スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ファクトファイル 61

  • :2005.11.29
◆モデラー的視点で見るファクトファイル
その61です
61.jpg

◆メカニックファイルでは前号のEz8の宿敵である
B3グフカスタムが書き下ろしで紹介されてます
が妙に鼻の部分が長く感じられて間抜け顔です
もともとグフがそんなに好きではなかったのですが
このB3グフカスタムの『08MS小隊』での活躍ぶりを見て
その思いは180度変わりました
キットはMGとHGでリリースされてますが
このHGのキットが今のHGUCシリーズを展開するきっかけになったのは
有名な話だと思います
私はちゃんとMGとHG両方で持ってますよ
HGの方は割りとスレンダーなスタイルでまとめてあるのに対して
MGは劇中の無骨な感じで再現されてます
家のグフカスタムは地震の時に棚から落下して股関節を破損して
そのままになってますので これもいずれ治してあげたいですけど
なかなか手付かずです

その他MSは F91 カミオントレーラー(Vガンダム)の紹介です

◆キャラクターファイルはグフカスタムに合わせて
ノリスパッカードを紹介
この人の劇中で『私とて木の股から生まれた訳ではありませんので』
というような台詞が私の中では印象強く残ってるのですが 
彼は職業軍人としてエースパイロットとして戦争という状況の中で
ただ単純に破壊活動を行うのではなく
アイナや仲間の為に戻れない可能性が高い作戦に
単機で出撃していきます
そして08小隊と戦う訳ですが その戦いぶりはまさに鬼人と呼ぶに
相応しいものでしたが 最終的には...
ランバラルに通じる漢を感じさせてくれます

◆MS戦術解説では
またしてもクロスボンバンガードのMSが書き下ろしで
『エースの戦い』という項目なら他にもありそうなんですが
もう一つの書き下ろしは B3グフが登場これも名場面なんですが
陸戦型ガンダムとの絡みで書き下ろして欲しかった
20051130131306.jpg
↑ガチャガチャのB3グフと量産型ガンタンクのビネット
多少いじってます

今回はB3に始まりB3で終わるといった内容でした

★模型関連商品
HGUCシリーズのきっかけにもなった

HG グフカスタム (by T.J Grosnet)


MGグフと共通フレームをもちつつも
その重厚なスタイルを再現した

MG B3グフカスタム (by ホビースト)


★映像関連
グフカスタムが登場する10話の『震える山(前編)』を収録した

B3グフとEz8の戦いは心底しびれます
この10話だけでも見る価値あると思います

では次号 ノイエ・ジールを収録した62号まで (^○^)/



スポンサーサイト
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:04 肩 加工

  • :2005.11.29
20051128143735.jpg
◆今回も張り切ってアドバンスド・ヘイズルを作っていきます
前回は部分的なサフ吹きまで行いましたが今回はまた後ハメ加工の続きと
軽いディテールアップの部分から始めます

◆それではまずショルダーアーマ部分で
個人的に気になった部分の修正からいきます
外側のノズルは合わせ目が出ない分割になってるのに
内側にある一段へこんだ部分は中央に合わせ目がきます
ここも外側と同様な分割にして欲しかった ヽ(*`○´*)/
こういった合わせ目を消すのは結構大変なので
とりあえずくり貫いて後でプラ板を貼ることにします
20051129093921.jpg
↑左が加工前で右が加工後です
あとは接着して乾燥後にキチンと整形してから
プラ板を貼れば完了!

ショルダーアーマーを接着する前に後ハメ加工を行っていきます
肩との接続部分で画像の赤色部分を切り取ります
20051129093931.jpg
↑左が処理前で右が処理後
よく切れるデザインナイフで少しずつ処理していきます
一気に処理しようとすると失敗の元になるので慎重に慎重に
ここも腕部フレームの後ハメ同様に実際に肩の取り付け軸と
現物あわせをおこなって調整をしてください
調整が終わったらしっかりと接着します

あとは肩の取り付け軸を短く削れば ショルダーアーマーの
後ハメ加工は完了です
このあたりの加工は各部様子を見ながらおこなって下さい

◆次に作業するのはサブアームユニットです
E27、E28のパーツにはサイドに丸いモールドがあるのですが
これが抜きの関係上ハッキリしない上にまたど真ん中を
パーティグラインが通っているのでこの辺りを修正します
方法としてはこの○モールドの直径が約3mmなので
同じ大きさの穴を空けてそこに市販パーツを埋め込みます
20051129093942.jpg
左が加工前で右が加工後です
穴あけ作業は毎度の事ながら小さな径のドリルから少しずつ
大きくしていき最終的に目標の径になるようにします
今回はケガキ針でまず印を付けて 1mm⇒1.5m⇒2mm⇒3mmと
穴を広げていきました 本当は途中に2.5mmを使う予定でしたが
紛失してまして 最後の3mmはちょっときつかったです(ノ◇≦。)

20051129093951.jpg
↑ついでにモールド脇の肉抜き穴を埋めておきます
それと赤丸で示したような部分(ピンやダボなど)は逆側に
ヒケを生じさせるのでペーパーで処理しておきます

◆サブアームユニットの E29,E30のパーツは
各面にうねりがあるので面倒ですが各面をキチンと整形します
こういった作業の積み重ねが最終作品の質を上げると
思って地道に作業しました 整形終了後サフ吹きへ

◆前回アルテコを盛り付けておいたひざのパーツですが
デザインナイフとペーパーで処理してみました
20051129094005.jpg
↑多少盛り付け不足だった部分もあったのでアルテコを
再度盛り付けて 最終整形へ

◆加工処理はこの辺りで中止してまたサフ吹きへ
サフ吹きはサブアームユニットのメカ部分とその装甲部分の一部に
行い そのあとに前回サフ吹きした部分と合わせて下地の黒塗装を
行いました
20051129094017.jpg
↑どんどん増えてくるパーツ達
比例して減ってくる作業場所  Σ(=д=ノ)ノ

◆今回下地に使った黒は予告どおりガイアカラーでしたが
使ってみた感想としては 結構いいです
試しにレベリング薄め液と1:1で混ぜて使用したのですが
Mrカラーと比べて乾燥が速いような気がしました
もうすこし比率を変えて薄めても大丈夫かも?
この辺りは使う人の感覚や使用方法で変わってくるので
誰にでもお勧めできるものではないと思います、今のところ
色数や入手しにくさもあるので余計にそうですが
私はしばらくはガイアカラーを使っていく予定です

◆今回は肩の加工処理に結構時間がとられたの思うようには
作業は進みませんでしたが何とか下地塗装まで進めたパーツも
ありましたので まずまずですかね 
次回からは最初に接着しておいたパーツの放置期間が完了するので
またパーツのペーパー掛けが始まります
それと同時進行で基本塗装まで出来るといいなぁ (´▽`)

HGUC ガブスレイ
(By ホビ-スト)発売まで あと19日(11月28日現在)なんとか
アドバンスド・ヘイズル完成できそうです
ではみなさま また次回まで (^○^)/


 
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:03 基本工作の続き

  • :2005.11.28
20051128094850.jpg
◆今回は前回に引き続き、基本工作をしていきます
前回は腰の『サブアームユニット』について全くの手付かず
だったので まずその辺りから手をつけていきます

20051128094955.jpg
↑このパーツだけは接着の必要があるので
まずはしっかりと接着しておきます

20051128095033.jpg
↑これらのパーツは加工や接着の必要がないので
ゲート処理だけで終了

◆その他の白い装甲パーツに一部でパーティングライン上に
ディテールがあるのでその辺は次回には修正する予定です

◆サブアーム先端の爪は塗り分けが必要なうえかなり小さいので
紛失の恐れもあるので ある程度サブアームユニットが
出来上がってから作業に入ります

◆足首パーツはABS製なので 専用の接着剤でがっちり接着します
20051128094935.jpg


◆とりあえず今回の接着ポイントはこれだけにして
後ハメ加工を施していきます
今回は腕のフレームと前腕部の加工です
この辺りは『電撃ホビーマガジン1月号』に掲載されている内容と同じ事なので
補足を少々
20051128094945.jpg
↑左が加工前で右が加工後です
前腕部とフレームをつなぐリング部分をこのように切り取る場合は
まず刃を新品に交換したデザインナイフで少し小さめに切り取ります
それから徐々に切り取っていって仕上げます
面倒ですがこの方が、きれいに仕上がると思います
ただし新品の刃は切れ味がいいので怪我しないように注意してください
最終的に仮組みした前腕にキチンと後ハメが出来るか確認したら
ばらしてサフ吹きに入ります

◆今度は前腕の処理をします
といっても邪魔なピンとダボを切り取るだけです
20051128095005.jpg
↑左が加工前で右が加工後です
あとはがっちりと接着してしばらく放置期間に入ります

