのツーショット
共通パーツが多いのにジムコマンドはスラリとした感じ
特に頭部はそんなイメージが強い気がします
◆改造点としては
必須ポイントとして
・頭部・胸部ダクト・フロントアーマー・ヒザブロック
かかと上部につくバーニア・バックパック・武器・ブチ穴
推奨ポイントとして
肩・リアアーマー・足首かな
書き出すとマラサイ君よりも少なめな気がしますが
実際作業に入るとそうでもないんだろうな
◆特に一番大事なのは頭部になると思いますので
ガンダムヘッドのSP2とジムコマンドの頭部とを
じーーーっと見比べてみました
結論 かなーりいじらないとSP2らしくは
ならないみたいですがなるべくキット部分を有効的に
使っていきたいです ・・・( ̄  ̄;)
その他の部分に関しては基本的な技術でで出来そうです
週末から本格的に作業に入って行く予定です
どうなっていくか分かりませんが
SP2編もよろしくお付き合い下さいませ





参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:40 拳&追加武装

  • :2005.10.24
◆土曜日はプチ出張の疲れで作業は全く出来ませんでした
記念すべき第40回は日曜日の作業を紹介していきます
◆まずはひざ裏の処理から
ひざ裏
↑以前に作っておいたひざ裏の隙間隠しのパーツを
サラサラ接着剤で固定していきます
この隙間隠しパーツはキチンと計って作ってあった
おかげで気持ち良いくらいにピタッとはまりました
◆続いて新造したすねのバーニア部分に市販パーツを貼ります
スネバーニア
↑左が処理後で右が処理前
ここも楽にはまりました
しかしピンセットでつまんで貼り付ける時に一つだけ
飛ばしてしまって無くしてしまいましたΣ(T▽T;)
◆気持ちを切り替えて、しばらく放置してた
ロングレンジライフルに手を付けます
複製しやすいようにパーツ分割をして
型を作っていきます
LRR13
↑砲身部分、砲基部は2つに分割、砲身と基部をつなぐアーム部分の
4つに分けてまずは、粘土埋め
LRR14
↑夜には片面の型が完成
これからもう一面部分のシリコンを流し込んで明日には型が完成
シリコンもかなり減ってきました あとバズーカを複製したいけど
足りるか微妙なところです ( ̄~ ̄;)
◆さて面倒な拳塗り分けをやっていきます
前回指先を赤で塗装しておいたのでその部分に
マスキングします
拳02
↑指先は丸くなってるのでなかなか上手くマスキングテープが
貼り付けられません とりあえず貼ったって感じでしょうか
多少の不安を感じつつ塗装していきます
拳03
↑下地黒⇒グレーと吹き重ねて恐る恐るマスキングテープを
はがして見ると心配してたよりはキチンと塗り分けが出来てました
もちろんリタッチは必要ですけど ( v ̄▽ ̄)
◆頭部パイプの方も処理が一応終わったので塗装
パイプ09
↑塗装終了 ここまでがなんだか長かったです
頭部以外のパイプ部分もついでに塗装
後は乾燥後に各部へとはめていけばパイプ部分も終了
◆各部の塗料が乾燥してるのを確認して細かなパーツを
付けてみました いつもは夜写真を撮るのですが今回は
朝撮ってみました
正面から
↑正面からです 画像は実物よりも青みが強くなってます
足は現在塗り分け作業の為外してあります
シールドは好みで駐機状態です
右側面あおり
↑右側面あおり気味で
今現在、家には撮影スペースなる場所が無い為にきれいな写真が
撮れません 作業スペースの空いた場所で写真撮っているので
これが限界なのかもしれません マラサイ君が完成したら一度撮影
ブースなるものを作ってみようかと考えております
◆そろそろマラサイ君の仕上げ作業と平行してジムの方も
作業を開始していく予定です、ただしあくまでもメインは
マラサイ君なので完成するまではキチンと作業していきます
ので地味な内容が続きますがもう少しお付き合い下さい
★余談ですが金曜日の『笑っていいとも』で倖田來未が
ゲスト出演してて、そこでこのブログでも以前に紹介した
ベストアルバムが知らないうちにミリオンを達成したらしいです
自分が気に入ってるものが世間一般にも受け入れられていると
思うとなんだかチョビっとうれしいですね (^O^)
アマゾンの音楽売上では5位になってます

あなたもミリオンを達成したこのベストアルバムを
一度聴いてみませんか?



