スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

今年も最後ですが

  • :2005.12.31
◆今年も遂に最後ですが みなさまいかがお過ごしでしょうか?
今年一年で作った模型は

1: 2月から3月にかけてマクロスプラスの『YF-19』
2: 8月から9月にかけてロシア戦闘機『ベルクト』
3: 9月から11月初旬にかけて マラサイを試験評価機に
   改修 これを3機分
4: 11月からジムコマンドからスナイパーカスタム2へと
   改修中 アドバンスド・ヘイズルの登場によって頓挫中
5: 現在 アドバンスド・ヘイズルをいじり中
   さくっとプランだったはずが気が付けばしっかりプラン
   で製作してます ヘイズル・ラーを再現する為に頑張ってます

  今年は3月中旬から8月初旬まで 強制ボランティア活動の為
  個人的な時間がかなり制限された為 後半頑張ったけど
  自分的にはこんなもんでしょ

仮組したのは
1: HGUCシャアザク
2: ガンキャノン量産型
3: ガブスレイ

在庫の中で作りたいものは
MGガンダムMk2 Ver.2も密かに作りたいし
戦闘機の在庫も結構あるのでこれらもまとめて作りたいしなぁ

みなさんにとっての今年の模型ライフはどんなものでしたか?
来年も引き続きアドバンスド・ヘイズル、その次にガブスレイ
と順次製作していきますので よろしく お願いします(^○^)/


 
スポンサーサイト
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

フロントミッション5

  • :2005.12.29
◆最近はなかなかゲームする時間も無いのですけど
知らない内に『フロントミッション5』が発売になってました
このシリーズは 1をスーパーファミコンでクリアして続く2は
PSでプレイしたのですが読み込みの遅さが嫌になり途中でリタイア
3は読み込みが改善されたものの 自分の使用ユニットが4機となり
戦術もあったもんじゃないと思いつつも クリア
4からPS2になり読み込みや映像の進化 同時使用機体数の増加など
かなり楽しめる内容になってました そこから正統進化したらしい
5もかなり楽しそうなのは 公式サイトプロモーション映像を見ても伝わってくる
今とにかく非常にプレイしたいゲームです
ただ プレイする時間が無いし 我が家のPS2は現在故障中だったりします
プレイした人の生の声が聞きたいです
FRONT MISSION 5~Scars of the War~
FRONT MISSION 5~Scars of the War~
おすすめ平均
stars前作には多々不満が・・・
stars期待はできそうだけど・・・
stars4よりは・・
stars期待しています
starsトレーラーかっこよかったです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:16 役者揃い踏み

  • :2005.12.27

◆クリスマスもあっという間に終わり今年もあとわずかですが ガンプラ作ってますか?
ここ数日間は忙しさも予想をはるかに超え 仕事終わり=寝るというような
生活でして 殆どヘイズルに触れる事が出来ませんでした
最近では 電撃ホビーの付録キット[フルドド]や[ヘイズル・ラー]で
検索して来てくれる人が増えたのに更新が滞っててすみません<(_ _)>
またぼちぼちとアドバンスド・ヘイズル編としてヘイズル・ラーまでを
含めて製作記録を公開していきます よろしくお付き合い下さい

◆ヘイズル・ラー第二形態を再現するのに後必要なものとして
HGUCギャプランと電撃ホビーマガジンが必要だと書きましたので
早速模型屋さんに行ってHGUCギャプラン確保してきました
20051228105826.jpg
↑パッケージ左に写ってるのが追加ブースターです

◆あとなかなか付録の為だけに買うのをためらった電撃ですが
本屋のポイントが貯まっていたのでそのポイントで購入
これでヘイズル・ラーを再現するのに必要な物は全てそろった訳です

◆電撃のヘイズル開発相関図で スナイパー仕様なるものがありまして
コレを再現するのにはショルダーアーマーを新造しなくてはなりません
これはすぐには手が付けられないのですが 後から
ショルダーアーマーを交換できるようにしておかないと
いけないのですが 今の状態だと交換不可能に近いので
ショルダーアーマーを独立稼動できるように追加工作をします
追加工作といっても肩にプラ板を貼ってそこに穴を空けるだけです
20051228105932.jpg
↑とりあえずプラ板でふたをしました 裏には補強の為
プラ材が貼り付けてあります

◆後は塗装がストップしていたので薄い青の部分をどんどん塗って
いきます これで本体の薄い青の部分はかなり塗装が終わりました
20051228105849.jpg
↑机の上もかなり散らかってきました
年末には大掃除しなくちゃいけないのですが...

◆手に入れたHGUCギャプランのブースター部分だけをとりあえず
仮組してみます 
20051228105915.jpg
↑予想以上にでかいです
比較対象のため HGUCガブスレイと

ついでにフルドドに装着させてみます
20051228105837.jpg
↑更にボリュームアップ
早くヘイズルに装着させてみたいです

◆今回のアドバンスド・ヘイズルも3機同時進行してるのですが
普段は3機とも同じ工作をして3機に差をつけないのですが
今回はフルドドのこともあり ヘイズル・ラーまでをフォローする
1機とノーマルのアドバンスド・ヘイズルを2機(稼動テスト機仕様)
として作業を進めていきます

それでは また次回まで (^○^)/




参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

フルドドの仮組とアドバンスドヘイズルの今後

  • :2005.12.24
20051224135111.jpg
◆模型誌レビューでも軽く紹介した『フルドド』をもう少し
詳しく紹介していきます
20051223191133.jpg
↑HGUCシリーズと共通風なパッケージ
普段この手の付録は箱から出さずにしまったままなのですが
今回はちょうど作成中のアドバンスド・ヘイズルと大きく関わって
くるので早速仮組してみました

20051224112946.jpg
↑パッケージと同じアングルで

20051224113000.jpg
↑一見同じ様に見えつつも違う機能を持つウイング部分

◆キット仕様としては白単色でポリキャップ無し
ランナー一枚のお手軽なものです
飛行形体を見た感じではそれ程かっこいいとは思わなかったのですが
設定にある ヘイズル・ラー(ヘイズル+フルドドの呼び名)の 
第二形態&ブースター装備がやたらとかっこいい!!(* ̄0 ̄*)ノ
しかしここで二つの問題が この状態を再現するには
まずはHGUCギャプランの追加ブースターが必要 
ギャプランは前から欲しいと思ってたのでこの機会に購入すれば
いいので問題なし もう一つが フルドドがもう1機必要=もう1冊
電撃ホビーマガジンを買わなくちゃいけない ( ̄~ ̄;)
多分最終的にはもう1冊買うんだろうけど 何となく無駄遣いだね
同じ雑誌は2冊も要らないよ タダでさえかなりの雑誌があるのに   
  
◆出来れば単機でもフルドドを作成中のアドバンスド・ヘイズルに
装着させてみたかったのですが ちょうど塗装の為にバラしてある
状態なので また近いうちに装着してみます

◆設定でヘイズルの開発相関図が載ってて
これで ややこしいヘイズルの事が分かりやすくていいんですが
11番と13番の機体 同じ設定画が載ってます
11番は機体名がアドバンスド・ヘイズルになってるので
こちらが間違ってると思いますがどうなんでしょ?