◆続いてひざ裏の隙間について
ここはプラ板で受けを作っておいてその上にアルテコを盛って
整形する事にします ただし このひざパーツも足首と同様に
ABS製なので接着には瞬間接着剤を使います
20051128095021.jpg
↑アルテコを盛り付けた状態です
乾燥後に表面処理をします

◆加工作業はこれくらいにしてサフ吹きに入ります
20051128095045.jpg
↑下地処理したパーツ達です
パーツの内訳は 腕部のフレーム、上腕パーツ、腹部パーツ2種類、
足首パーツ です 本当はもっと多くのパーツを処理した
かったんですが 場所やクリップなどの都合でこれ位が限界でした
次回以降表面の状態を見て下地塗装に入っていきます
下地塗装の黒には『ガイアカラー』を使ってみたいと
思います

◆次回はショルダーアーマーの処理、フロントアーマー、リアアーマー
の処理を中心に作業をしていく予定です
今回のアドバンスド・ヘイズル編はかなり急ピッチで作業してます
来月には期待度大の『ガブスレイ』と『MG ZガンダムVer.2』
が発売されるし『ガブスレイ』は直ぐに作りたい 今いじってる
SP2も作りたいし仕事は忙しいし もう少し自由な時間が欲しいです

個人的期待度 MAXの
HGUC ガブスレイ
(By ホビ-スト)は12月17日(土曜日)発売です 
それまでにアドバンスドヘイズルを完成させるぞ ( ̄0 ̄)/ !!

それではまた次回まで ヨロシク(^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:02 基本工作

  • :2005.11.27
20051127120319.jpg
◆さくっと作るアドバンスド・ヘイズル 今回は表面処理等の基本工作を行います

◆まずは最初に接着してしまって問題のない場所を接着していきます
20051127120337.jpg
↑とりあえずこの7パーツを接着しました
フェイス部分を除いた頭部 頭部センサーユニット ももx2
すねx2 胸部 これらのパーツはこのまま3~4日ほど
乾燥させます

◆すねパーツを接着してる時に気付いたのですが
ひざの部分の上面にかなり大きなひけがあるので
目立つ場所でもあるんでキチンと処理しておきます
20051127120355.jpg
↑左が処理前で右が処理後です

◆現状で接着する必要も無く今回改修作業もしないパーツの
表面処理をします まずは濃い色のパーツから
20051127120417.jpg
↑各パーツの表面にはヒケやうねり等がありますので
ペーパーがけをキチンとしていきます
パーツの詳細はクリックして大きな画像で確認してください<(_ _)>

◆続いて赤いパーツをチェックしていきます
20051127120428.jpg
↑赤いパーツは全部で3つ
中央のコクピット部分のパーツは 正面の中央辺りに
目立つヒケがあるのでペーパーで処理します
完成すると目立たない部分ですがこの辺りも気になるので
キチンと処理します

◆表面処理がある程度終わったので後ハメの為の
パーツ加工に移ります
まずは胸部と腹部をつなぐパーツからいきます
20051127120441.jpg
↑出っ張っている部分の一部(背中側)を残してカット!
後はカットした部分をきれいに整形しておきます
ついでに表面処理もしておきます

20051127120455.jpg
↑フェイス部分は上部の出っ張り部分を切り取れば
キチンとフェイス部分を塗り分けてからの後ハメが出来ます

20051127120405.jpg
↑肩と上腕部分は『電撃ホビーマガジン』の方法で行うと
外れる可能性があるような気がしたのに加えて、
単純に面倒だったので パーツの分割位置を画像のようにをかえて
みました もちろん強度不足になるので最終的には接着する必要は
出てきますが 何とかパネルラインとして処理できると思います

◆とりあえずここまで作業した時点で3時近くになってまして
まだ気力は残ってたんですが このまま続けると何となく失敗しそう
な予感がしたので 今回はここまでです 次回は下地処理をして
塗装できる所から 塗装していく予定です
それでは また次回まで よろしく(^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:01 仮組み

  • :2005.11.26
20051126120612.jpg
◆普段はキットを買ってもすぐに作る事はまず無いんですけど
今回の『アドバンスド・ヘイズル』は模型雑誌の作例を見たりしてるうちに
なんだか無性に作りたくなってきたので さくっと作ってみます

◆さくっと作るといっても 多少はいじりますけど (⌒-⌒)
とりあえずキットは実戦配備カラーになってるんですけど
これを稼動テスト機カラーに仕上げる予定です
ほとんど違いは無いんですけどね

◆その他手を入れる場所は『電撃ホビーマガジン11月号』と
『電撃ホビーマガジン1月号』に掲載されている内容を自分のスキルに
合わせて行っていきます

◆まずは仮組み状態の3面を
細かなパーツはまだ取り付けていません
20051126120622.jpg
↑正面から

20051126120630.jpg
↑右側面から

20051126120638.jpg
↑背面から
バックパックは未装着です

◆脚部等はHGUCながらMGクラスのボリュームを誇ります
ここにシールドやバックパック、サブアームユニット等が
装着されるので更にボリュームは増します

◆軽く改修するポイントを上げて見ると
20051126120646.jpg
↑素立ちの時に ひざ裏に隙間が出来るので
これをふさぎます

20051126120658.jpg
↑ソールの追加パーツの裏側
ここは割りと目立つ場所なのに合わせ目がど真ん中に来る上に
ディテールが乏しいです
私自身はこのパーツ自体が余り好きにはなれないんですけど
アドバンスド・ヘイズルの特徴の一つなのでしっかりと作って
いきます

20051126120708.jpg
↑リアアーマーの小型ノズル
立体感に欠けるので 一度くり貫いて市販パーツなどで作り直し

20051126120725.jpg
↑ガンダムらしくない頭部
ですが こういった形状かなり好きです (*^▽^*)
脇にあるアンテナが少々厚めなのでそのあたりを薄くすれば
問題ないかと

20051126120734.jpg
↑頭部センサーユニットをはずせは
見慣れたガンダム顔が現れます
通常のヘイズル用V字アンテナも附属するので差し替える事で
簡単に通常のガンダムヘッドにする事が出来ます

◆とにかく自分で仮組みした状態を見てもかなりいい感じです
SP2と同時進行で約2週間ほどで完成までもって行く予定です
多分ですけど (・_・;)

★このアドバンスド・ヘイズルに興味が湧いたあなたは
右の『ネットでガンプラ』の各ショップで探して見てはどうですか?
一部のショップでは既に売切れの所もあるのでお急ぎを 
ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゜〇゜)ノ

◆それでは また次回まで (^○^)/






参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

カレンダー

  • :2005.11.25
◆ガンプラ製作に励んでいたら、もう11月も下旬になって
しまいました 本当に早いもんですね
来年の準備の第一弾として いくつかカレンダーをアマゾンで
注文してみました


↑もと目覚ましテレビのお天気お姉さん
見てるだけで癒されます 
個人的に超お勧めです!!!


↑AS-MODELブログ版にきてもらってる人にはもはや説明不要
来年もガンダムと共に


↑賛否両論の最終回を迎えた SEED DESTINYもカレンダーに

アマゾンでは上記以外にも4000を超える
2006年度カレンダーを扱っているので あなたのお気に入りの物を探してみてはどうですか?


アマゾンで探す2006年度カレンダー



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:10 ア-マ-をいじってみる

  • :2005.11.25
◆前回作った肩スイング機構の残り2体分を作ろうと思ってましたが
どうにもモチベーションがあがらなかったので違う作業に
取り掛かります
今回はフロントアーマーの新造とリアアーマーの大型化です
『新造』と『大型化』呼び方は違いますが内容的には
同じ様なものです

◆まずはフロントアーマーからここは『ジムコマンド』の
フロントアーマーに増加装甲を取り付けたような感じなので
キットのフロントアーマーをベースにして作業を進めます
20051125103538.jpg
↑とりあえず裏面に薄手のプラ板を貼って基準となる部分を
つくります

20051125103550.jpg
↑今度は表側にもプラ板を貼ります

20051125103600.jpg
↑隙間にアルテコを盛り付けていきます
後は硬化してから最初の表面処理に移ります
今回はここまでで続いてリアアーマーへ

◆当初はリアアーマーはいじらない方向でいこうと思ってましたが
新造したフロントアーマーとのバランスを取るために大型化して
取り付け位置も変更していきます

◆まずはリアアーマーの切断から
20051125103612.jpg
↑エッチングソーを使って慎重に切り離します
毎度の事なんですが慎重に作業をしてると
かなり疲れます ε=( ̄。 ̄;)

◆縦方向のみに大型化するので 縦方向へ延長をします
20051125103629.jpg
↑延長する部分で切り離した状態
ここも慎重作業なので またまた疲労が (〃´o`)=3