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編39 バーニア塗り分け

  • :2005.10.23
◆えープチ出張の為一日遅れのマラサイ編ブログです
そろそろ完成に向けてのラストスパートに入ってきました
地味な内容ですがよろしくお付き合い下さい(^○^)/
◆今回はバーニアの塗り分けから始めていきます
バーニア01
↑まずはエナメル塗料でバーニアの内側を赤で塗装します
エナメル塗料は筆塗りではなくエアブラシで塗装していきます
マスキングはしていません 理由は
エナメル
↑はみ出たところはエナメルシンナーでふき取るからです
使用する道具はエナメルシンナーと化粧用綿棒です
綿棒はダイソーで買ったものです
関節や負荷の掛かるところにはエナメルシンナーを使わないほうが
良いのですが、こういった場所なら問題ないでしょう
バーニア02
↑右がふき取り前で左がふき取り後です
綿棒は汚れたらどんどん替えていきます
バーニア03
↑他のバーニアも同様にふき取っていきます
これは左がふき取り前で右がふき取り後
バーニア04
↑バックパック中央の三連バーニア
左からふき取り前、ふきとり中、ふき取り後
こんな感じで脚の二連バーニアと単発バーニアもふき取って
赤での塗り分けはひとまず終了です
次回以降エナメルのグレーや黒で塗り分けや墨入れを行います
◆シールド裏のグレー部分も塗り分けていきます 
マスキング04
↑まずはお約束のマスキング処理
シールド裏04
↑下地黒⇒グレー塗装で塗り分け完了!
◆ビームサーベルのビーム部分にも少し色を付けていきます
ビームサーベル01
↑根元と先端部を白で軽く塗装してみます
上が塗装後で下が塗装前です
ビームサーベル02
六本全て塗装して確認の為にビームサーベルと合わせてみました
何となくビーム部分が発光してる様な感じになりました
◆塗り分けが面倒な拳部分です
拳
↑まずは赤を発色させる為に白で下地を作り
その上に赤を筆で軽く塗ります
今回はここまででとりあえず終了です
次回からまた塗り分けていきます
こんな感じで今回の作業は終了です
★なかなか買いに行けなかったガンダムMK2Ver.2ですが
MK2
↑ジャーン やっと買えましたよ
よく行くお店
のガンプラセールで
3割引\2,940で購入
あと次回作の為にジム・コマンド(宇宙仕様)
を2機購入してきました
MK2の方はネット上で色んな情報が見れるようになって
きたので、今はとりあえず情報を集めだけをして作るのは
しばらくかなり先になりそうです( ̄▽ ̄;)!!

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:38 前腕塗装

  • :2005.10.21
◆今回は雑用を済ませても9時頃だったので
久しぶりにゆっくりと作業に取り掛かれます
◆なかなか塗装が出来なかった前腕を塗装していきます
ここは面倒な塗り分けがないので、いつもどおり竹串で固定
して塗っていきます サフ吹きは終わっているので
下地黒⇒Tカラー薄基本色⇒Tカラー薄ハイライトの順に
塗り進んで終了
右腕
↑右腕合体の図
左腕
↑左腕合体の図
ビームサーベル
↑ビームサーベルも同じように塗装完了!
画像にはありませんがシールドの裏も同じように塗装してます
◆今度はTカラーの濃い部分を塗装していきます
具体的に書くとシールド表面とブレードアンテナですね
シールド塗り分け
↑左が塗装が終了した表面で右が同じく裏面です
後は裏側を塗り分ければこの部分も終了です
シールド
↑シールドを合体させるとこんな感じになります
◆あとは手首の軸隠しパーツ、すねに付けるバーニア
モノアイ基部を下地の黒で塗装
細かい部品
↑黒くて見にくいですね
後はグレーで塗装して各部にはめればOKです( v ̄▽ ̄)
◆遅れていた頭部のパイプ部分も何とか処理が終わりそうです
パイプ埋め03
↑ほとんどくぼみが消えました 
◆久しぶりに作業がはかどった気がします
後、残っているのは足裏の塗り分けとバーニア内側の塗り分け
拳の塗り分け、パイプ取り付け、武器の複製、最後に墨入れ
で何とか完成じゃないでしょうか
★昨日はガンダムMK2買いに行く予定でしたが行けません
でした・・・Σ( ̄[] ̄;)! 今日こそは必ず手に入れてみます
ネットでも色んな所でキットレビューされてますから余計に
欲しくなります 作るのは当分先だけどさ
そんな感じでまだMGガンダムMK2Ver.2を手に入れてないそんな
あなたは売り切れる前にここで買ってみてはいかがでしょう
★アマゾンだと↓
1/100 マスターグレード ガンダムMk-IIver.2.0
★楽天だと↓
MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(T.J Gros Net)

MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(ホビースト)

などで扱ってるみたいです

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

◆ 次回作発表 ◆ ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

  • :2005.10.20
◆昨日もなんだか体がだるくて大好きな『トリビアの泉』すら
全部見れない程でした 
マラサイ君の方の作業内容は何も無いので今回は
ちょっと前に話が出た次回作についてです
次回作はズバリ『ジム・スナイパーカスタム2』です!!
0080ポケットの中の戦争』の劇中では
ケンプファーに一撃で破壊された可哀想なMSです
同じ劇中に登場したガンキャノン量産型
がキット化されているのにいつまでたっても
キット化のニュースが流れてきません Σ(T▽T;)
世の中しばらくはZ祭りでしょうから この先もしばらくは
キット化されないでしょうね
だったら作るしかないでしょう!
それも『スカーレット隊』として作ってみます
◆使用するキットはジム・コマンド(宇宙仕様)
をベースとして相違点を新造していきます
以前に作ったジム寒冷地仕様
も部分的に使う予定です
イメージソースとしては『BLACK REIGN』のスナイパーカスタム2を
メインイメージとして、そこにアルティメットオペレーションの
スナイパーカスタム2(めんどくさくなったので以下SP2)のイメージを
加えていきます あとガンダムヘッドのSP2の頭部も参考にして
行く予定です  あくまでも予定なので
自分のスキルによってはかなり違うものが出来る可能性も
大いにありますので その辺りは穏やかな目で見守って下さい
a.o.Ver.
↑アルティメットのSP2の前後
g.h.Ver.
↑ガンダムヘッドのSP2前後
◆昨日の時点でガンダムMK2Ver.2が発売されているらしいので
今日買ってくる予定です でもしばらくは押入れの中ですね
◆次回はマラサイ君の続きからいきたいと思います
ではそれまで ごきげんよう (=⌒ー⌒=)ノ
★あなたもSP2の勇姿?を見てみませんか?
機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1
機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.2
アニメなんだけど戦争というものの非情さが伝わってくると思います
未見の人はこの機会に是非見て下さい
★私のように気になるMSが見付かったら今度はプラモデルで
ポケットの中の戦争を体験してみませんか?
HGUCキットで見るポケットの中の戦争
MGキットで見るポケットの中の戦争