◆個人的にかなり惹かれる設定の ヘイズル・ラーを再現するのに
必要なものをまとめてみると
①本体キット これは ヘイズル改でもアドバンスド・ヘイズル
でも どちらでもOK!

HGUC ヘイズル改 (By ホビースト)



HGUC アドバンスド・ヘイズル (By ホビースト)

②ギャプランの追加ブースターが必要なので

HGUC ギャプラン (By ホビースト)

③最後に絶対必要なのが
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 02月号 [雑誌] (By アマゾン)
が2冊 これが痛いですけど
ここまで揃える必要があります
家で足りないのは ギャプランと電撃があと1冊です
なんとか揃えて頑張ってみる予定です
あぁ、またこれでアドバンスドヘイズルの完成が遅れるなぁ
最近想定外の大雪で忙しかったので書籍紹介が多かったですが
次回からはまたアドバンスド・ヘイズル編 再開しますので
よろしくお願いします (^○^)/


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

各模型誌 2月号プチレビュー

  • :2005.12.23
◆今月発売の各模型誌を購入してきました
各誌簡単に紹介していきます

◆まずは電撃ホビーマガジンから
この2月号にはヘイズル改及びアドバンスド・へイズルに対応する
支援メカのフルドドなるもののキットが付録として付いてくるのは
ずいぶん前からの告知で知ってたのですが 
2月号見てビックリですよ Σ( ̄[] ̄;)!!
詳しい事は別エントリーで紹介します
あとはHGUCガブスレイやMG Zガンダムver2が紹介されてました
ガブスレイは脚部の完全変形が再現してありました
勉強になりますが 多分まねできないです Σ(T▽T;)

電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 02月号 [雑誌] (By アマゾン)

◆ホビージャパンは
エアーブラシ完全攻略と銘打って エアブラシの基本から応用
さらに 現在発売中のエアブラシカタログまで紹介してました
エアブラシに興味がある人には非常に役に立つと思います
『でもエアブラシって高いもんなぁ』と思ってるあなたに
オススメなのが ネット通販です
今下記のネットショップでは エアブラシ40%OFFセールを
行ってます 
年初めのガンプラはエアブラシ塗装を始めてみませんか?

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 02月号 [雑誌] (By アマゾン)

★エアブラシ40%OFFのネットショップ

ホビースト エアブラシ40%OFFセール


T.J GrosNet エアブラシ40%OFFセール


★最後にモデルグラフィックスを
他の2冊は毎月購入するんですが
モデルグラフィックスに関しては気に入った特集の時にのみ購入してます
今回の特集は 発売間もない MG Zガンダム Ver.2なんですが
表紙の左上を見やすいように拡大してみます
MG0602.jpg
↑この表紙が目印です

MG0602-l.jpg
↑このキャッチコピー通りの特集になってます
かなり濃い内容で 私もZガンダム作るときにはこの記事を参考にする予定です
このモデルグラフィックスはアマゾンでは扱っていないみたいなので
気になる人はお近くの本屋さんで探してみて下さい
割と早めに売り切れるので急いだ方がいいですよ



 

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

グレートメカニック 19

  • :2005.12.22
◆模型誌以外で購入しているガンダム関連の本は
毎週紹介している ガンダムファクトファイルともう一つあって
それが今回紹介するグレートメカニックスです
ファクトファイルが週刊誌なのに対してこれは季刊誌で年間4度しか
発刊されませんので なかなか人目につかない気がしますが
知ってます?

GM19.jpg

グレートメカニック 19 (19)
特集として一年戦争のエースパイロットを紹介
有名なシャアは勿論えらくマイナーなパイロットまでをMSと
一緒に紹介してます

最近はガンダム寄りの内容が多いのですが以前は ザブングル、
ダンバイン、エルガイム、ボトムズ、ダグラム、マクロス等
色んな作品を紹介してました これらの作品が好きだったあなたは
グレートメカニックバックナンバーで過去の特集などを調べてみてはどうでしょうか?
新しい発見や違う解釈があるかもしれませんよ?

★表紙に登場している ジョニーラインデンの
MS06R-2 エース特集でこれを表紙に持ってくる辺りが
グレートメカニックらしさかも



MG MS06R-2ザク ジョニーライデン専用機
(By ホビースト)
今のガンプラでは信じられない無い事ですが
キットの都合で勝手に配色を変えられた哀しいMSです
あなたの手で正規の配色にしてあげてください

ちなみに家のライデン用MS06R-2は
20051222142121.jpg
ちゃんと正規の配色にしてます (^ー^)

では次号は3月15日発売みたいですのでそれまで (^○^)/




参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ファクトファイル:64

  • :2005.12.22
◆モデラー的視点で見るファクトファイルその64です
64.jpg
今回はアッガイが表紙です
アッガイは昔から一部のファンの間で絶大な人気を誇っていて
ホビージャパンでもたまにアッガイMG化を願う記事が載ってたり
しましたが 私自身はそんな事は不可能だろうとずっと思って
ましたが その思いはいい意味で裏切られる事に


MG アッガイ
(By ホビースト)
アッガイ本体の出来はもちろん良好な上に 脚部水流や魚雷発射用の
エフェクトパーツやユーコン級潜水艦甲板を模したスタンドが付き
さらに カツ、レツ、キッカとジオン兵2名のフィギア付くという
もう至れり尽くせりの内容でした なぜこんなにも高待遇なの?
ファーストで出てない水陸両用MSはあとゾックだけですけど
これは 出ないですよね?!

その他メカニックファイルは
連邦の航空戦力の紹介
模型的な話は何も無いのですが
ギレンの野望と言うシュミレーションゲームで連邦で始めると
最初はMSが無くて フライマンタやデプロッグ等の航空戦力を
量産してザクに対抗してた事を思い出します

PS版はZの時代までフォローしてるので Z祭りの昨今プレイしてみては
どうでしょう? 
私は好きなデンドロビウムやスナイパーカスタムを量産したり
してゲームならではのif要素を思いっきり堪能しました

◆その他の見所としては アナザーユニバースで紹介されてる
ガンダムデスサイズヘルEW版です
搭乗者のデュオ・マックスウェル共々大好きなMSです
その名の通り死神の鎌を持つガンダムでその姿は死神そのものです


HG 1/100 ガンダムデスサイズヘルEW版
(By T.J GrosNet)
幸いな事に キットは1/144、1/100共に発売されてまして
家には1/100が未だに眠ってます いつの日にかEW版ガンダム5体全て
作製するのが デンドロ完成と並ぶガンプラの目標だったりします

◆64号はこんな感じでしょうか?
あまり見所らしい見所は無かった気がしますので
次号65号のガーベラテトラに期待する事にします
それでは また次回まで (^○^)/






参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUCガブスレイ編:01 おまけ

  • :2005.12.20
20051216102349.jpg
◆HGUCガブスレイ仮組のおまけです
附属のスタンドはかなり自由度が高くてこんな状態でも
ディスプレイできます
20051220135700.jpg
↑殆ど真横になってる状態です

◆塗装後はこんな感じになるはずです
2up.jpg
↑久々登場のマラサイ試験評価機(T3部隊用)
塗料はマラサイ用に調色した物がかなりあるので 
HGUCならあと3体は楽勝です

◆ガブスレイ本体に関しては後ハメ加工が難しい事を除けば
不満はないのですが 附属武装のフェダーイン・ライフルの保持力が
弱いのが気になります
ガブスレイ自体は大きめなんですが手の部分に関してはかなり小さめ
です 手首は標準のポリキャップが仕込めないほどですから
それに対してフェダーイン・ライフルは通常の武装に比べ大きめ
というか長めなのでテコの原理で手の部分に負担がかかり指の部分が
外れやすくなってしまいます
この辺りを何とか改善していきたいと思います
今週末には各模型誌も発売になるのでそのあたりも参考にしながら
HGUCガブスレイ編 1月初旬から本格的にスタート予定です
しばらく間が空きますが よろしくお願いします (^○^)/

★まだHGUCガブスレイ手にしてないあなたは この機会に
一緒に作りませんか?