20051125103641.jpg
↑切り離したパーツ同士を5mmの間隔をあけて薄手のプラ板で
つなぎます

20051125103652.jpg
↑そのままではもちろん段差や隙間が生じるのでここも
アルテコを盛り付けてあとは次回以降の表面処理へ

◆これで腰部のアーマー関係は大まかだけど目処がたったかな?
新造する部分として まだ ひざとふくらはぎ下部のノズル
バックパック 肩のセンターパーツ ひじと、それから大事な
スナイパーライフル、その他細かな部分がまだまだあります
めげずに頑張って作業していきます ( ̄0 ̄)/ !!
応援よろしくお願いします

★『アドバンスド・ヘイズル』発売されましたね
お店にいる間に3~4個ほど売れていきました
まずまずな人気みたいです 私もとりあえず予定通り2個ほど
入手してきました
20051125103724.jpg

電撃ホビーマガジン1月号』の作例を見てると
素組みでも十分にいけるので たまには気晴らしに
簡単なディテールアップだけで作ってみようかと思ってます


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:09 肩をスイングさせてみる

  • :2005.11.24
◆今回は肩にスイング機構を組み込んでいこうと思います
HGUCのジムコマンドの肩は1軸可動なので肩をスイングする事は
できません スナイパーライフルをかっこよく構えるには
やはり肩のスイング機構が必須だと思います

◆使う材料は 前回購入したWAVELジョイントとプラ板、ポリキャップです
20051124103047.jpg
↑まずはLジョイントを組み立ててそこにポリキャップ(HGUC等のあまったもの)を
はめます

20051124103128.jpg
↑ポリキャップからはみ出す部分は切り取ります
このあと逆の軸も肩にはめて余分な部分を切り取ります

◆次にポリキャップを保持する部分をプラ板で作ります
20051124103108.jpg
↑大きさ的には 幅2cmで高さ6mmです
その中に3mmの穴をドリルで複数空けそれをつないで溝にします
これを2個作ります あと同じ大きさで穴を開けないものを
一つ作ります

◆こうしてできたパーツを一つにしていきます
まずはLヒンジにつけたポリキャップの軸をプラ板に開けた
溝にはめ込みます それから穴を開けなかったプラ板を
下部に接着していきます 上部には強度を高めるために仮でプラ板を
ちょこっと貼ってみます
20051124103140.jpg
↑こうして、できたパーツに肩をはめてみます
これが通常時の肩のポジションです

20051124103153.jpg
↑肩関節を最大に引き出して前後にスイングしてみます

◆キチンとスイングできる事が確認できたので 
早速、胴体へ組み込んでいきます
胴体内にはスナップフィット用のダボがありますので干渉する部分は
ニッパーで切り取っていきます この辺りは現物合わせになります
あとキットの肩の軸も必要ないので周りの四角い部分ごと切り取ります
20051124110101.jpg
↑こうして実際にはめ込んでみた状態です
多少なりとも強度を高めようとした上部のプラ板は結局
邪魔になったので外しました
何か違う方法で強度を上げないとだめですがとりあえず今回は
そのまま様子を見ます

20051124103213.jpg
↑ビームサーベルを振りかざしてみる

20051124110049.jpg
↑後ろから ここまでスイングできます

◆今回の工作の最大の目的 スナイパーライフルを構える様子
20051124111632.jpg
↑まだスナイパーライフルは出来てないのでビームサーベルで
とりあえず代用してみます
割と自然な形で構えのポーズが出来てると思います (*´∇`*)
あと2機分の作業が残ってますが今回はここまでで
気力が尽きました
今回は画像を撮り忘れた部分があり文章での説明では
分かりにくいところ( ̄~ ̄;)  もあると思いますので
残り2機分の作業中に画像を撮って近いうちに再アップ
しておきます

★今日はアドバンスド・ヘイズルの発売日です
ずっと高機動型ヘイズルだと思ってましたよ
今日仕事が終わったら2個程 確保してこようと思います
アドバンスド・ヘイズルについての詳しい事は
をクリックしてあなたの目で確かめてください


ホビーストではその他にものセールを行っているのでこの機会に
ヘイズルと合わせてまとめ買いしてみたらどうでしょうか?


私はとりあえずHGUC Zガンダム
を3個ほど買ってみました

◆それではまた次回まで ヨロシク(^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ファクトファイル 60

  • :2005.11.22
◆モデラー視点で見るファクトファイル
その60です
60.jpg

◆前号がなぜかF91関連に偏っていたのに対して今回は割とバランス
よく紹介されてます

◆それではメインのメカニックファイルから
まずは表紙にもなってる ガンダムEz8から

一言で表すなら『V字アンテナの無いガンダム』ですね
08小隊の劇中でアプサラスとの激闘で大破した陸戦型ガンダムを
現地改修した機体となってますが劇中で改修しているシーンは確か無くて予備知識無しで
見た人にとっては新型ガンダムと思い違いをするんじゃないのかと
思ったりもしますが、そんな事は余計な心配ですね
ガンダムEz8と名称はなってますが形式番号が
RX-79[G]Ez-8となってることからもジム以上ガンダム未満的な
機体だったと思われます

◆その他 MSは ジムⅡとガ・ゾウム
ガ・ゾウムは割と好きな機体 いつかZZ祭りとかになったら
贅沢は言いませんHGUCでいいのでキット化して欲しいです(n´`)η

◆宇宙世紀ガイドはジャブローの紹介なんですが
その挿絵の中にアッガイが描かれています全身ではないのですが
かなりずんぐりむっくりとした体型で描かれています
アッガイのかわいさを再認識した挿絵でした  ∪´∀`)

◆MS運用理論はジャブロー攻防戦
挿絵が2点ほど書き下ろされてるんですが
すごく懐かしい、においのする絵柄でふとMSVやリアルタイプの
ガンプラを思い出しましたよ
ジャブロー攻防戦では確か左手が普通の手になってるグフが
一瞬だけでてきます お暇な人は探してみてはどうですか?

◆アザーユニバースは ウイングガンダム・ゼロ EW版
が紹介されてます
一言で言うなら『翼があるガンダム』でしょうか
劇中でのその翼の動きは機械というよりもまさしく鳥と
いっても差し支えないほど優雅なものでした
最後はボロボロになって乗り捨てられちゃうんですけど
このウイングガンダムゼロEW版に関して今も最大の謎なのが
一体どこにツインバスターライフル隠してたんだって事でしょうか
あとナタクは何の専用装備も無しで大気圏突入してるのになんで
ゼロは大気圏突入形態をとらなければ大気圏突入できないのか
いまいち納得できない といろいろありますが自分の好きなMSの
上位に入るMSです 今もたんすの上にパチ組みして飾ってあります
押入れには旧1/100のEW版
 デスサイズ、サンドロック、ゼロ、
ヘビーアムズ、MGのウイングガンダムアーリータイプが眠ってます 
20051122151648.jpg
↑眠ったままのプラモたちです
当時EWのMSで唯一作りはじめたナタクも見事未完成病に
20051122151701.jpg
↑久しぶりの対面 当時、持てるだけの知識と技術を
持って作業したんだろうけど 今見ると しょぼいです
いつかはキチンと完成させてあげたいです

★関連商品
DVDで見る『第08MS小隊』 (by Amazon)
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 Vol.01
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 Vol.02
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 Vol.03
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 Vol.04

DVDで見る 『ガンダムW エンドレスワルツ』 (by Amazon)
新機動戦記ガンダム W Endless Waltz 特別篇

★関連ガンプラ (By ホビースト)

ガンダムEz8

ウイングガンダム・ゼロEW版



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:08 続・延長作業 その他

  • :2005.11.22
◆『何とか2000over』感謝プレゼント企画実施中です
多少なりとも興味がある、あなたはここをクリック!
今週末に締め切りです (^○^)/

◆ももと腹部の延長作業で各部にプラ板を挟み込んで
しばらくたつので、そろそろその辺りの処理を始めます

◆まずは腹部から 昨日に引き続き貼り付けたプラ板の余剰部分を
がんがん切り取り 600番のペーパーで表面を慣らしていきます
20051122102142.jpg
↑3体分慣らし終えてタミヤのビンサフを筆塗りして表面状態を確認します
大方の予想通り隙間や傷があるので他のパーツとの兼ね合いを見ながら
表面処理を続けていきます

◆続いてももの処理もがんがんやっていきます
腹部と同様にプラ板の余剰部分を切り飛ばして
金属やすりで大まかに削りだします
それから600番のペーパーで表面処理をしていきます
20051122102219.jpg
↑左 余剰部分を切り取った状態 右ペーパー処理が終わった状態
この処理を6パーツ分無心で行いました 
ペーパーはタミヤのものを使ってるんですがこの作業で2/3枚くらい消費してしまいました
これって使いすぎなんでしょうか?
あとこの処理の途中で何度寝そうになった Σ(´ρ`;)
最近寒くなってきたので コタツで作業することが増えたんですが
その影響もかなりありますね
このまま寝てしまえばかなり気持ちいいだろうけど(*´д`*)
もう少し気力を振り絞って作業続けます

◆前回アルテコの盛り付けまで終わっていた肩のパーツを
処理していきます
これも600番のペーパーで『明確な意図を持ってエッジを出す』
を頭に置きながら作業していきます
20051122102207.jpg
↑処理が終わった肩の表と裏です
多少アルテコ不足なところがあるので 次回そこら辺りをキチンと
処理していきます

◆もう少しだけ頑張ります
前回で予告しておいたフロントアーマーですが
修正第一弾として、まずはスカスカの裏にプラ板をはめました
20051122102233.jpg
↑左が処理後で 右が処理前です
これを左右行って今回は作業終了です
本当はフロントアーマーの延長作業までもって行きたかったのですが
限界でしたよ ヽ(;´Д`)ノ
この後またプチ合体してみたんですが
まだ部分的にしか作業が終了してないせいか
微妙に胴長でした
上半身だけのときはあまり感じなかったのになぁ
引き続き 作業続けていきます
それでは また次回まで (^○^)/





参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:07 肩新造!