★私も今日買う予定のガンダムMK2Ver.2は
参考として アマゾンだと↓
1/100 マスターグレード ガンダムMk-IIver.2.0
楽天だと↓
MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(T.J Gros Net)

MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(ホビースト)

などで扱ってるみたいです

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:37 シールドの裏

  • :2005.10.19
◆昨日の頭痛も無事に治まり今日はまたボーリングに
行ってきました 結果は・・・でしたが ( ̄へ ̄|||)
◆帰ってきてお風呂入って作業開始です
色々と雑用を片付けて時計を見ると (; ̄ー ̄)...?
もう一時です どうりで眠いはずだよ
作業時間を一時間と決めて始めます
◆最初にマニュピレーターいわゆる拳から手を付けます
さすがにマラサイのウリにもなってるだけあって
出来はいいです
拳
↑パーティングラインを消してクリップに挟んでサフ待ち状態
ただここも試験評価機の塗り分けポイントがありまして
指先を赤く塗るんですが、これもまためんどくさそう
脳内イメージで行くと 表面処理⇒サフ吹き⇒下地白
⇒赤(指先だけ)⇒マスキング⇒下地黒⇒グレー⇒リタッチ
また頭痛くなりそうです
◆続いて頭部ブレードアンテナを
ここは新造パーツを使う予定ですがせっかくなので
通常パーツも塗装していきます
つの
↑下処理として先端のフラッグ部分を切り飛ばします
これだけです 後はサフ待ち
◆シールドの裏ですがサッパリ、スッキリとしすぎてる気がして
きたので時間が無いにもかかわらず、ちょっと手を入れてみる
シールド裏
↑マスキングテープを張って位置を決めてまずは半丸のプラ材を
貼ります
シールド裏02
↑エバグリのプラ材でこんな形のものを作ります
左が整形前で右が整形後です
シールド裏03
整形が終了した物をシールドに貼っていきます
こんな感じです 少しは密度が上がったかも?
◆こうして下準備したパーツにサフ吹きしたら2時を少し
過ぎていました この辺で今回は終了です!
最近なかなか時間が取れなくて作業の進行速度があがりません
あと少しで完成なのであまりあせらずにいきたいと
思います それではまた次回という事で (^。^)/~

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

頭痛い ☆⌒Σ(≧д≦)ゝ

  • :2005.10.18
えー今回はタイトル通りに夕方から頭痛くなってきました
風邪なのか疲労から来るものなのかは分かりませんが
早めに休む事にします ( ̄q ̄)zzz
けれど普段が2時頃に寝てるのでなかなか眠れません
なので少しだけ作業する事にしました
と言っても前回表面処理しておいた部分にサフ吹き
しただけですけど
サフ吹き11
↑前腕アーマーとシールドそれにビームサーベル
画像には写ってませんが前腕部に2回ほど軽くサフ吹きして
終了です たったのこれだけで限界でした
次回からまた頑張ります <(_ _)>
◆次回作について
そろそろマラサイ君のほうも完成までのめどが立ってきたので
次回作は何にするかを考えてみました
えーと、とりあえず連邦系で1/144サイズでキット化されていない
物、世の中Z祭りなので 逆行して『ポケ戦』あたりから
ここまで書くと多分分かると思います
そろそろ下準備に取り掛かります
◆12月発売のガンプラで『ガブスレイ』も発表になってますね
ガブスレイ
いやーガブスレイ大好きなんですよ
旧キットも発売当時買って作ったんですけど
あまりのへぼさにめまいがしましたよ
肩を大型化したり脚を延長したりと一生懸命作った記憶が
蘇ってきますよ ( ̄~ ̄;)
MK2やZのVer2は勿論楽しみで絶対買うんですけど
それ以上にガブスレイ君は楽しみです
2個買い、いや3個買いはしますね ( ̄‥ ̄)=3
ガンダムヘッド
↑ガンダムヘッドのガブスレイ君です
こんな感じにいじりたいです
そんなガブスレイ君は
★アマゾンで探すと1/144 HGUC ガブスレイ
★楽天内で探すと
1/144 HGUC ガブスレイ プラモデル(あみあみ)
1/144 HGUC ガブスレイ(ホビースト)
HGUC 1/144 機動戦士Zガンダム ガブスレイ (T.J GrosNet)
等で予約受付してるみたいです
あなたも確実に手に入れる為に予約しませんか?

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:36 細部ちまちま2

  • :2005.10.17
◎今回は通常土・日と二日分を紹介する予定ですが
土曜日の日は知らないうちに、寝ちゃいました ( ̄q ̄)zzz
よって予定より全然進みませんでした
◎日曜日はお昼から細部をちまちまといじってました
まずは手の甲のパーツから
人差し指の上に何もモールドの無いふくらみがあるので
『トリモチランチャー』のモールドを入れてみます
↓1mmのドリルで穴を空けます
手甲01
右が処理前で左が処理後です
真鋳パイプ
↑異なる径の真鋳パイプを組合わせます
これを塗装後にはめ込みます
◎通常のマラサイだとこの部分は単色ですが
試験評価機の場合は面倒な事にTカラーで塗り分けになってます
そこでノギスを使って境界線を筋彫りしていきます
手甲002
↑ノギスの目盛を2mmで固定して先の尖った部分で何度か
なぞっていきます それからケガキ針でキチンと彫ります
後は表面処理して塗装に入ります
手甲03
↑竹串に両面テープで固定していつも通りに
サフ⇒黒⇒Tカラー薄を2色塗り重ねて
手甲04
↑マスキングしてTカラー濃を2色塗り重ねていきます
手甲05
↑塗料乾燥後に真鋳パイプを埋め込みます
◎その他に細かな塗り分けがあるので各部マスキング処理して
塗装していきます
脚部塗り分け03
↑脚の外側の部分 これも試験評価機ならではの
塗り分けポイントです
脚部マスキング02
↑足の甲と足首周辺もマスキングします
脚部塗り分け02
↑塗装後の脚部です
脚部塗り分け
↑塗装後の足首周辺です
◎その他の部分も塗装していきます
丸一モールド
↑ひじに付ける丸一モールドは数が多いのでプラ板に
両面テープで固定して一度に塗ります
肩小物
↑ショルダーアーマーに付くスパイクやスパイク基部も目玉クリップに挟んで塗っていきます
◎他にシールドの取り付け部も一通り塗装しました
◎前腕部が未だ納得いかない部分があるんですけどそろそろ
完成させたいですね ( ̄~ ̄;)