★アマゾンで探すと
1/144 HGUC ガブスレイ

★楽天で探すと
ホビースト ←オススメです
T.J GrosNet

迷ってるあなたはとりあえずクリックしてみてはどうですか?
それでは ガブスレイ編 開始まで (^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:15 足の裏

  • :2005.12.20
20051220100114.jpg
◆前回ビンサフが無かったので近所のおもちゃ屋に買いに行きました
けど売り切れてました Σ(T▽T;) しょうがないので
わざわざそのためだけに片道約10Kmの模型屋さんまで行って
予備を含めて3ビン買ってきました けど今回は結局塗装しませんでした
こんな事なら21日にはまた模型屋さんに行くのでその時でもよかったよ

◆今回の記事は工作が中心です
ガンダム系のMSは大抵足の裏にバーニアが有ります
このアドバンスド・ヘイズルもガンダムなので当然バーニアが
あります けど このバーニア部分がどうもしょぼくて気に入らない
パーツ分割されてるわけでもないんで 塗り分けも面倒です
その辺りを改善する為に手を加えていきます
ここも自己満足の世界なので 必須工作ではないです

◆工作方法はいたってシンプルなものです
1:中央のくぼみの部分で真っ二つにします
2:バーニア部分を切り取る
20051220100143.jpg
↑左がキット 中央が1の工作後 右が2の工作後です

3:切り取ったバーニアを整形する
20051220100154.jpg
↑バーニア周りの余分な部分をカットして整形

後はそれぞれの塗装後に接着すればOKです
エッチングソーとヤスリがあれば出来るのでお手軽です
これで黒い部分の工作は全て終わったはずですので
次回以降黒い部分はまとめて塗装に入ります

◆次にフロントアーマーの裏を埋めます
サブアームユニットの存在で殆ど目立たない場所ですが
アーマー裏の処理は必須だと思ってるので手をつけます
最近はエバーグリーンのモールド入りプラ板や各種プラ材で
ディテールアップするのが定番でしたが 今回は久しぶりに
ポリパテで表現してみようと ふと思い立ち とりあえず
盛ってみました
20051220100205.jpg
↑硬化してからモールドを彫っていきます

◆割と最初の頃に穴を空けたままになっていた肩の部分に
プラ板を貼り付けました
20051220100130.jpg
↑多少の隙間はアルテコで埋めちゃいます
コレで表面処理したら塗装工程へ

◆後気になったのがシールドの先端の方にあるバー状のモールド
これも塗り分けが面倒なのでいったん削って後で再生します
20051220100215.jpg
↑赤丸の部分を削り取ります

◆プラ棒とプラ板で削ったバーを再生してみました
20051220100224.jpg
↑上手に出来たけれど めちゃくちゃ面倒なので
残りの必要な数は違う方法で作ることにします

◆さくっと作る予定だったのに なぜか結構いじってます
今回の工作でほぼいじりポイントは終了です
残る障害はリアアーマーのディテールアップとデカールかな
デカールの方は大分準備が進んでるんですが
初めての作製に加えてインクジェットなのでこれが結構大変
年内完成が多分ぎりぎりってところかな?
我ながら作業スピードの遅さが実感できます
明日は遂に MGZガンダムver.2が発売になります
とりあえず一つだけ確保してきます
結構前評判高いみたいでネットショップでも予約受付が結構
終了してるみたいです 私も買いそびれないように注意します
それでは 次回まで (^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:14 しょぼん

  • :2005.12.19
20051219115526.jpg
◆ガブスレイの仮組もひとまず終わり その勢いのまま作業したい
けれど まずは アドバンスド・ヘイズルの完成を急ぎます

年末なのでなかなか土日であっても時間がとれず思うように作業が
はかどりませんが とりあえず今回の作業内容をどうぞ

◆ある程度形になってきたアドバンスド・ヘイズルを見ながら
ふと思いついたのが ふんどし部分の 連邦マーク(黄色のV字の部分)
いつもなら マスキング処理して塗装してるんですが もう少し
簡単に出来ないものかと 
考えた結果 黄色い部分を複製して 別パーツにして塗装後に
貼り付ければ綺麗にいくんじゃないかと
そこでまず 巷でモデラーに人気急上昇中のお湯まるを
使ってみる事にしました
20051219111008.jpg
↑これが そのお湯まるのパッケージです
ダイソーで3つほど購入してきました
使ってみた感覚として 『型思い』と同じような感じで
違和感無く使えました これで100円はかなりお値打ちかも

20051219111017.jpg
↑型を取ってレジンで複製
予想以上に綺麗にできました
ただ この小さなV字を整形して使おうと思ったのですが
小さくて整形しづらい 最初から分かってたはずですが
実際作業に入ると ( ;´Д`) 嫌になりました
すぐに違う方法はないかと考えてみると 黄色いランナー部分を
熱して型に押し付ければいいんじゃないかと
しかし この方法では お湯まるの型が熱で変形してきちんとした
形が出ないはず しょうがないので ポリパテで型を作ることに

ポリパテ(WAVEのもりもり)を練ってそこにふんどしのパーツを
押し付けて硬化を待ちます
もちろんふんどしのパーツには離型剤(リップクリーム)が塗ってあります
20051212103959.jpg
↑こうしてできた型2号

早速 黄色いランナーをライターで熱して型に押し付けます
20051212104117.jpg
↑こうして出来たv字をデザインナイフでシャープに整形
あとは切り離して 塗装後に接着すればOK! 
塗装しなくても整形色が黄色なので問題はありません 
しかしアドバンスド・ヘイズルのこの部分は殆ど
見えないので まったく意味無い事を一生懸命した事に...
でもまだヘイズル改も在庫にあるしその他の連邦系MSにも使えるので
よしとします

◆その他に 次に作業に入るシールドブースター等を
一生懸命表面処理しました 地味ながら大事な作業
20051214104420.jpg
↑地味な作業の積み重ねが大事です

◆さて 気分転換に塗装待ちのパーツを塗装します
まずはサフ吹きから 5パーツ位吹いたら 用意してあったサフが
無くなったので予備のサフのふたを開けると
Σ(゚Д゚; ! あれ! 空っぽ まさかヽ(;´Д`)ノ
サフが無い どこを探しても見つかりません
時間は夜12時過ぎお店はとっくに閉まってます
たとえお店の営業時間中だとしても外はすごい雪です
今回はきっぱりとあきらめて次回へ持ち越します
なんとも作業がはかどらない土日でした

20051219105543.jpg
↑やる気まんまんで準備したのに Σ(T▽T;)

◆今日早速 ビンサフ買いに行って来ます
次回からまた本格的に作業始まりますので
アドバンスド・ヘイズル編、次回ガブスレイ編、あと暫く
休載してますがSP2編をよろしくお願いします <(_ _)>
では また次回まで (^○^)/




参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ガブスレイ編:01 仮組Ⅱ

  • :2005.12.17
20051216102349.jpg
◆ガブスレイ仮組の第2弾レビューです
MA形体や中間形体を飾るのには付属のスタンドが必要なんですけど
組み立てるのに必要なドライバーが見つからずに慌ててダイソーに
買いに行ってきました ではMA形体からどうぞ

◆まずはMA形体から
20051217233302.jpg
↑正面から まさに虫 でも見ようによっては
猛禽類に見えなくもないかな?