  • :2005.11.21
◆久しぶりにゆったりとできた土日でした (σ´ー`)σ
最初はひざ部分の新造をメインにと考えてましたけど
肩の新造をすることに急遽変更しました
別に深い意味は無いんですけど

◆肩の大型化は、ただジムコマンドの肩を大型化しただけでは
面白くないんで かといって他のHGUCとも統一感が(量産型ガン
キャノンとジムコマンドコロニー仕様と組み合わせるので)欲しか
ったので形的にはカトキガンダムでディテール的にはHGUC準拠で
行くことにします 

◆参考にするのは未完成病にかかってるカトキガンダムの肩です
20051121102605.jpg
↑未完成病にかかってかなりたってますが
こんな所で役に立ちました 

◆スケール的にはMGなので1/100 新造したいパーツはHGUC用なので
1/144 比率的には 1:0.7になるので 各辺をノギスで採寸して
そのサイズを0.7倍していきます 角度はプロトラクターで測って
いきます
20051121103310.jpg
↑上、採寸に使ったノギスで下が角度を測ったプロトラクター
です 中央が 測った数値を基にして作った厚紙製の型紙です

◆こうして作った型紙を使ってプラ板を切り出していきます
20051121104155.jpg
↑左が型紙で右が切り出したプラ版です
プラ版はエバーグリーンのモールド入りのものです

◆この切り出したプラ板を基にしてさらに薄でのプラ板を4枚切り
出していきます
20051121104214.jpg
↑左の二つが元になったエバーグリーンのプラ材で
右の四つが新たに作ったプラ材です 現状では同じ形ですが
ここから加工して二種類の形へと変化していきます
表面に書いてある矢印は向きを間違えないためのものです

◆一つ目の加工は内側をくり貫きエバーグリーンのプラ材のモールド
が有るほうに接着します、これが肩アーマーの内側になります
20051121104246.jpg
↑左上が内側をくり貫いたプラ材で左下がエバグリプラ材
それを接着したのが 右のものです これを二組行います
便宜上このパーツを仮にAパーツとします

◆二つ目の加工は外側を切り取ります
20051121104306.jpg
↑左が処理前で右が処理後です
これも二組行います
このパーツは仮にBパーツとします

◆AパーツとBパーツの間に1mmのプラ材を2枚挟みこんで
接着します
20051121104325.jpg
↑これで平面だった物が立体的になり何となく肩アーマーの形に
なってきました

◆さらに作業を進めます
アルテコでどんどん隙間を埋めていきます
20051121104343.jpg
↑あとはアルテコが完全に硬化したら表面処理して
それから軽くディテールアップして複製作業の方へ

◆以前に延長工作をしておいた腹部の作業も少し手を付けていきます
とりあえず大まかに余分なところを切り出して整形します
20051121104417.jpg
↑左が整形前で右が整形後
バランスを見るために プチ合体!
20051121104436.jpg
↑下半身がないのでいまいちピンとこないですけど、まずまずですかね 

◆次回からは後回しになった脚部と フロントアーマーのどちらかの
作業を行う予定です 今回久しぶりに触ったMGは何だか妙にでかく
感じました逆に最近ではHGUCサイズが普通に感じらるように
なってきました 人間の感覚ってあいまいですね

◆夕方から買い物ついでに久しぶりに模型屋さんによって
WAVELジョイントを初めて買いました
20051121135246.jpg

今まではプラ材とポリキャップでジョイントは作っていたのですが
今回のジムの肩にスイング機構をつけるのにはこれが適切かと!
その辺りも近いうちに紹介していきます

◆模型屋さんで仲良く買い物をしている親子を見かけました
見てたのはガンプラではなくて飛行機関連でF-15とか見ながら
『これかっこいいねぇ』『今日作るの?』『今日は出来ないよ』
等と楽しそうに話してる姿は とても、ほほえましい光景でした
そんな親子を見ながら買ったキットは 1/72 アメリカ空軍ミサイル
セットx2種類でした いいのか?( ̄~ ̄;)


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:06 もも ぶった切り

  • :2005.11.19
◆やっとの事で作業の流れ始めたSP編です
今回は腿の延長作業です 他のガンプラにも応用できるんで
読んでみても損はしない内容です 多分 (⌒^⌒)b
では作業開始です

◆まずは切断する場所を決めます
今回のもものパーツは複雑なディテールがある訳でもなく
形も単純なので裏側にスナップフィットの軸が無い所を選びました
切る場所の目安としてマスキングテープを貼り付けます
あと切断した後、他のパーツとの区別を付ける為に
油性ペンで記号を付けておきます
20051118173642.jpg
↑左が切断場所の目安としてマスキングテープを貼り付けた状態
右がマスキングテープに沿って切断した後です
道具としてはエッチングソーを使います
ただいきなり使うのではなくてその前にケガキ針で何度か切る場所を
ケガいておくとエッチングソーが滑りにくいと思います

20051118173654.jpg
↑えーかなりの時間を費やして3体分の腿の切断が終了しました ε=( ̄。 ̄;)
この作業でかなりエネルギーを消耗しましたが もう少し
頑張ります ( ̄0 ̄)/ !!

20051118173712.jpg
↑今回は2mm延長するので 1mmプラ板を2枚しっかりと接着しました
あとは腹部と同様にしばらく放置してしっかりと乾燥させます
この乾燥時間をしっかりととらずに作業をすると後で継ぎ目が
浮き出てくる事になるので最低でも3日はこのままです

◆接着剤つながりでエバーグリーンのコの字型のプラ材を
貼り付けて接着しておきます
20051118173631.jpg
↑何か分かりますか?( ̄~ ̄;)
乾燥後に整形して頭部のダクト部分に使います
頭部自身は複製するんですけど こういった場所はプラ材で
作った方が見栄えがいいと思います

◆最後に次の作業候補として
ひざ部分の新造が第一候補なので また油粘土で盛り付けて
様子を見ます
20051118173724.jpg
↑こんな感じかなぁ? ヘイズルよりは多少小さ目位でいいぐらいかな
他にも頭部を微妙に弄ったりしながら今回はタイムアップです

★今日は漫画を3冊ほど購入してきました
その内の一冊がです
tt14.jpg

天上天下 14 (14)
本当は先月発売だったのに でも待った甲斐がある内容でした
未読のあなたは是非天上天下1~13までと合わせて是非、読破してみて下さい!
同じ作者のエア・ギアも同じ様にお勧めですヾ(@⌒▽⌒@)ノ

◆週末に向けてさらにSP2編は進んできます 
同時にマラサイ編も完成に向けてラストスパートに
入りますので 両方ともよろしくお願いします (^○^)/

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

2000over プレゼント

  • :2005.11.18
2000hit.jpg

◆このブログに設置しているカウンターが何とか2000を超えました
言葉では言い表せない程うれしいです\(^▽^)/
もちろん1000を超えた時も同等か、いやそれ以上の
喜びがあったのですが その時はまだブログの構成をを考えたり
マラサイの作業が忙しかったりして 何の感謝も表せないまま
過ぎてしまいました その代わりに今回は何か感謝企画でも
出来ないものかと考えた結果
マラサイ編で実際に使った 『レジンパーツ』をプレゼントします
 
★詳細です
内容的には リアアーマー、フロントアーマ、胸部ブロック、あと
股間ブロック(ポリキャップ無し)の以上の4点セットを考えてます
文章だと分かりにくいと思うので
正面02
↑胸部とフロントアーマーの白い部分がレジンパーツです

背面01
↑レジン製リアアーマを装着した状態

20051118103208.jpg
↑股間ブロック プレゼント用はポリキャップが
内蔵されてないものになります

20051118103404.jpg
↑胸部ブロック
キットに取り付けるにはキットの胸部ブロックを切断する必要が
あります マラサイ編:12を見て参考にしてください
20051118104203.jpg
↑リアアーマー
これはキットのパーツと交換するだけです