◎ガンダムMK2に引き続きZガンダムもVer.2が出るんですね
家の押入れには手付かずのZが眠ってますよ ( ̄q ̄)zzz
でも最近本当にZ祭りが盛んですね
☆アマゾンだと
1/100 MG ΖガンダムVer2.0
☆楽天で探すと
MG 1/100 Zガンダムver.2.0 (T.J GrosNet)

MG Zガンダム ver.2.0 (あみあみ)

MG 1/100 Zガンダム ver.2.0 (ビージェイ)

等で予約受付してるみたいです
発売は12月30日らしいので少し遅いですけど
自分へのクリスマスプレゼントにあなたもどうでしょうか?
私はたとえ在庫が増えようとも絶対買います (`ヘ´)
それではまた次回 (^○^)/
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:35 細かい部分、色々と

  • :2005.10.15
◎今回から細部をちまちまと作りこんでいきます
まず最初にバックパックから
中央にセンサーらしき場所があります
ここに手を入れていきます
↓ダイソーで買ったアルミテープを切り出して貼り付けます
バックパック01
↓貼り付け後
センサー
このままだとあまりにも光の反射がきつくてわざとらしく見えるので
以前、モノアイ作成の時に準備しておいたクリアレッドで
塗装済みの透明プラ板を貼り付けます
センサー02
↑これで大分落ち着いた感じになりました

◎つづいて頭部バルカンに手を入れていきます
以前穴を空けておいたパーツを塗装します
バルカン基部
↑竹串に両面テープで固定して塗装します
バルカン基部02
↑真鋳パイプを切り出して瞬間接着剤で固定してきます
バルカン装着01
↑出来たバルカン部を早速取り付けてみました
斜め上から
バルカン装着02
↑横から
キラリ☆として、いいアクセントになったと思います O(≧▽≦)O
この部分は設定画だとTカラーの濃い色なんですけど
Tカラーの薄い色の方で塗ってみました
◎あとパイプ部分に使う透明チューブを下地の黒で塗りました
異なる太さで2種類
パイプ07
↑ひざ裏、バックパック接続用
パイプ08
↑ひじ裏用
◎最後に足の裏を塗り分けるためのマスキング処理
足裏マスキング
↑最低でも3色は使って塗り分けしたいです
そのまず第一弾マスキングです
これも面倒な作業なんですけど 手間かけた分だけ
満足いくものになるんで頑張りますV(○⌒∇⌒○)  
◎その他シールドや忘れていたフロントアーマーを塗装したり
して今回の作業は終わりです
週末は前腕の処理やその他、細かい部分、武器関係を
仕上げる予定です
マラサイ編は何とか40までに完結したいです
それではまた次回 (^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:34 ライン塗装 完!

  • :2005.10.14
◎今日は昼休みも無く9時頃まで仕事してたので
10時頃には無性に眠くて (ゝ_ξ)
作業やめて、もう寝ちゃおうかなと思いつつも
前回の塗装の続きが気になったので何とか
作業を開始しました

脚部ライン塗装04
↑まずはTカラーの薄い部分をマスキングします
この時点で強烈な眠気が襲ってきました
目が空けていられないくらいでしたが、なんとか
3体分6パーツマスキング終了
脚部ライン塗装05
↑Tカラー濃の基本色を塗り終えた状態
◎塗料が乾いたのを確認してから
ハイライト部分を塗装
脚部ライン塗装06
↑画像ではあまり違いが分かりませんね (・-・)?
脚部ライン塗装07
↑ハイライト部分の塗料が乾いたのを確認してから
マスキングテープを剥がします
表・裏、共にきれいに塗り分けることが出来ました
これでライン塗装の部分は全て終わりました
後は前腕部分と細かな塗り分けで塗装は完了の予定です
今回はこの辺で作業終了です また次回(^○^)/

◎もうすぐMGガンダムMk2が発売になります
その頃にはマラサイ君も何とかなってるはずなんで
とりあえず買う予定です ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
参考として アマゾンだと↓
1/100 マスターグレード ガンダムMk-IIver.2.0
楽天だと↓
MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(T.J Gros Net)

MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(ホビースト)

などで扱ってるみたいです
あなたも新しくなったガンダムMk2を手に入れませんか?
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:33 続ライン塗装

  • :2005.10.13
◎今回は前回仕方なく先送りされていた脚部のライン塗装から
作業開始です 
いつも通り、まずは下地の黒を全体に満遍なく塗装していきます
脚部ライン塗装
↑こんな感じでどんどん塗装していきます