20051217233315.jpg
↑側面から なんとも不思議な形です

20051217233325.jpg
↑背面から ちょっと間抜けな感じ

20051217233338.jpg
↑上面から 

20051217233416.jpg
↑MA時の頭部?を中心に

◆続いてガブスレイならでわの中間形体を
20051217233428.jpg
↑ダブルビームサーベル
フェダーイン・ライフルは持たせづらいので

20051217233442.jpg
↑あおりで

◆組み立て説明書の変形方法の解説部分では、なぜかつま先を
外すように指示があるんですが そのままでも変形には支障は
ないので外してません 

◆さてこのガブスレイをどう製作していくか?ですが
一つ目のポイントは
20051216102557.jpg
↑腕部の3連ノズル等が一つのパーツになってるので
それを一つずつにきちんと分割して仕上げる事

◆二つ目のポイントは
ショルダーアーマーのアポジモーターを市販パーツと交換

◆三つ目のポイントは
塗装変更
ティターンズカラー 正確には T3部隊用に塗り分ける
これは今現在正確な設定がないので
二つのアイテムを参考にします
一つ目がガンダムヘッドのティターンズカラーバージョンで
20051217233453.jpg
↑左が通常カラー 右がティターンズカラー

二つ目が今月末発売になる

アルティメット・オペレーションプラス2
(By あみあみ)のティターンズカラーバージョンです
その他作業を始めるといろいろと出てくると思います

◆しばらくはアドバンスド・ヘイズルをメインに作業しつつ
その合間にガブスレイ作成の準備を行っていきます






参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ガブスレイ編:01 仮組Ⅰ

  • :2005.12.16
20051216102349.jpg
◆待ちのぞんだ HGUC ガブスレイが遂に発売になりました
早速 GETして 仮組しました キットの第一印象を含めて
プチレビュー開始です
まずは3面から
20051216102408.jpg
↑素立ち正面
20051216102416.jpg
↑素立ち側面
20051216102424.jpg
↑素立ち背面
どの角度から見てもガブスレイのかっこよさが伝わってきます

◆武装はビームサーベルが2つと
20051216102505.jpg


◆フェダーイン・ライフルが附属
20051216102540.jpg

20051216102519.jpg
↑後部からはビームサーベルも発生できます
(ビーム部分は手持ちのサーベルと兼用)
20051216102531.jpg
↑ライフフルは両手で保持する事もできます

◆頭部周辺のUP
gup01.jpg
↑頭部はガブスレイの特徴的な形を的確に表現してると思います

◆いま製作中の アドバンスド・ヘイズルとの比較
20051216102606.jpg
↑ヘイズルは中心から先端に向けて肥大化してるのに対して
ガブスレイはその逆
同じ部隊所属のMSとは思えないバランスの違い 

◆その他の細かい事
メインのランナーは4枚でそのうち半分の2枚がABS製です
目立つ合わせ目は前腕・ショルダーアーマー・胴体部分位です
変形の為に各部強度を必要とするので後ハメ加工はしない方が
いいのかも
フェダーイン・ライフルはちょっと持たせづらい
正直まだ仮組しただけなのでコレくらいの事しか出てきません

次回 MA形体・中間形体・と合わせて
もう少しだけ掘り下げてみます

★さて『HGUC ガブスレイ』プチレビュー第一弾でしたが
ガブスレイの良さが伝わったでしょうか?
伝わったあなたは この機会に
購入してみてはどうでしょうか?
個人的HGUC ガブスレイ(By ホビースト)

再度キット詳細
劇場版「Zガンダム」に登場するMS、「ガブスレイ」がHGUCで登場!
■イロプラ使用により設定色を再現。
■スネパーツを差し替えによりMA形態、中間形態を再現可能。
■飾り台付属により劇中でのアクションポーズ(3形態)を再現。
■武器はフェダーインライフル、ビームサーベルが付属。
■肩部のメガ粒子砲は前後左右に可動。
■脚部のムーバルフレーム、クローアームは上下に可動。
■細部カラー再現のためホイルシール付属。
となってます

◆では 次回 プチレビュー第2弾まで (^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ファクトファイル:63

  • :2005.12.15
◆モデラー的視点で見る ファクトファイルその63です
63.jpg

◆メカニックファイルは 最初にGアーマーの紹介
Gアーマーといえば2枚装備したガンダムシールドが分離時に
2枚重ねて1枚にする事が出来るんだよって設定はどうも
納得がいかないんですが どうなんでしょ?
そんなGファイターは HGUCガンダムとセットで
HGUC 50番目のアイテムとしてリリースされてます
HGUC Gファイター&ガンダム (By ホビースト)

それ以外で 印象に残ってるのはもちろんビグザムとの戦闘で
スレッガーさんが特攻を仕掛けたところでしょうか


Gコレ 1/400 ビグザム(By ホビースト)

同スケールのGアーマー、コアブースター、ガンダムが付いてます
これであの名場面も再現可能

◆MS運用理論では アポロ作戦を紹介
Zガンダムはリアルタイムで全て見たのですがアポロ作戦と
聞いても今一ピンと来ません ただ書下ろしの百式は非常に
かっこいい ( v ̄▽ ̄) 欲を言えば背面しか写ってないガブスレイ
と位置を逆転した構図で書き下ろして欲しかったo(´^`)o
百式はメッキの処理が面倒で今まで作った事が無かったけど
最近はメッキ処理されてないキットも出てるので
そのあたりに手をつけてみようかな
ただメッキ処理してないキットは何らかのアイテムとセットに
なってて割高なのがちょっとネック ( ̄~ ̄;)

メッキ処理されてない百式が欲しいなら

HGUC 百式+メガバズーカランチャー
(By ホビースト)

もしくは 最近発売された

MG 百式+バリュートシステム
(By ホビースト)
があるんで 自分なりの金色表現を試してみてはどうですか?