20051118104342.jpg
↑フロントアーマー
プレゼント用には股間ブロックとの接続用に軸が付いてるんですが
あくまで目安用なので軸を作り直すか腰の部分とスプリング接続に
替えた方がいいと思います 

以上簡単説明でした
もっと詳しく知りたい場合は マラサイ編 13、14、20
21 辺りを見てもらえればいいと思います

数としては『3セット分』少ないかもしれませんが そんなに欲しがられる
ものでもないような気がするんで 妥当な数かと思います

あと取り付けるには多少なりとも加工する必要があります
分からなければ質問してください 出来る限りは対応します
あと大事な事としてHGUCマラサイを持ってないもしくは買う予定が
無い人には役に立ちません
試験評価機のマラサイとしてでは無くて通常のマラサイに
使ってもらっても何も不具合は無いと思います
むしろその方が楽でいいと思います
 
『応募方法』としては このブログの左側にあるメールフォーム
を使って 件名をプレゼントにして あと本文に感想でも要望でも
何か書いて送信してください

締め切りを来週の土曜日 11月26日として
応募多数の場合は ごめんなさい 抽選とさせてもらいます
送料とかもいりません 『完全無料』のプレゼントです
このパーツを組み込んで実際にマラサイを作ってもらえると
非常にうれしいです 

それでは また次回まで (^○^)/


 
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:05 頭部よさらば

  • :2005.11.17
◆なかなか作業が進行してなかったSP2編ですが
今回でやっと頭部の最初の壁がクリアできた感じです
それではどんな感じでクリアできたのか、いつものように
ご覧下さい ( v ̄▽ ̄)

◆前回までで大まかな頭部のバランスは取れたので
今回からバイザー部分を作っていきます
20051117102149.jpg
↑バイザー部分はガンダムヘッドのSP2の部分を参考に
していきます 左下のがガンダムヘッドのSP2からはずしたバイザー
部分です とりあえずプラ板で大まかに形を切り出してみます

◆切り出したままだと、ただ単に四角いだけなので少しだけ
傾斜を付ける事にします
20051117103858.jpg
↑見にくいですが端のところに1mm幅のマスキングテープを
貼り付けて先端部分(赤矢印部分)から
(青矢印部分)の目印を参考にしてニッパーで切り取ります
これを左右おこなって同じ傾斜を付けます

◆このバイザー部分には細いスリット上のモールドが
存在してるんですけど、この部分の作り方をどうするかしばらく
考えてみました その存在をなかった事にするのが一番楽なんだろう
けど、それではいかにも手抜きなんで
① 極細ノミで彫り込む
② 細かく切ったプラ板を隙間を空けて貼り付ける
③ 細切りプラ材を並べて不必要な部分を埋める
と3パターンほど考えて 手持ちの道具やマテリアルを確認しつつ
そこに自分のスキルを考慮して ③のパターンでいく事に
20051117102217.jpg
↑まずは第一段階としてエバーグリーンの細切りプラ材を
4本貼り付けた状態 左が処理前で右が処理後

20051117102233.jpg
↑その上にキットから切り出しておいた頭部カメラ部分を接着
してその上にアルテコを盛って形状変更をします
次回からこの部分の形状をキチット出していきます

◆なかなか文章にすると分かりづらいですがこれで大まかですが
頭部のパーツは出来たかな あとは精度を上げて複製処理へと
進んでいく予定です
20051117102258.jpg
↑分割して処理してた頭部とあごも接着して隙間を
埋めました 
これで最初の壁だった頭部の方も一息つけたので
そのほかの部分へと作業を移していきます

◆腹部と腿を延長していきます
方法としてはオーソドックスなプラ板を挟む方法で
腹部は2mm延長するので1mmプラ板を2枚貼り付けます
20051117102321.jpg
↑とりあえず大まかに貼り付けてみます
左が処理前で右が処理後です
このまま3日ほど放置してから次の作業に移ります

◆腿の方はまだ接着すらしていなかったのでとりあえず
普通に接着のみ行いました
20051117102309.jpg
↑今回も3体分製作するので 6個の腿パーツを接着

◆今回のSP2の作業はこれくらいで終了です
やっと作業が流れ始めたって感じですね ε=( ̄。 ̄;)
今回は他にもマラサイ君の武器各種を複製したり
バズーカのグリップ部分を作ったりして結構な作業量でした
その辺りはまたマラサイ編の方で紹介していきます
でもやっぱり1/144のキットは小さいですね
SP2の後には量産型ガンキャノンも控えてるし
来週にはヘイズル高機動型も家の在庫に仲間入りする予定だし
しばらくはHGUC続きです

★家の在庫にも仲間入りするヘイズル高機動型とは?
アドバンスオブゼータに登場するMSで詳しい事は
をクリックしてあなたの目で確かめてください


ホビーストではその他にものセールを行っているのでこの機会に
ヘイズルと合わせてまとめ買いしてみたらどうでしょうか?



◆それではまた次回まで ヨロシク(^○^)/
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ファクトファイル:59

  • :2005.11.15
◆モデラー的視点で見るファクトファイル
今回は59号の気になった部分のレビューです
59.jpg
◆表紙は一瞬なんだか分からないようなラフれシアです
機動戦士ガンダム F91に登場するMAなんですが表紙に
持ってくるほどの人気があるのかがちと疑問ですけど
◆メカニカルファイルとしては上記のラフレシアに加え
ジェガンA・Bタイプ ジェガン自体は機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
登場するMSですがこのA・Bタイプは機動戦士ガンダム F91
登場するジェガンのマイナーチェンジ版なんです 
武装がちょっと違うだけだと思ってたら結構細かいところが違ってました

◆キャラクターも機動戦士ガンダム F91から鉄仮面と脇役の人々が

◆宇宙世紀ガイドも機動戦士ガンダム F91からフロンティアサイドの紹介

◆歴史フォーカスも機動戦士ガンダム F91からフロンティアサイド襲撃

◆MS運用理論も機動戦士ガンダム F91からコスモ・バビロニア建国戦争が

◆軽く羅列しただけで5項目で6件も機動戦士ガンダム F91関係の記事が占めるという
内容です。機動戦士ガンダム F91はわざわざ映画館まで足を運んで見た映画で一般の
評価は今一だったらしいですが自分的には結構好きでした 
DVDも持ってますし今でもたまに暇な時に見なおしてます
ただ登場MSが小型化された影響で発売されたプラモデルが小さい、その辺りが
ネックになってプラモデルはひとつも買いませんでしたね
(これはVガンダムにも言えるのですが)
ただ1/60のF91は欲しかったのですが 値段が高くて
買わなかったいや買えなかった記憶が...

◆59号の見所としては
MS運用理論の項目の挿絵に描かれたF91ですかね
曲面主体でデザインされたF91ですが 
この挿絵では胸部や肩部が直線的に描いていて
このアレンジは自分的にはかなり、かっこいいかも
ベースとなるF91のキットが新規で出ればこの挿絵のように
弄ってみたいけど 大きさの問題からも多分出ないでしょうね

◆次号は表紙がEz8でその他の内容も割と面白そうです

★今回のレビュー関連商品
内部フレーム組み立て済の異色のガンプラ

いつかは挑戦したいアイテムです


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:04 頭部弄くり

  • :2005.11.14
◆しばらくガンプラレポートから離れてましたがその間も
水面下でちまちまとガンプラいじってました
ある程度変化が出てきたのでそろそろレポート再開です
◆何をいじってたのかと言うとSP2の頭部なんですけど
非常にバランスが取り難くてこの辺まだまだスキル不足を
実感しますが、とにかく手を動かして形にしていきます
◆顔以外の部分は割とスムーズに進んだけどどうも顔が
決まらないので 粘土で作ってみる事に
20051114101936.jpg
↑斜めから

20051114101950.jpg
↑正面から
何度か作り直ししてみて この位のバランスでいく事に決定!