◎下地が乾いたら次はTカラー薄の基本色を塗り重ねていきます
脚部ライン塗装02
↑基本色を塗り終えた状態

◎基本色が乾いたら次はTカラー薄のハイライト塗装です
脚部ライン塗装03
↑これでTカラーの薄い部分は完了です
集中力がもたないのでTカラー濃い部分は次回へ

◎脚部にあるスラスターも一緒に塗装しました
↓大き目のクリップに挟んで
脚部スラスター

↓サフ⇒黒⇒Tカラー薄基本色⇒Tカラーのハイライト
以上塗り重ねて終了
スラスター04

◎今回の塗装作業はこれで終了です
今回も我慢できずに合体させてみました
↓斜め正面から その1
斜め正面


↓斜め正面から その2

斜め正面02

↓背面俯瞰から
背面02

↓バストアップ
バストアップ02

◎写真を撮り終え次回の予定を考えながら
フロントアーマを見て絶句 ; ̄ロ ̄)!!
フロントアーマーの数
↑左用が4個 右用が2個 って左右の数が合って無いじゃんか
あわてて探しましたよ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ
数分後、塗料のビンの陰に隠れてた表面処理が全くしていない
右用フロントアーマーを発見!!
再度フロントアーマー
↑とえあえず表面処理だけしました
今回の教訓:作業場所はキチンと片づけしましょう
◎まだ少し時間に余裕があったので手を付けていない部分を
軽くいじりました
↓ビームサーベルの発生部分の削り込み
ビームサーベル
&パーティングライン処理
◎シールド基部のディテェールアップの
参考にシールド部分を仮組した時、今回2度目の; ̄ロ ̄)!!
↓見事真っ二つにパーツを割ってしまいました
破損
ここは接着してしまえば問題ない所ですが、気分的に
ブルー入りましたΣ(T▽T;)
これに懲りず次回から気持ちを入れ替えて頑張ります (゜~゜)q
次回もヨロシク(^○^)/

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:32 ライン塗装

  • :2005.10.12
今日はボーリングが急遽中止となったので
予定より作業時間が多く取れそうだったので
延期になっていたライン塗装の続きをしていきます

・前回は、右肩、ショルダーアーマー、胸部の
ティターンズカラー(以下Tカラー)の薄い方のハイライト塗装
までが終了してました 
ですので今回はTカラーの濃い方の基本色とハイライトの2層の
吹き付けになります  
まず塗装が終わってるTカラーの薄い部分をマスキングします
今回、エアブラシ持って作業始めたらこのマスキングを忘れていて
慌ててマスキングしました (ノ゜⊿゜)ノ
ライン塗装03
↑マスキングして塗装開始です

・Tカラーの濃い方のハイライト部分まで多少のトラブルは
経験しつつ塗装終了 乾燥するまでドキドキしながら待ちます
乾燥したのを確認してからマスキングテープを剥がしていきます
まずは一番マスキングが楽だった右肩から
肩塗装終了
↑写真はピンボケですが綺麗に塗り分けが出来ました

続いてショルダーアーマーに行きます
ショルダーアーマー塗装終了
↑これもまたいい感じに仕上がっております

どんどん進んで胸部へここは目立つポイントであり、割りとマスキング
しづらかったので上手く出来たかどうか心配でしたが
胸部塗装終了
↑余計な心配は無用でした 他の部分と同様に綺麗に
塗り分けが出来てました (*゜▽゜ノノ゛☆

・その他のTカラー濃い方の部分、頭部、バックパック、首周辺
もついでに塗装が終了してたので、プチ合体させてみました
胸部仮組み
↑ダルマ状態です
胸部塗装終了01
↑ダルマ状態その2です
・プチ合体ですがこの状態を見た時、暫く時が止まってました
・今回、脚のライン塗装も始める予定でしたが筋彫りした時の
傷を1箇所見つけてしまい それを修正する為に延期 Σ(T▽T;)
また次回から塗装再開です

・今日、久しぶりに漫画を買いました

帰ってきて速攻で読んじゃいました ガンダム好きには
たまらん内容だと思いますので買って損は無いかと
ちなみにアマゾンでは星4つ半付いてました


これも同じくガンダム好きには
たまらん内容だと思いますので一緒に買って損は無いかと
ちなみにアマゾンでは同じく星4つ半付いてました
リアルなガンダムを忘れてたまには、こういったゆるゆるな
ガンダムを読んでみるのもいいかもしれませんね (⌒-⌒)
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:31 筋彫り

  • :2005.10.11
今回は上手く時間が取れなかったので
予定していたライン塗装は次回へ繰り越す事に
その代わりに次回予定だった筋彫りをする事にしました

基本的に筋彫りは嫌いです、それに苦手です Σ(T▽T;)
元からあるのを深く掘り直す位ならいざ知らず
新規に掘り込むのは出来れば避けたい作業です

作業する場所は前腕のカバー部分なんです
現在はつるつるで何のディテールも無いんです
あまりにも寂しいので何とか頑張ってみます
よれよれの筋彫りは本当にみっともないので
集中力を高めて望みます く( ̄Д ̄)ノ

使う道具は ケガキ針とダイモテープの二つだけ
今回は四角という単純な形でいく事に
ダイモテープで枠を作りそれをパーツに貼ります
筋彫り風景
最初はその枠に沿って軽くケガキ針でなぞっていきます
何回かなぞって少しづつ溝を掘っていきます
あまり力を入れすぎず、慌てず、均等な力配分で彫っていきます