もう一つの書き下ろしは フォンブラウンへ侵攻する
マラサイの背面から 肩のディテールとか結構見所満載です
HGUCでこれを再現するのは厳しいので
MGでマラサイ出ないかなぁ

HGUCサイズの1/144でも かなりお勧めな

HGUC マラサイ (By ホビースト)

AS-MODELでもずっといじってたキットなので今でも思い入れの強い
ガンプラです

◆63号はあまり惹かれるものが無かったような気がします
次号の予告も微妙な感じですが またレビューしますので
次回まで (^○^)/


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:13 ヘイズル立つ

  • :2005.12.14
20051212191012.jpg
◆今週に入ってから急激に寒くなって 月、火と雪に見舞われ
仕事が遅れるし いざヘイズルいじろうとすれば 部屋のファンヒーターは
急に故障して部屋の中はめちゃくちゃ寒くて作業スピードが上がりませんでした
が何とか頑張りました {{ (>_<) }}
ではアドバンスド・ヘイズル編13開始です

◆塗装待ちのパーツがまた出てきたので
どんどん塗装していきます
まずはアンクルアーマーの部分から
20051214104318.jpg
↑まずは足首のメカ部分をマスキング
ここはアンクルアーマーを後ハメするよりはマスキング対応した方が
楽でいいと思います
ただこのアンクルアーマーはヒケやうねりなどが各面にあるので
キチンと表面処理しておく事をお勧めします 

20051214104408.jpg
↑何の問題も無く塗装終了
その他に同じ色の頭部やすねも塗装しました

◆次に前腕の塗装準備に入ります
20051214104347.jpg
↑表面処理してみると筋彫りの一部が埋まっていたので
目立てヤスリ(画像手前)で彫りなおします
目立てヤスリ自体は普段あまり使う機会はないんですけど
こういった場所に使うと楽に作業が進みます

このあとサフ吹きしたんですが3機分の前腕6パーツ全て同じ場所の
接着面が消えてなくて ガッカリ ( ̄Д ̄;)  
とりあえずビンサフ塗っておきました

◆他にも ちまちまと作業しました
フンドシ基部のパーツには小さなノズルがあるんですけど
これが ちょっとしょぼい 殆ど目立たない場所なんですが
気になったので市販パーツに置き換える事に
20051214104333.jpg
↑赤丸の部分のノズルをを削ってなくしました
あとは塗装後に市販ノズルを貼り付けます
ノズルの在庫が無かったのでとりあえずひざカバーと一緒に
塗装して今回はここまで

◆だんだんと寒さが増してきたので最後に
頭部センサーをいじってみます
ここはアドバンスド・ヘイズルやヘイズル改等の特徴にもなってる
部分なのできれいに仕上げたい部分です
電撃ホビーマガジン11月号では マスキングを駆使して仕上げて
ました すごい勉強になる記事ではあったんですが 
自分でするには ひどく面倒な気がしたのに加えて リタッチや
センサー部分塗装後に接着して合わせ目消しでまた塗装という工程が
わずらわしかったので 違う方法で処理していきます
まずは 黄色いバーの部分を丁寧に切り取ります
20051214104358.jpg
↑新品の刃に交換したデザインナイフで
赤丸の部分を切り取ります
左が処理前で 右が処理後です
あとはこのセンサー部分をヤスリかけして平らにします

このままもう少し続けたいですがもはや寒さで指が動きづらくなって
きたので 次回へと持ち越しにさせてください <(_ _)>

◆最後に仮組以降はじめてプチ合体させてみました
20051214104259.jpg
↑やっぱり下半身でか!!
20051214104307.jpg
↑肩に後ハメ処理の分割線が見えますが アーマーをつければ
見えないところなんで このまま行きます

★気が付けばもう12月14日です 明日は、そう
個人的にHGUC ガブスレイ(By ホビースト)
の発売日です 

キットの詳細は
劇場版「Zガンダム」に登場するMS、「カブスレイ」がHGUCで登場!
■イロプラ使用により設定色を再現。
■スネパーツを差し替えによりMA形態、中間形態を再現可能。
■飾り台付属により劇中でのアクションポーズ(3形態)を再現。
■武器はフェダーインライフル、ビームサーベルが付属。
■肩部のメガ粒子砲は前後左右に可動。
■脚部のムーバルフレーム、クローアームは上下に可動。
■細部カラー再現のためホイルシール付属。
となってます
今回も3機ほど購入予定です
ゲットしたら速攻で仮組してプチレビューしますのでお楽しみに
さぁあなたもHGUC ガブスレイ一緒に作ってみませんか?

あー明日のガブスレイ(発売うれしいけど アドバンスド・ヘイズル
完成できなかったよ Σ(T▽T;)
年内には必ず完成までもっていきますので
引き続き 応援よろしくお願いします <(_ _)>
ではまた次回まで (^○^)/


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:12 塗装続行

  • :2005.12.12
20051210145108.jpg
◆なんとか面倒なマスキング処理もとりあえず終わったので
今回は本体色の部分を塗装していきます

◆まずは混色から カラーレシピは以前紹介したとおりです
20051212104023.jpg
↑はかりを使って混色していきます
出来た本体色を1:1で薄め液と混ぜたもので塗装します

20051212104230.jpg
↑塗装前の作業場所 もう塗装待ちのパーツで一杯です
写ってない場所にもパーツが溢れている状態です

◆今回塗装したパーツは えーっと 肩、上腕、腹部、えり
もも 足首 サイドアーマーです
20051212104045.jpg
↑腕部分はここまで塗装が終わりました

ももは面倒だったマスキングをはがしてみると
20051212104056.jpg
↑大きな失敗も無くきれいに塗り分けれました

塗装が終わった上体のパーツをあわせてみました
20051212104106.jpg
↑何となく形になってきました (*^o^)
これで ちょっとモチベーションアップですよ

マスキングしておいた足首の部分も
テープをはがしてみると
20051212104034.jpg
↑ここも もも同様にきれいに塗り分けが出来ました

◆何とか塗装まで出来た部分もありますが
まだまだ手を入れたい部分が結構あって15日までに完成は
無理な予感が...

★そんな感じであっと言う間に発売日間近になった
HGUC ガブスレイですが
私はまた3機は買う予定です
とりあえず 仮組して MA形体とMS形体両方で
アドバンスド・ヘイズルが完成するまで飾っておくつもりです
あなたも HGUCガブスレイどうですか?

★楽天で探すと

(By T.J GrosNet)

ホビーストで探す

★アマゾンで探すと
1/144 HGUC ガブスレイ

◆購入後は、またガブスレイ編としてレビューしていく予定です
それでは また次回まで (^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:11 マスキングきたー

  • :2005.12.10

◆ある程度基本色の塗装が終わり その後にやってくるのは 
HGUCサイズなら当然の作業 そう、それは 『マスキング』
次に塗る色が余分な所に付かないようにマスキングテープで保護する
面倒な作業の事です
さて早速マスキングしていきます

◆まず 足首のパーツ
20051209120558.jpg
↑メカ部分以外をマスキング このパーツが6個

◆続いてもものパーツ
20051210094518.jpg
↑もも横の円形部分と上部のメカ部分をマスキング
このパーツも左右合計6パーツ これだけマスキングして
もうマスキングは限界 ( ̄Д ̄;)
あとは週末の塗装に向けて待機させときます

◆今回のその他作業1
20051209120527.jpg
↑手首に貼り付けたプラ板に予定通り穴ををあけました
後は多少段差が残ってるので表面処理をしたらこの部分もやっと終わり

◆その他作業2
塗装が終わった足首のパーツ 個のパーツにシリンダー状のモールドが
あるので その部分にアルミテープを貼ってみた
20051209120548.jpg
↑左が塗装が終わった状態 右がアルミテープを貼った状態

◆その他作業3 
ふくらはぎに付くノズル?の部分
何気にみたら 思いっきり目立つところにパーティングラインがありました 
しかもその脇には出っ張りがあり これがまた処理しづらい
こんな時は思い切って出っ張りをカットしてパーティングラインを
ペーパーを使って消します
20051209120539.jpg
↑左がキット状態 右が出っ張りを切取り表面処理した状態

今度は切り取った出っ張りを復活させます
手持ちのプラ材を適当に切り出し貼り付けます
20051210094500.jpg
↑プラ材を貼り付けた状態
あとはしっかりと接着剤が乾いてから整形すればOKです (*^▽^*)

★クリスマスが近づいてきましたが
今年は普段のクリスマスツリーの代わりに
こんなものを飾ってみたらどうでしょうか?