◆このバランスを踏まえつつ以前作っておいたミリプットの土台に
アルテコで大まかな形を作っていきます
20051114102002.jpg
↑一通り盛り付けた直後です
◆アルテコが乾燥したのを確認後、ペーパーでエッジを出しながら
様子を見ていきます
20051114102015.jpg
↑耳のダミーパーツを付けてバランス確認
大体合格点だってので今度はほほの部分に付くダクト部分を
削り込むことにします
20051114102026.jpg
↑左右シンメトリーを気にしながらダクト部分を
掘り込んだ状態です
20051114102036.jpg
↑ダクト部分を掘り込んだ状態 正面から
これで 何となくジム顔になったと思います

◆ここまで作業を進めてバランス的にも問題ないと判断して
この頭部で仕上げの方向に向かいます
この頭部の芯にはミリプットが使ってあるんですが
少量で混ぜたのが原因なのか硬化不良の部分があったので
その部分をえぐってアルテコで盛りなおします
20051114102109.jpg
↑またこんな状態に
その他エッジが欠けてたりする所にもアルテコを盛っていきます
画像には無いですけど顔の部分も同様にアルテコが盛ってあります

◆この頭部は基本的にキットを芯にしてるので大きさ的にはキット
状態と変わらないはずですが最終的にバイザーが付きますし
頭頂のデザインも違うので自然と大きく見えてきます
つまり全体で見ると頭でっかちに見える訳です
それを回避する為に 各部を大型化していきます
大型化する場所として現段階では肩、腹部、腿ですかね
その辺りを弄ってみてからまたバランスを見て次のステップ
へと、そんな事の繰り返しでしょうか (・_・;)

◆この頭部の土台部分にはミリプットが使用してあるんですが
アルテコを使う前に理由は不明だけどなぜかポリパテを盛って
みたんですが、ポリパテが半硬化したところでデザインナイフで
形を整えてたらポロット取れちゃいました Σ(T□T)
この組合わせは初めてだったんですが 
当たり前のことなんでしょうか?

◆その時にあまったポリパテはとりあえず
シールド裏の気になる隙間を埋めるのに使いました
シールド
↑何とか無駄にならずに済んでよかった よかった

◆乾燥待ちの時間を使って残り2体のマラサイ君を
組み立て始めました
20051114110831.jpg
↑とりあえずここまでで終了

20051114110845.jpg
↑完成はしてないけどとりあえず始めての3体勢揃い

◆顔を作るのって難しいですね ジムでこんな感じなので
ガンダム顔なんて本当に難しいだろうと改めて思い知りました
でも、いつかは自分だけのガンダム顔ってのも作ってみたいです
それでは また次回まで ヨロシク(^○^)/

★今回の頭部みたいに無いものを自分の手で作るのは
すごく大変です 簡単・お手軽なガンプラ製作とは
真逆の事をしてると自分でも思います 時間やコストも
掛かりますし思い通りに行かない事もあったりします
(今回のSP2編の頭部もそんな感じですレポートとしては
一回分ですが日数的には4~5日掛かってます)
何よりどうすればいいのかさえ分からない事(技術的な事や
使用マテリアルの特性や種類)も未だに多々あります
でもその壁を越えて世界に一つだけの自分のガンプラが
出来上がった時のうれしさは模型を趣味としてる人間にとって
最高のものではないのでしょうか?
その手助けをしてくれるのがこのブログの左側でも紹介してる
この本です
GUNDAM SCRATCHBUILD MANUAL
このブログ自身もスクラッチって大変だけど楽しいって事を
一人でも多くの人に分かってもらうのが一つの目的でもあります
この文章を読んでみて共感するものがあったら是非この本を
手に入れる事をお勧めします
ちなみに私もこの本は持ってるのですが色んな所に持っていって
読んでいたので知らないうちに無くしてしまいました Σ( ̄[] ̄;)!
今は電撃ホビーのバックナンバーで必要な部分を探すという
非効率な事をしてるのでそろそろまた購入しようかと思ってます
ちょっと熱くなってしまいましたが それでは また(^○^)/


 

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ガンプラ製作の役に立つのかも 航空祭その4

  • :2005.11.12
◆『ガンプラ製作の役に立ってほしい 航空祭リポート』も
早くも その4となりましたが 今回で最終回です
では どうぞ
この航空祭のメインイベントの異機種大編隊ですが
プログラムだと1時半から開始なんですが 雨がひどくて
行われるか微妙な感じ この時点で12時前
靴はもう ぐちゅぐちゅでズボンのすそも雨を吸い込んで
重たくなってるし 座る場所もないし 帰ろうかなぁ
と思いつつも、せっかくだからとなんとか1時間半の時間を
つぶしました この時間つぶしの間が一番きつかったかも
結局異機種大編隊は大幅に変更されちゃいましたが
それでも楽しかったです

◆まずはF15が離陸していきます
0601.jpg
↑轟音を響かせ急上昇していくF15
0602.jpg


0603.jpg
↑ ↑↑縦横無尽に大空を飛び回るF15の雄姿

0604.jpg
↑着陸する瞬間

0605.jpg
↑離陸するF4
どうもあまり好きになれないF4の写真はこれだけです

0606.jpg
↑トリを飾るのはF2支援戦闘機

0607.jpg


0608.jpg
↑ ↑↑縦横無尽に飛び回るF2
小型の機体なので動きは軽やかです

0609.jpg
↑着陸したF2
視界の悪い中での飛行展示ご苦労様でした

内容的にはお昼頃に行われた機動飛行と同じような感じでしたが
機動飛行があまり見れなかったのでちょうど良かったかも

★戦闘機についてをもっと詳しく知りたいあなたは
こんな本が出てます 入手しやすいアマゾンで買ってみてはどうでしょう




◆最後に紹介するのはC1戦術輸送機です


Read more...

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ガンプラ製作の役に立つかも 航空祭その3

  • :2005.11.10
◆とうとう『ガンプラの製作に役立つかもしれない
航空祭リポート』その3です
さぁどんどんいきます

◆航空祭ですが車両も見所が一杯なので軽く紹介していきます
0405.jpg
↑レーダを装備した車両
『08小隊』のホバートラックとイメージがかぶります

0404.jpg
↑レーダー部分のアップ

0406.jpg
↑ペトリオットミサイル
これも『08小隊』の陸戦型ジムが装備してた
ミサイルランチャーとイメージがかぶりまくり

0407.jpg
↑ペトリオットミサイル別角度から

0408.jpg
↑これは何だと思いますか? 巨大なスピーカー? いいえ違います
これもレーダーです 偵察型のMSを作る機械があったら
レドーム装備だけではなくて こういったレーダーを
装備してるのもありかも

0409.jpg
↑レーダーシステムとペトリオットミサイルの2ショット

◆このあたりで車両関係はおしまい
つぎはF/A18を少々


Read more...

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ガンプラの役に立つかもしれない 航空祭その2

  • :2005.11.10
◆『ガンプラの役に立つかもしれない航空祭リポート』
その2です その1は多少なりともガンプラ製作の役に
立ったのでしょうか? ( ̄~ ̄;)
その辺は疑問ですが早速その2をはじめま-す

◆武器関連の展示から
12
↑2種類のミサイルです
奥側のはかなり派手な塗装が施されてます(゜~゜)

13
↑機銃の弾丸です
比較対象になるものがないので分かりにくいと思いますが
結構でかいです 

14
↑F2の吸気口です
エンジンが外されてるので後ろのビニールシートが見えます
ここはユニット化されていてエンジンの交換・点検が容易に
出来るようになってます
ガンダムMK2(PG)のふくらはぎのエンジン部分にも同じような
機構があったはずです

k01
↑外されてるエンジンの噴射口

k02
↑エンジン側面の前方部

k03
↑エンジン側面の後方部

k04
↑エンジン前面のファンブレード
ゲルググやリックドムのスカート内部のノズルの
ディテールアップの参考になりませんか?

★F2をもっと詳しく知りたいあなたは
こんな本が出てます 入手しやすいアマゾンで買ってみてはどうでしょう



画像も増えてきたんでそろそろつづきを読むへ


Read more...

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ガンプラにも役立つかもしれない 航空祭その1

  • :2005.11.09
◆予告どおり今回は『ガンプラにも役に立つかもしれない
航空祭リポート』をお届けします
予想以上に画像が多くなったので 分割してお届けします
それではスタートです
次回予告 航空祭


◆まずはオープニングフライトから
03
↑結局、雨が降ったせいで唯一の
異機種編隊飛行でした

02.jpg
↑オープニングニングフライトを終えて着陸した
別塗装VerのF2

◆オープニングフライトが終わったので
地上展示機を見学に
031
↑早期警戒機のE-2C
駐機状態で翼をたたんだ状態で展示されてました

01
↑むき出しになった翼の結合部分

04
↑翼の注意書き
ガンプラのデカール貼りの参考になりませんか?

◆その隣には 2種類のF/A-18が展示
k07
↑複座型のF/A-18D

おすすめの本です
世界にはどんな戦闘機があるのか良く分かります

画像が多いのでこの先は
続きへ

Read more...