筋彫り
左が処理前で右が処理後です
こうして12箇所彫って1箇所だけ失敗しましたけど終了
相変わらずこの筋彫りってやつは集中力と体力を奪っていきます

脚部
前回作業した脚の後部も軽くプラ材貼ってサフ吹きしました
これでこの部分も、やっと塗装作業へと移れます

あと前回マスキングまで終了してた腰部アーマー達ですが
なんとか塗装しました
フロントアーマー03
フロントアーマー裏です

リアアーマー
リアアーマーの裏と表部分

サイドアーマー
サイドアーマーは以前切り出しておいたプラ板を塗装後に
接着しました アーマー部分は後リタッチ後、墨入れして終了です

その他に細かなパーツをサフ吹きや下地塗装して
今回はタイムアップです  
細部01
後脚部のライン塗装が終われば、なんとかゴールは見えてくる気が
します でもライン塗装の部分って凄まじく手間が掛かる
表面処理が終わったパーツに まずサフ吹き⇒白⇒黄色⇒マスキング
⇒黒⇒Tカラー薄の基本色⇒Tカラー薄のハイライト⇒マスキング⇒
Tカラー濃基本色⇒Tカラー濃ハイライトの順に
8層塗り重ね ; ̄ロ ̄)!! しかも厚吹きしないように気を
付けないといけないし ・・・( ̄  ̄;)
書いてみると本当に面倒だな でも手間かけた分だけ
自分の納得のいく物が出来るんだから救われるのかもしれない
そう思いつつ次回はライン塗装が出来るといいんですけど

あなたも『アドバンス・オブ・Z』の世界に触れてみませんか?

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.1)

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.2)

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.3)
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:30 ライン塗装

  • :2005.10.10
マラサイ編も遂に30回を迎えました(*゜▽゜ノノ゛☆
当初の予定回数を大幅に超えてしまいました
ポイントを絞って作業する予定だったのに
どうせならここもいじりたいとかそんな感じで
作業が増え、書いてない事で失敗してやり直ししたり
してるうちにここまできてしまいました

今回は土日の作業の紹介です
前回は各部の黄色のラインを再現する下準備まで
終わっていました

今回は黄色のライン部分を残す為にマスキングから始めます
塗り分け03
マスキングには1mm幅のマスキングテープを使いました
こんな細いマスキングテープは初めて使いました
なかなか巧い事、場所が決めれず手こずりました ( ̄~ ̄;)
とりあえず 右肩、ショルダーアーマー、胸部の三箇所を
マスキングしました

それから下地の黒を塗装していきます
塗り分け04


黒色が乾いたらその上にティターンズカラーの薄い方を
基本色として塗っていきます
塗り分け05


その色が乾いたらまたその上にティターンズカラーの薄い方に
白を加えた色をハイライト部分として塗っていきます
塗り分け06
左が基本色の状態 右がハイライトまで塗った状態

このあと既に基本色で塗ってあるパーツにハイライト部分を
塗っていきます かなりの量があったのでこの作業が
終わったら結構ヘトヘトでした ( ̄□||||

ここでまたマスキング作業に戻ります
マスキング01
足の甲の部分です ここは簡単に終了

マスキング02
フロントアーマー裏 ここも割りと簡単に終了

マスキング03
リアアーマー裏 ここはかなり面倒なポイントでした

一番大変だったのは、ひざ周辺のライン部分でした
設定画とにらめっこしながら場所を決めていくんですが
なかなかいい感じにいかず四苦八苦して何とか落ち着きました
落ち着いたと思ったら別の問題が発生!!
設定画を見ていたら試験評価マラサイにはかかと上部の
出っ張りは無いという事にこの時点で初めて気付きました
出っ張りの代わりにパネルラインがあるだけなので
テンプレート01
まずはテンプレートを両面テープで貼り付けて
ケガキ針でケガいていきます

ケガキ後
こんな感じでパネルラインが出来ました
あとは出っ張り部分を切り飛ばしてヤスリで表面処理をすれば
なんとかここは再現終了 (⌒^⌒)b

ここまででかなり気力を消耗しましたがもう少し頑張ります

頭部バルカン部
頭部脇のバルカンの部分です
ここはピンバイスで開口します 塗装後に真鋳パイプでも
埋め込む予定です
後した事はというと
・各部のパイプの溝が今一埋まってないのでもう一度
 アルテコ盛って様子見
・前腕部分のアーマーがディテールが無く寂しいので
 どうするか検討 ( ̄~ ̄;)
・足裏の塗り分けをどうするか・・・( ̄  ̄;)
こんな感じで二日間の作業は終了しました

次回はライン塗装のティターンズカラーの濃い方から作業開始
になると思います

足りなくなった市販パーツを買いに行った時
なぜか試作ガンダム一号機
ビグ・ザム
2個を衝動買いしちゃいました ( ̄へ ̄|||) 最近、在庫が増える一方です


あなたもプラモデル作りませんか?

私のよく行く模型屋さん
ホビープラザ ビックマン
ガンプラセール開催中です






参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編 途中経過

  • :2005.10.08
今日は忙しくて作業できませんでしたΣ(T▽T;)
そこで今回は、途中経過と致しまして
久しぶりに合体させた画像をご覧下さい<(_ _)>

合体01
ロングレンジを構えさせてみました
まだグリップの調整が済んでいないのですごく不安定です

合体02
アップその1

合体03
横から

合体04
正面から

合体05
バックパックなしの背面から

合体06
アップその2

何とか1ヶ月かけて、ここまで辿り着きました
週末には集中的に塗装に取り掛かり次回には今回とは
かなりイメージが違うマラサイがお見せできるかと思います

それではまた次回!! (^○^)/
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:29 足塗装

  • :2005.10.07
ここ2回ほど思うように作業時間が取れませんでした
が今回は9時頃から作業開始です

今回は塗装中心でいきます
まずは 黄色のライン部分です
マラサイ編:26 で胸部と肩は塗装済みですので
今回はショルダーアーマーとひざの部分を塗装していきます
塗り分け01
最初に白で下地を塗ります 結構大雑把でOKかと

塗り分け02
下地が乾いたらその上に『黄橙色』をこれまた大雑把に
塗り重ねていきます これで黄色のライン部分の下準備は
完了です 後は週末にマスキングして塗り分けていきます