ストライクフリーダムガンダム ライトニングエディション
今ならまだ完成できると思いますよ(もちろん素組みに限りますけど)

◆地味な作業が続くとなかなか完成品のイメージが実感できずに
テンションが下がりますが 地味な作業の繰り返しが
満足いく完成品への近道だと自分に言い聞かせて 
次回まで また頑張ります 応援よろしくお願いします (^○^)/





参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:10 塗装はじめました

  • :2005.12.09
20051207175221.jpg
◆なぜかFC2関連にアクセスできなくて更新が送れました
それでは早速本題へ

◆前回の予告どおり今回は塗装を中心に作業をすすめます
いったん塗装に入るとなかなか他の事が出来なくなるので
まずは 表面処理とかをちまちまとやっておきます
でも頭の中は塗装の事で一杯 (*^▽^*)

◆さて塗装開始です
とりあえず 今回は 濃い色の部分と 白い部分 メカ部分
その他できるだけ塗装していきます 薄い青の部分は混色しないと
いけないのでこの部分は 先延ばしで

◆カラーレシピ
20051209130925.jpg
↑左 胸部などに使う ガンダムカラー(以下Gカラー)ブルー14
(模型屋さんでなぜかバラ売りしてたものでどのセットにあるものか不明)
左から2番目 メカ部分に使うGカラー グレー24
左から3番目 白い部分は Gカラー ホワイト5
右端が 赤い部分用の Gカラー レッド1

これを薄め液と およそ 1:1の比率で混ぜて使用していきます

◆ついでに本体のカラーも紹介しておきます
20051209130936.jpg
↑本体は組み立て説明書を参考に インディーブルーと
レッドを 7:3で 混合して そこに様子を見ながら
白を多少加えていきます
ダクトやノズル部分は 黄橙色
右の2色は ガイアカラーで下地用の黒と混色用の白です

ガンダムカラー単品は なかなか扱ってる
お店が無いのでネット通販で何かキットを買ったついでに
注文しておくといいと思います

◆私自身の塗装の基本は 表面処理終了⇒サフ吹き⇒下地黒塗装⇒
各部基本色⇒ハイライト塗装(必ずはしません)⇒つや調整
こんな感じで これと言って特殊な事はしてません
表面処理終えたパーツをひたすらサフ吹きしてそれから下地の黒を
これまた ひたすら吹きまくりました
20051209145438.jpg
↑下地が乾いたのを確認して 各々の基本色を吹き終えた状態
作業場の上がもうすごい事になってます (/∇≦\)

◆アドバンスド・ヘイズルの塗装に関して 一番問題なのが
サブアームユニットの爪の赤部分だと思うんですよ
手の先端を赤く塗るのは 前々回のマラサイでやってみたんですが
想像してたよりは簡単に出来たので今回もそれは大丈夫だと思ってます
ただ今回のこの爪は なんと言っても 小さい!!
しかも3体分で 18本の爪を処理するのでかなり嫌です
ただスキルアップの為 ちょっと頑張ります
20051209103033.jpg
↑まずは発色を良くする為に サフ吹き後に白を下地として
吹き付けます

20051209103200.jpg
↑白が乾いてから 赤を塗装
鶏のとさかみたいになってます

あと爪の先をマスキングして グレーで塗ればおしまいなんですけど
何とか楽にマスキング出来る方法は無いかと考えてるうちに
タイムオーバーです Σ( ̄[] ̄;)!!

★私も最近使い始めたガイアカラーは
ガイアノーツ ウェブショップ
で販売してますが少量の注文だと送料や手数料の関係で えらく割高になるので
各種溶剤などと一緒に購入するのがベストかと

単品ガンダムカラーホビーストで扱ってるので
年末年始用のガンプラの注文の時にでもついでに頼んでおくといいかと

★年末年始 オススメ ガンプラ
なんといっても個人的にHGUC ガブスレイ(By ホビースト)

★その次にオススメなのが
MG ZガンダムVer.2(By T.J GrosNet)
予約終了してるところもあるので 確実に入手したいあなたは
今のうちに予約しておく事をおすすめします

★以前にも紹介した
HGUC トリプルドムセット(By ホビースト)
ですが単純な3機セットではなくて黒い三連星にちなんだ特別パッケージでした
詳しい内容は ここをクリックしてあなた自身の目で確かめてみてください

◆それでは また次回まで (^○^)/


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

ファクトファイル:62

  • :2005.12.07
◆モデラー的視点で見る『ファクトファイル その62』

62.jpg
◆メカニックファイルは『0083 スターダストメモリー』(以下0083)に登場する
MAノイエジールを紹介 デラーズフリートによって
運用されたのですが 実はアクシズ製
ガザCとかを量産してたアクシズにしては 何となく先進的過ぎて
違和感を感じるのですが あまり野暮な詮索は無しと言う事で

他のメカニックとして 0083つながりで ドラッツェも紹介
胸部はF2ザクを使ったのが分かるけれど他の部分は??
30機程度作る位なら ザクやドムを強化した方が戦力的には
強化されたような気がするんですけど?

◆キャラクター紹介では アナベル・ガトーの紹介
この人も『漢』と呼ぶに相応しい人です いや『侍』と言った
方がしっくりくるかも
シーマの裏切りやアルビオンの活躍によって
デラーズフリートは志半ばで敗戦し
『我々の真実の戦いを後の世に伝えるために!』
この言葉を掲げ戦線離脱を試みるのですが
デンドロビウムとの戦いで傷ついたノイエジールは...

◆宇宙世紀ガイドでは
ズバリ デラーズフリートの紹介
書下ろしは デラーズフリート艦隊と進攻するMS部隊
燃えるシチュエーションですね
ドムはふくらはぎやつま先裏から見て リックドムⅡですね
『0080 ポケットの中の戦争』から引き続きの登場です
なぜか FZザクは忘れられた存在

◆MS運用理論は 格闘武器の説明
デンドロビウの巨大ビームサーベルでムサイの艦橋真っ二つの
場面が書き下ろし
アレンジ少なめなデンドロですが こうしてデンドロ見るたびに
我が家のHGUCデンドロビウムの事が脳裏をよぎります
果たして残りの人生の中でこのデンドロは完成させる事が
出来るのだろうか?