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:46 シールドのポリキャップ

  • :2005.11.09
◆先週お休みだったボーリングも今週はちゃんと行ってきました
オープントーナメントに久しぶりにチャレンジしましたが
3ゲームトータルで446点アベレージ148点としょぼい結果に
でもしょぼくても何か賞品がもらえるかもしれないので
それを楽しみとして今日はよしという事で (⌒-⌒)

◆今日、航空祭の写真が出来上がってきました
チェックしてたらフィルム1本現像に出し忘れてるのに気付いて
慌ててお店に行ってきました ( ̄Д ̄;;
悪天候の中で撮影した割にはなかなか綺麗に撮れてました
今日はボーリング写真チェックと時間があまり取れませんでしたが
マラサイ君の方も完成に向けてちょっと頑張りました (/>_<)/

◆今回の作業内容はわずか2箇所だけですが説明していきます
まずは、通常のマラサイにも言える事ですが肩のシールドの
ポリキャップが完成後にも見えてしまいます
気にしなければ、いいのかもしれないけど気になるので
なんとか隠す方向に作業していきます
雑誌やネットの作例だとここに市販パーツを貼り付けるのが
一般的になってますが 何となく人と違う方向でいきたかったので
隠すのではなくて 見栄え良くして見てもらうという逆転発想で
作業することに
具体的に見えるポリキャップに筋彫りをする
大げさに言いながらこれだけです 
シールド用ポリキャップ
↑ちょっと画像が暗くて分かりにくいですが
左が修繕前で右が修繕後です
使う道具は右端に映ってる彫刻等の角刀です

ポリ装着
↑早速シールドにはめてみました
こんな感じなら大丈夫じゃないですかね

◆続いて2箇所目の作業です
以前に作っておいた胸部センサー用の部品を切り出して実際に
胸部にはめていきます はめる場所は縦が3mm位で横が1mmもない
ごくわずかな隙間なのでその大きさに切り出すだけで何度失敗
したことか しかもキチンと切り出したが出来た貴重なパーツが
3回程どこかへ飛んでいくし 。゜゜(>ヘ<)゜ ゜
かなり精神力を使いましたよ
こんな時にスタープラチナが使えたらどんなに作業が楽になったか
などとくだらない事を考えつつ 作業終了
胸部センサー装着
↑胸部センサー部分何とか終了
疲れたーー ε=( ̄。 ̄;)
次回からは墨入れに入る予定です
あっ、武器も作業しなくちゃ (;゜ロ゜)
完成まで後わずか 気力を振り絞って作業していきます
それでは また次回マラサイ編まで ヨロシク(^○^)/

◆予告 今日残りの航空祭の写真が出来上がってくるので
それを使って 『ガンプラにも役に立つ航空祭リポート』
としてまとめてみようと思います
次回予告 航空祭
↑航空祭のパンプレット
こちらの方も 他の製作記録編共々ヨロシク(^○^)/

★軍用機に興味がわいたら
こんな本はいかがでしょうか?
 
これであなたも軍用機の虜になったりして(笑)
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ファクトファイル:58  

  • :2005.11.08
◆創刊号から買ってる『ガンダム・ファクトファイル』ですが
結構 模型の参考になる挿絵があるんですがだんだんと冊数が
増えてくるとどの号に何の参考になる絵があったのか分からなく
なってくるので 今号のガブスレイから自分に為にも
ブログにしておきます
今回紹介するのは58号です
58
↑表紙はお気に入りMSのガブスレイ
見所としてメカニカルファイルの『ガブスレイ』これは
もちろん12月発売のHGUC ガブスレイの参考になります
◆MS運用理論の『ミノフスキー粒子とMS』の挿絵のサザビーとνガンダム
◆宇宙世紀ガイドの『コロニー透視図』の挿絵のガンダムMK2
微妙に各部のバランスが違ってますこれは発売中の
ガンダムMK2の参考になるかも
◆キャラクターでは
マウアーさんが結構好きなんでよかったかな
マウアーさんは機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-にも1カットだけ登場しています 
お暇な人は探してみては

◆SP2はまだ頭部をいじってます なかなか納得いく形に
なりませーん バイザーを外した状態のバランスが難しいです
参考にガンダムヘッドのSP2からバイザーを外してみました
GH SP2
↑非常にかっこ悪いです バイザーを外した状態はかっこ悪いのが
当たり前なんでしょうか? 先にバイザーを作った方が
いいのでしょうかね

◆次回はガンプラの役に立つ航空祭リポートの予定です
それではまた次回まで 
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:45 ひじとひざのパイプ

  • :2005.11.07
◆航空祭でかなーり歩いたので今日の作業は軽めです
今回はひじとひざの裏にあるパイプ部分の作業です
◆まずはひざ裏のパイプの準備からします
以前準備しておいたパイプを必要な長さに切りその中へ
アルミ線を通します
ひざ裏パイプ
↑準備が終わった状態です

ひざ裏
↑今度はひざの裏の赤丸の部分に穴を空けます
いつものように細いドリルから順番に穴を空けていきます
画像は1.5mmのドリルで穴を空けた状態です

ひざ裏03
↑画像が暗くて見にくいですが右が3mmの穴まで空けた状態です

ひざパイプ比較
↑キットの状態との比較です
左が改修後、右がキット状態です
この改修でかなり立体感が強調できたかな?

◆ひざ裏がスムーズに進んだのでそのままひじの方へと
進んでいきます ( ̄0 ̄)/ !!
最初にパイプを通す部分を削ります
ひじ裏
↑左が初期状態で右が削り込んだ状態です

ひじのパイプもひざ同様に必要な長さに切り分けます
そして中に今度は真鋳線(径の合うアルミ線がなかったから)
を通して瞬着で固定します
ひじ裏パイプ
↑準備が終わったひじ裏のパイプ

ひじ裏パイプ装着
↑ひじのパーツとパイプを合体

ひじ裏01
↑出来たパーツを早速組んでみます
分かりやすいように前腕のアーマーは外してあります
最初はパイプが長すぎて前腕に入りきらなかったので調整して
なんとか入るようにしました
ただまだテンションが掛かると外れる事があるので
もう少し調整が必要です

◆その他、武器をちまちまいじったり
SP2の顔をいじったりしてたらもう2時近くです
今回はこの辺りで作業終了です パイプの処理もなんとか
めどが立ったので完成まで後一息です それではまた次回まで

◆おまけ
今頃ですがガイアカラー買ってみました
とりあえず使用頻度の高い 白・黒・クリアーの三色です
使ったらまた簡単レポートします
ガイアカラー
左から黒・白・クリアーです 思ってたより小さなビンでした

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

航空祭にいってきました とりあえず編

  • :2005.11.06
◆予告どおり今日は朝から航空祭に行ってきました(^O^)
一眼レフで最終的に200枚くらい写真とってきました
きっと今後の飛行機プラモ作りに参考になるはずです
今回はとりあえず編としてデジカメの画像で軽く紹介します
(今回の画像はアップロード出来る上限ぎりぎりの圧縮にしてあります
のでクリックして大きな画像で見てもらうことをお勧めします)

◆最初の機体は
f201
↑ハンガー内のF2支援戦闘機です
各種ミサイルや弾丸、エンジンが外されて展示されてました

◆次の機体は
fa18c
↑F/A18Dです 左にはF/A18Cが展示されてました

◆どんどんいきます
c1
↑戦術輸送機のC1です
C1からのパラシュート部隊の降下演習もやってました
c1とモデルさん
↑C1は予想以上にでかいです
モデルさんと比べるとその大きさが分かると思います
モデルさん
↑モデルさんのアップです
モデルさん二人目
↑もう一人のモデルさん 後ろは最後の展示となるT1です
◆今回のメインイベントの異種編隊飛行
F15
↑滑走路に向かうF15です
次にF4が滑走路に向かいましたがF4はあまり好きな機体ではないので
画像はありません
F2離陸準備
↑最後に滑走路に向かうF2です
爆音を立てて旋回する戦闘機の姿は本当に美しく感じられました
予定では編隊で飛行するはずでしたが雨がかなり降っていたため
に中止に Σ(T□T) 雨は残念でしたが本当に楽しくて9時から
2時までの5時間ほどの滞在時間があっという間に過ぎた一日でした

家に帰る途中で模型屋さんによって
今日まじかで見たF/A18Cのキットを買っちゃいました (^O^)/
FA18cプラモ
↑ハセガワ製の1/72でお値段788円でした
家の在庫のF2と一緒に作って並べて飾りたいです

とりあえず簡単ですけど航空祭のレポートでした

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:44 足の裏

  • :2005.11.05
◆さいきん、ちょっと忙しくてガンプラの時間が
とりにくくなってます今回もちょこっとだけですが
マラサイ編開始です
◆ひじとひざの部分のパイプを処理するつもりでしたが
なんだか色々と考える事が出てきたのでとりあえず後回しに
今回は足の裏の塗り分けをしていきます
足裏03
↑基本的にな塗り分けは終わってますので
ここから塗り分けていきます
足の裏01
↑まずは赤丸のくぼみを薄いグレーで塗っていきます
多少のはみ出しは後でペトロールで拭き取るので大丈夫
右がはみ出した部分を拭き取った状態です

足の裏02
↑今度は赤丸の小さなくぼみをなんとなくシルバーで塗ってみた
はみ出したらまたペトロールで拭き取ります
右が拭き取りです

足の裏03
↑最後に赤丸の部分にフラットブラウンを墨入れの要領で
流し込み汚れた感じにします
こんな感じで足の裏の塗り分けは終了です
あとは、またクリアー塗装して墨入れの予定です

◆今回の作業を終えてマラサイ君の現状をパシャ!
ビームサーベル
↑ビームサーベルを始めて装備させてみました
なんとか週末には完成といきたいですね (⌒^⌒)b 

◆SP2の方も頭部をちまちまといじって何となくジムの顔らしく
なってきたものの ぱっと見、すごいシャクレ顔なので
悪夢の原因になりかねないので画像の方は控えさせて
いただきます <(_ _)>

◆明日は航空自衛隊の航空祭に行ってきまする
久しぶりに飛行機が見れます たくさん写真撮ってこよっと
J-WING12
↑今月号の『J-WING』にも各地の航空祭の情報が載ってるので
興味があるかたは一度見てみたらどうでしょうか?