続いて同じ黄橙色を使って脚の塗装に入ります
足塗装01
ずいぶん前に黒色で下地塗装は済んでいます
ここに黄橙色を吹き重ねていきます
2パーツ程塗り終えた段階からいきなり塗料の出が悪くなり
塗装作業を一時中断、理由は攪拌不足による塗料詰まりでした
キチンと確認したつもりだったのに ・・・( ̄  ̄;)
エアブラシをキチンと掃除してまた塗装再開

脚塗装02
こんな感じに仕上がりました
換気に注意してマスクして塗装していましたが今回は
さっきの様なトラブルもあってか軽く頭痛くなったので
塗装作業は今日はおしまいです

後はまた細かい部分の改修です
スカスカのひざ裏の処理です
今回はプラ版を貼って処理します 
ひざ裏
左がプロトラクターで右がおなじみのノギスさんです
最初にノギスで底辺と高さを採寸します
あとはプラトラクターで角度を測りプラ版を切り出します
プラ版はいつも使っているエバーグリーンの
モールド入りの物です
プロトラクターについてはNOMOKEN(野本憲一モデリング研究所)
でも紹介されていますのでそちらを参考にして下さい
偶然ですが私が使ってるのと同じ物が載ってました

前回、納得の行かなかったパイプ部分ですが
色々と考えた末、頭部とひざ裏の部分はキットのパイプの溝を
アルテコで埋める事にしました 
パイプ埋め01
パイプ勢揃いの図

パイプ埋め02
処理後のパイプ何となく虫に見えたり見えなかったり( ̄~ ̄;)

今回はここいら辺でタイムアップです
だんだんと完成が近づいてきてる気がします
次回も頑張ります v(≧∇≦)v
それではまた次回!

私が良く行く模型屋さんです
ホビープラザ ビックマン

ガンプラセール開催中です

あなたも一緒にガンプラ作りましょう v(⌒o⌒)v
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:28 パイプ処理

  • :2005.10.06
今日は夕食後、不覚にも寝てしまい 起きたら
11時過ぎでした Σ( ̄[] ̄;)!
頭をスッキリとさせてから作業開始です

今回は各所にあるパイプの処理をしていきます
素材01
これは釣りに使う軟質素材のチューブです
三種類ほど買ってきました

これを塗装して、使う長さに切り分けてみました
パイプ02
ちなみにこれは腰の部分に使います

このままだと柔らかすぎるので中にアルミ線をいれます
パイプ03
それからキットのパーツを参考に形を整えていきます

出来たものを取り付けて様子を見ます
パイプ04
正面から

パイプ05
後ろから
自分が思ってたイメージ通りに出来ました
後は微調整すればOK! ( v ̄▽ ̄)

パイプ06
頭部はとりあえずアルミ線で再現してみました
何となくしっくりときません

頭部02
ヘルメットを付けてみても今ひとつな感じ ( ̄  ̄;)
ここはもう少し考えて見ます

あまりいい考えが浮かばなかったので出来る事を
やっていきます とりあえず
前回処理が終わった脚やその他のパーツのサフ吹きをしました
サフ吹き10
 3体分の脚

サフ吹き03
武器その他

今回は仮眠を取ったのにもかかわらず眠くなってきました
時間はもう3時です そろそろ寝ます (ゝ_ξ)
また次回まで

HGUCマラサイ作ってみませんか?
プラモデル販売の電脳玩具屋ベルモ




参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:27 スラスターちまちま

  • :2005.10.05
火曜日は毎週恒例のボーリングデーで昨日も
6ゲームばっちりと投げ込んできました
スコアはいまいちでなおかつ右手親指の爪を割るという
トホホなボーリングでした (;´д`)
帰ってきてお風呂に入り さて作業開始です 
でも既に12時近くです すごく眠たいです
それでも頑張ります O(≧∇≦)O

まずは割れた爪の修繕からです 表面を軽く荒らして
アルテコを盛って完了 ま、一時的なものですけど
何もしないよりは、ましです
残ったアルテコをロングレンジに使います
これで一通り完成です 後は表面処理して複製作業へと
突入、ここまでの道のりイヤー長かったよ ε=( ̄。 ̄;
 LRR11
ロングレンジライフル ほぼ完成

LRR12
珍しく後方からのアングル なんかゆがんでるけど
きっと目の錯覚だよ

さて今回はめんどくさいとの理由から後まわしになって
いて後まわしにした事も忘れていた胸部スラスターの
処理を中心にしました
ふくらはぎの部分です ここには一段下がった丸モールドが
あります。こういった場所には何か貼らずにはいられません
それでいて、ただ貼っただけにはならないように
手を動かしていきます
まずはそのくぼみに合わせて穴をあけます
脚部カバー
分かりずらいけど左が処理前、右が処理後になります

穴あけの道具達
穴をあけるにに使った道具達です
左から ケガキ針 1mmドリル 1.5mmドリル 2.5mmドリル
今回は最終的に2.5mm の穴を開けたかったので
最初にケガキ針で位置を決めて 1⇒1.5⇒2.5と
順に大きくしていきます 最後に表面をペーパーで慣らして完了

こうして出来た穴にディテールアップパーツを裏から埋めて完成
脚部カバー


ひざのパーツです 裏側にダボがあるのでヒケが出やすいので
キチンとペーパー掛け これをx6パーツ
ひざ


スラスター01

足首周辺にあるスラスター部分 ここもプラの厚みがダイレクトに
現れるので薄く削っていきます この画像もちと分かりにくいのですが
左が処理後 右が処理前 ピンボケ画像なんで自分でも
合ってるかちょっと心配 ( ̄~ ̄;)
反対側も同様に
スラスター02
ここまできて強烈な眠気に襲われて これ以上作業続けると
また怪我する可能性大有りなので1時過ぎにて今回の作業は終了です
明日はまた塗装したいなぁ 出来るかなぁ・・・( ̄  ̄;)
ではまた次回