◆アナザーユニバースは ウイングガンダムからトーラスの紹介
武装一覧の所でレーザーガンが載ってるのですがどう見ても
ジム改等が使ってるマシンガンに見えるんですが
もしかしたら間違い?

★映像関連商品

 
初回限定生産で0083がリリースされます
音声の5.1CH化やその他特典あり

★通常版DVD
機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.1
機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.2
機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.3
機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.4
今なら というか 今しか買えない限定生産品の方が
値段的な部分や5.1ch化さらに特典のことも考えてかなりお徳です

★劇場版 0083 ジオンの残光
機動戦士ガンダム 0083 ジオンの残光
Zガンダム映画版と同じ様な総集編なんですが
見た感想ではZガンダムよりはるかに分かりやすくなってますが
地上戦が殆どカットされてるんで時間が無い人以外には
オススメできません

★模型関連商品
アナベルガトーと言えば

MG RX-78GP02A
(By T.J GrosNet)

ソロモンの悪夢として恐れられた
一年戦争当時の乗機

MS-14 ゲルググ ガトー専用機
(By ホビースト)

最後の乗機になった

HGM ノイエジ-ル
(By ホビースト)

あと忘れてならないのはノイエジールと激闘を繰り広げた

HGM デンドロビウム
(By ホビースト)
HGUC版よりもはるかにお手軽なのでおすすめです

それでは 次号まで (^○^)/



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:09 自分なりのこだわり

  • :2005.12.07
20051205190550.jpg
◆今回のアドバンスド・ヘイズル作成にあたって『電撃ホビーマガジン』の
11月号と1月号を参考にしてたんですが 今日何気に12月号を見たら
アドバンスド・ヘイズルの詳しい設定画が載ってまして その中に
足の裏の設定も載ってました ( ̄~ ̄;) ウーン見ない方が良かったかも!?
今更 変更は効かないのでこの部分に関しては我が道を行きます
ついでにモノアイの設定も載ってましがあんな小さなセンサーユニット
にそんなギミックは仕込めませんよ 差し替えで作る余裕もないし
今回は見送りです
20051207112718.jpg
↑我が道を行く ソール裏です
とりあえずはみ出した部分を切り取り軽くヤスッテみました
ミリプットを削る時の何ともいえないカリカリ感が密かに好きです
後は表面処理してエバグリのモールド入りプラ板を貼る予定

◆始めて手を付ける背面ブーストポッド
ここも中央に合わせ目が来るんですがその合わせ目に
黄色いバーがありましてこれも真ん中で分割されてます
こういった場所は合わせ目が消しづらいので思い切って
切り飛ばして新造した方が塗装の面などと合わせても
楽になると思います
20051207112653.jpg
↑左がキット状態 右がカットした状態

20051207112740.jpg
↑とりあえず2mmプラ棒をあわせてみる
多少大きいですが 多分このまま行くような気がします

◆肩は上腕を後ハメする関係で後ろ側に本来無いはずのラインが
出来てしまったので そのバランスを取る為に前面にもラインを
入れます
20051207112729.jpg
↑左が処理前で 右が処理後です 
削りかすがたまって白く見えるのが新しく作ったラインです

◆同じ様にすねの側面にあるラインも本来とは違うので
これもキチンと彫りなおしました
20051207112753.jpg
↑左がやすりをかけてラインを消した状態
 右が新たに筋彫りして出来たライン
肩と同じ様に白いかすがたまってるので分かりやすいと思います

あとひざの中央にあるバー状のモールドもふちの部分を残して
削り取りました
20051207112641.jpg
↑削り取ったのは赤枠の中です
ここもブーストポッド同様にマスキング処理と立体感の強調の為
の処理です あとでプラ材を貼り付けます

20051207114747.jpg
↑貼り付けるプラ材です 半丸の形状です
メーカー名等詳しい事は分からないんですけど 半丸以外にも六角など
変わった形状の物があって結構便利です
ただ扱ってる場所が少ないのが現状です
その他のバー状になってる部分も出来る限りこのプラ材に
変更していきます

◆手首ポリキャップ
露出したままだと どうしてもみっともない手首のポリパーツですが
手首カバーを新造するほどでもないと思い
薄いプラ板を貼って隠す事に
ただしプラ板の厚み部分だけは最初に削っておきます
20051207112803.jpg
↑左がプラ材の厚みだけ削った状態
 右がプラ板を貼った状態 このあと接着剤が乾いてから
ふちを整形して中央に穴を空ければいいはずです

◆今回は別にしなくてもいいけどした方が完成度が少しあがる
そんなポイントを中心に作業しました
地味な作業が続くとモチベーションが下がるので
次回は塗装を中心にしていきたいと思います
うまく行けば プチ合体させることが出来るかも!?  

★年末の目玉ガンプラの

MG ZガンダムVer.2

これも知らない内に12月21日発売になってました
予約の方も受け付けが終了になってるところもあるみたいです
確実にGETしたい方は早いうちに手を打っておいたほうがいいですよ

★発売日までもう10日もない
HGUC ガブスレイ
ですが 今からどんな風にいじろうか楽しみですですが その前に
アドバンスド・ヘイズル完成するのか?
少し不安になってきたけれど 皆様応援よろしくお願いします<(_ _)>



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

インクジェットでデカール (アドバンスド・ヘイズル用)

  • :2005.12.06
20051130180620.jpg

 その1 『きっかけ』 

◆アドバンスド・ヘイズルに限らず アドバンス・オブ・ゼータ(AOZ)に登場するMS達は
今までのMSとはかなり違うマーキングが施されています
zeon.jpg
↑ジオン軍残党のMSには 『Zeon Alive!』の文字がこれ見よがしにでかでかと

◆特にティターンズテストチーム(T3部隊)のMSは各部にTを三つ
組み合わせた部隊マークをはじめ 黄色のストライプやそれぞれの
機体特性を表したウサギのマークが目に付きますT3.jpg
↑肩のパーソナルマークや各部に施されたT3部隊の部隊マークが特徴的
ストライプ部分はマスキング塗装で何とかなりますが
その他特徴的なマークはキット附属のシールに頼る事になります
今製作中のアドバンスドヘイズルはもちろんキットに悪魔のような
ウサギのマークが附属していますが 稼動テストの時に付けていた
バニーウサギのマークまではフォローされていません
一応『電撃ホビーマガジン1月号』の付録としてこのシールが
付いているのですが当たり前ですが数に限りがあります
複数必要な時は付録目当てで雑誌を買わなくてはならなくなります
それももったいない話なので 今まで試した事の無い『自作デカール』
に挑戦してみます

◆まずこの『自作デカール』を作るうえで必須アイテムの『アルプス
プリンター』ですが 私は持ってませんし近いうちに購入する予定も
全くありません あるのはエプソンのインクジェットプリンターのみです 
8月に買い換えたばかりなので結構いい性能だと思ってます

デカールの用紙の方はとりあえず 下地白の物と
下地透明の物の2種類を揃えてみました

インクジェットの仕組み上 白を印刷する事は出来ないので
紙の白さ=印刷後の白部分になります
下地透明のクリアを使用すると白い部分が透明になります
白色の塗装面に貼り付けるには問題無いのですが
それ以外の場所だと下地の色に左右されてキチンとした色が
再現されません その辺りは文章だと分かりづらいので
実際に両方で作成して検証していきたいと思います


★あなたもアドバンス・オブ・ゼータの世界を感じてみませんか?