それではまた次回 マラサイ編かSP2編でお会いしましょう(^○^)/
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:03 頭部苦戦中

  • :2005.11.04
◆テンプレートいじりに没頭しててガンプラの
製作時間が減るという何とも本末転倒な一日でした<(_ _)>
◆今回もマラサイ君とSP2の両方をいじったのですが
とりあえずsp2編としてお届けします

◆とりあえず頭部が落ち着かないとなかなか先へと進めない
ので二日間ほどパテを盛っては削るの繰り返しでした
sp頭部バラバラ
↑作業しやすくする為にバラバラに
この状態を見ると完成するのか一抹の不安がよぎります( ̄~ ̄;)
ここへアルテコを盛って様子を見ます

◆三度ほどアルテコで盛る削るを繰り返しました
sp頭部パテモリ
↑ひさしの部分の形はほぼ出来上がりました

◆あごの部分はヤスリをかけるときにちょっと力んだら
割れちゃいました(ノ◇≦。)!!
接着しても強度が足りないのでミリプットでとりあえず
作り直すことにします
spあご新造
↑カメラ部分をゲージにするためにミリプットを盛り付けます
後はミリプットが硬化後に整形していきます
これで何とか頭部の大まかな形が出来るかな?
後はバイザー部分をどう造るかが次回の課題ですね
◆どうもこの頭部の形が未だに頭の中で上手くイメージ出来てない
今回は設定画に沿った感じで造ってますけど
ネットや模型誌を見ると違う解釈でまとめてあったりする
よくあるのはジム改風の頭部+バイザーで
今日ネット上で見つけたのはジムカスタム風頭部+バイザーだった
1/100でSP2を造るなら間違いなくジム改とジムカスタムもしくは
ジムクウエルのミキシングビルドで造ってたと思う
けど今回はHGUCなので、それらのキットは当然無い
ジムコマンドをベースにして試行錯誤しながら
このまま、がんばってみます ( ̄0 ̄)/ !!

◆マラサイ君の方は足の裏の塗り分けをしました
4色ほど使って微妙な違いを表しましたが
微妙なので4色も使ってあるようには見えません
ほとんど自己満足の世界かも
その辺りはまた次回のマラサイ編でお送りします
それでは また次回まで (=⌒ー⌒=)ノ


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

マラサイ編:43 バックパック

  • :2005.11.02
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-もじっくりと見たので
またガンプラ作業開始です ( ̄^ ̄ゞ !!
なんとなく久しぶりの気がするマラサイ編です
今回はバックパックの仕上げからです

◆バックパックについている3連バーニアの部分です
バーニア以外の部分をエナメルのグレーで筆塗りします
バーニア05
↑右端がエナメルで筆塗りしたパーツです

◆同じ事を脚部の2連バーニアにもおこないます
バーニア06
↑これも右のパーツが筆塗り後です
こうして筆塗りしてから一日置いておいて
しっかりと乾燥させます

◆バーニアのパーツはエナメルの黒でウオッシングするので
先に塗ったエナメルのグレーを保護する為にラッカーのクリアー
をエアブラシで塗装します↓
クリアー


◆クリアーが乾燥したのを確認してから
エナメルの黒でジャブジャブとウオッシングします
ウオッシング
↑ウオッシング完了 適度な汚れが表現できました

◆続いてバックパックのパイプの部分を処理していきます
パイプ自身は以前に塗装が完了してます
今回はその中にアルミ線を入れてキットのパーツと
同じような形状にします
バックパックパイプ
↑こんな感じで これを左右2種類つくります

バックパックパイプ装着
↑バランス確認の為に左右の
パイプを取り付けてみました
左右で多少の違いはありますが中のアルミ線は
柔らかので後からいくらでも調整できるので
このまま進みます

◆バックパックにバーニアを取り付けます
バックパック完成
↑これでバックパックは完成です

◆完成したバックパックを早速取り付けてみました
背面03
↑大き目のバックパックに輝くバーニアがアクセントになってて
なかなかいい感じです (○゜ε^○)v

◆後は足に付くバーニアをはめ込みました
脚部バーニア01
↑外側の2連バーニアとスラスターを装着!

脚部バーニア02
↑内側のバーニアも装着!!

◆今回はここまでで時間切れです
次回はその他のパイプの処理から始める予定です
それでは また次回まで (^○^)/


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

SP2編:02 頭部をいじるその1

  • :2005.11.01
◆久しぶりにガンプラに触りました
ちょっとうきうき気分です ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪
今回はマラサイ君も作業したのですがたいした内容では
ないので次回にまとめて報告します

◆人形は顔が命とよく言うようにガンプラも顔が命だと
私は思います いくらスタイルがよくても顔がしょぼいと
全体的にしょぼくなっちゃいますから
気合入れて頭部を改修していきます
試行錯誤しながら進んでいきますので大らかな気持ちで
お付き合い下さい

◆最初に頭部側面から
頭部横01
↑赤丸の部分を切り取ります

◆頭部正面から
頭部正面01
↑とさか部分を切り取ります
この部分はまた後で使う予定なのでエッチングソー綺麗に
切り取ります
あごのパーツを外します これは何の問題もないです

◆頭部背面から
sp頭部背面01
↑赤丸部分を切り取ります

sp頭部ライン変更01
↑薄いプラ板で前頭部の大まかな形をつくります

◆この辺で一度バランスチェックです
SP頭部俯瞰01
↑ほほのダクト部分は立体感に欠けるので削り取りました
あと耳の部分もとりあえず市販パーツを付けてみました
次回からバランスを見ながらアルテコで肉付けしていきます
この先どうなるか分かりませんが(最悪だと作り直し)
頑張っていきます \(*⌒0⌒)b


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

映画版 Zガンダムを見て じっくり編

  • :2005.11.01
◆映画版Zガンダム最初からじっくりと見てみました
とにかく話の流れがすごく速いですね
TV版を見てない人には話が分からないもしくは
分かりづらいんじゃないかと思ったりもしますが
第二部の方も好評らしいので余計な心配なのでしょうか?

◆新作カットは前評判どおりすばらしいの一言です
MSもキャラクターもどちらもいい感じに仕上がってます
キャラクターではレコアさんやエマさんがかなり美化されて
るような気がしましたが気のせいでしょうか? (‥ )?
おかげで余計に旧作部分とのギャップが感じられるという
マイナスポイントも出てくるんですが
これはしょうがないんでしょうね
この辺の感覚は人それぞれ違うんで
あなた自身の目で確かめてみて下さい
<-アマゾン->
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

◆登場するMSはティターンズ側が ハイザック ガルバルディーβ
マラサイ  メッサーラ そして地上では
アッシマー ギャプランが縦横無尽に飛びまくってます

エウーゴ側としては リックディアスを筆頭に
 黒いガンダムことガンダムMK2や
 百式+メガバズーカランチャーといったMSが活躍してます
特にガンダムMK2は回し蹴りかましたり フライングアーマーで滑空したりと
見所満載です
リンクしてあるMSはホビースト Z系HGUC 40%OFF!
の対象商品ですのでこの機会にあなたも
Z系HGUCを買い揃えてみてはどうでしょうか?

◆MK2の回し蹴りを再現したい そんなあたなは
最近発売になったMGガンダムMK2 Ver.2を
手に入れてみてはどうでしょう?
<-アマゾン->↓
1/100 マスターグレード ガンダムMk-IIver.2.0
<-楽天だと->↓
MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(T.J Gros Net)
MG 1/100 ガンダムMk-II ver.2.0(ホビースト)
などで扱ってるみたいですよ
◆その他のチェックポイントとしては ガルバルディーβの
ビームサーベルとかフライングアーマーの出所とか
アッシマーの目etc.ありますので
一度じっくりと見てはいかがでしょう
それでは次回 からまたガンプラに戻っていきますので
また よろしく(^○^)/
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。