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:26 まだ追加武装

  • :2005.10.04
今回もまだロングレンジをいじってました
時間が掛かる割にはなかなか進まないような
アルテコ盛って削ってプラ材はめたりと
2時間ほど作業してとりあえずここまで出来ました
LRR09
ほぼ形には、なったと思いたいです

ちなみに各部を差し替えると
LRR10
一応収納形体にすることも出来る、でも強度の関係から多分
使用形体で固定すると思います
もう少しいじったら何とかこのロングレンジも完成です
今回の改修で一番手間が掛かったポイントかも

後、細かいポイントでサイドアーマーの裏側
サイドアーマー
ノギス(右)を使って採寸して
エバグリのモールド入りプラ版を切り出します
この時サシガネ(左)を使ってきちんと直角を出しておきます
3体分6枚切り出しました
後は塗装後にはめ込むだけ 試しにはめてみました
気持ち良いぐらいにフィットしてます
はずすのが惜しい位でした ( v ̄▽ ̄)
それからふと気になったすその部分のプラの厚みを
デザインナイフで削りました

工作部分はこれくらいで後、また塗装を少々
今回の塗装で一番手間取る各部の黄色のライン塗装です
白吹き
まずは黄色の発色を良くする為に白を吹き付けます

黄色乗せ
白地が乾燥したら今度は黄色を吹き付けします
後からティターンズカラーを吹き付けるので黄色は結構大雑把に
しても多分大丈夫 (⌒^⌒)b
後はマスキングして上下二色で塗り分けていきます
ただし、今回はこの辺でタイムアップ Σ( ̄[] ̄;)!
これからが良いところなのに
それでは また次回

HGUCマラサイ作ってみませんか?
プラモデル販売の電脳玩具屋ベルモ


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:25 追加武装02

  • :2005.10.03
作業に集中できる土曜日が来ました
普通より多少多目の作業時間がありましたけど
ロングレンジ中心であまり変化の無い記録になりそうなので
日曜日の分と合わせての記録です

まずはロングレンジ部分をまとめてどうぞ
バランスチェックの為仮組みしてみました
LRR05
大体設定画の雰囲気はつかめてるんじゃないでしょうか? ( ̄~ ̄;)

LRR06
バズーカとの比較 まさにロングって感じ

LRR07
アルテコ盛り
LRR08
再度仮組み
だんだんそれらしくなってきました ( v ̄▽ ̄)

リューター
リューターの先にランナーをはめます
そして回転させながらデザインナイフやヤスリで削っていきます
そして出来た物を銃身の先に付けます

リューター削りだし
銃身の先の部分、こんな感じになりました
このあと明日の作業のためにアルテコ盛りやディテール追加して
とりあえずロングレンジはここまで次回へ

他の武器も多少進んでます
型04
武器を複製する為に型を作っていきます
今回はバズーカーの製作がまだ間に合っていないので
へイズル用ライフルとEパックホルダー
MK2用ライフルとマラサイ用ライフル
マラサイ用ライフルはグリップ部分が欲しいだけです

型05
翌日型完成! P(^O^)
空気抜き等を掘り込んだら早速複製開始!!

複製08

ちょっと空気の抜けが悪くてEパックが不完全ですけど
あとバリもちょっと多いかな、でも一発目でこれなら合格点(⌒^⌒)b
 複製09
バリを取って整形したヘイズルライフルです
このあとロングレンジに組み込んでいきます
その他武器はこれ位、進みました

こうやって色々と作業してる間に表面処理やサフ吹き
下地塗装とかを地味にやってまして、ついに日曜日の
夜に塗装始めました ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
とりあえずティターンズカラーの薄い方でなおかつ
塗り分けが無い所、具体的に言うと頭部、胸部、腰部、
腰部アーマー、腿、左肩といった所です

腰部01
塗装が済んだ腰部を仮組みしてみました
いや~やっぱり塗装すると楽しい
なんか完成が近づいてるってのが実感できていい
明日からも引き続き武器&塗装で頑張っていきます
次回をお楽しみに それでは (ゝ_ξ)
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:24 追加武装

  • :2005.10.01
今日は遅めの11時頃からのスタートです
今回は追加武装のロングレンジビームライフルの作成を中心に
作業していきます。 まずは、参考資料を熟読
資料

その資料によるとロングレンジビームライフルは中心部は
ヘイズル改等のビームライフルと同じらしいので設定資料の
平面図をヘイズル改のライフルと合う大きさまで拡大コピーします
コピー
コピーした資料とへイズル改のライフとの比較
出来上がるとかなりの大きさになりそうです
完成させる事が出来るのか不安に駆られつつ
簡単な分解図を書いてみました

その分解図を参考にしながら作業開始です
作業を効率良くする為に3箇所に分けて製作していく事にします
拡大コピーした設定画に薄手のプラ版を両面テープで貼って
その線を参考にデザインナイフで切り出していきます
切り出し
3種類で各2枚づつ合計6枚切り出しました

銃身に当たる部分から組み立てていきます
切り出したプラ版で各種プラ材を挟み込んでいきます
そこにアルテコを盛り付け大まかな形にしていきます
こんな感じになりました
組み立て

ここまで順調に進んでホッとしたら強烈な眠気に襲われました
あまり無理しても良い物は作れませんから今回はここで
急遽作業終了です
次回は今回の続きからという事でお休みなさい ( ̄q ̄)zzz
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。