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.1)

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.2)

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.3)

『電撃ホビーマガジン1月号』
ヘイズルその他の機体マークのシールが付録になってます

その2に続きます (来週中にはUPする予定です)


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:08 ひたすら表面処理

  • :2005.12.05
20051205100752.jpg
◆まず最初に ブログ名を『AS-MODEL』から『AS-MODEL GP』に変更しました 
同名ブログが存在しているので自分でも紛らわしいので
GP(もちろんガンプラの略ですが)を加えてみました

◆今回は前回予定が狂ったソールパーツ裏面から作業を
始めていきます
まずはプラ板、角プラ棒を組み合わせてこんなものをつくります
20051205102431.jpg
↑これを使って足の裏にくぼみをつけます
プラ板の厚みは1mmで角プラ棒がストッパーになるのでいくら
押し込んでもくぼみは1mm以上にはなりません

使用するマテリアルは『ミリプット』です
まずはミリプットをよーくこねて適量をソールパーツのくぼんだ所に
詰め込みます それから上で作っておいた型をムニューっと押し付けます
20051205102445.jpg
↑左がミリプットをくぼみに詰めた状態で
右が型を押し付けた状態です
あとはミリプットの硬化を待って整形して表面処理に入ります
最終的にはくぼみの大きさに合わせたエバグリのモールド入りプラ材を
貼ればOKです (#  ̄ー ̄)〇"
注意点としては押し付ける型はキチンと表面処理やエッジの
処理をしておくこと と 押し付ける前に型にリップクリームなどを
塗っておく事くらいでしょうか?
出っ張った部分を作るのは割りと簡単なんですが
逆のへこんだ部分をきれいに作るのは結構難しいと思います
そんな時にはこういった方法も使うのも一つの手だと思います

◆つづいて接着猶予期間が過ぎたパーツがどんどん出てきたので
ひたすら表面処理をしていきます 頭部、前腕、すね、アーマー
腰部 前回アルテコを盛り付けた胸部も表面処理していきます
今回 アドバンスド・ヘイズルで一番面倒だったのが
サブアームユニットの『爪』だったりします
サブアームユニットには2本の腕があり、その腕には3個の爪があるので
1機当たりに6本の爪が 3機製作なのでx3で処理するのは18パーツ
このパーツがまた小さいのなんの 何度処理中に飛ばして無くしかけた
ことか なんとかゲート処理をして塗装準備に
20051205102553.jpg
↑塗装準備に入った爪たち
しかもこの爪も指先と同様に先端が赤い設定になってます
こんな小さいパーツにマスキングするのは考えるだけで意気消沈 Σ(゚д゚lll)

◆下地の黒塗装まで進んだパーツも結構出てきたので気分転換の
ために白いパーツを中心に塗装してみます
今回塗装したのは 
サブアームユニットの装甲部分
20051205102511.jpg

20051205102522.jpg

20051205102532.jpg
↑これであの爪さえ塗装が終われば組み立てが出来る

20051205102543.jpg
↑実戦配備機と唯一塗装が違う足の部分も白で塗装
あとはマスキングしてメカ部分を塗れば完了
頭部センサーユニットも白で塗装しました

20051205102602.jpg
↑もも部分はメカ色を塗装したのであとはマスキングして
ティターンズカラーの薄い青部分を塗装して完了
この調子で仕上げられる部分はどんどん仕上げていきます

◆やっぱり塗装に入るとなんだか出来上がっていくのが実感できて
楽しいですね 
あと面倒なところは リアアーマーのノズル部分と頭頂部のセンサー
部分くらいかな この辺りを早めにやっつけないと完成が遅れそう
今回は自分の中で完成のリミットがあるので 次回も
頑張って作業を進めていきます

★アドバンスド・ヘイズルの完成リミットの基準になってる
HGUC ガブスレイ
ですが 発売日の方が以前は12月17日だったはずなのに 
知らない内に12月15日になってました 普段ならうれしいはずなのに
なんだか複雑な機分です アドバンスド・ヘイズル
完成するのか?
多少弱気になったりもしますが 応援よろしくお願いします<(_ _)>


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:07 地味作業

  • :2005.12.03
20051203100840.jpg
◆今回も時間があまり取れない中できる事を頑張ってやっていきます
まずは接着猶予期間が終わったサブアームユニットのパーツの
表面処理をちまちまと
20051203100502.jpg
↑結構目立つポイントなのできっちりとヤスリがけ
これでサブアームユニットの白い部分のパーツは全て塗装工程まで
進めることになりました

◆もものパーツも表面処理していきます 
20051203100518.jpg
↑上部のメカ部分のヤスリがけが相変わらず面倒です
内部フレームの再現をしてくれとはいわないのですがこのメカ部分と
装甲部分を分割してくれると表面処理やマスキング作業がかなり軽減
できると思うんですが 同様なパーツとしては足の甲の部分と
手首の部分なんかもそうですが やはり細部の分割が進めば
組み立て方の複雑化やコスト増を招く要因になったりして
やっぱ無理な注文なんでしょうか? ( ̄~ ̄;)

◆つづきまして 胸部のパーツをちょっと見てみます
この部分は分割線のところで一段へこんで別パーツのように
見えるように溝があります
合わせ目をディテールとして見せると言うアイデアはすごく
いいと思いますが ただ 頭部、胸部、腹部、すねの横と
あまりにもその処理が多いので何となく単調な気がするので
頭部と胸部は溝を無くす事にします
20051203100447.jpg
↑胸部横の溝にアルテコを薄く塗り付けます
あとは単純に表面処理をすれば サフ吹きへ

◆胸部パーツでも軽く触れたのですが
この脚部パーツにもサイドにディテールに見せた
分割線がでます
20051203103615.jpg
↑青いラインがキット初期の分割線でそれを
赤いラインのように変更します
こうすると ももの横のラインと調和が取れると思います
次回以降に 筋彫り用のガイドを作って実際に行っていきます

◆今回もまた地味な作業ばかりでした
さっくっと作る予定がだんだんと作業が増えてきてます
多少テンションが落ちてきたので 次回は塗装出来る所は
塗装してテンション上げる方向で行きたいと思います

★色んな所で1月発売のガンプラ情報が流れてますが
その中で 期待してるのがHGUC ドム(リックドムとコンパチ)
なんですがドムといえば
『黒い三連星』と言う事で一人で三機買う人(私もそうです)も多いと思いますが
そんなあなたにはこんなお得なセットもあるみたいです
HGUC ドム トリプルセット
単純に810円お徳です
シャア専用(後でキット化されそう)やガトー専用など塗装だけで
バージョン違いが出来るのでオススメです
新しい年の ガンプラはドム三機製作から始めてみてはどうですか?

あと不意をつかれてこんなものまでもキット化
HGUC パラスアテネ
発売は2月としばらく先なんですが なぜパラスアテネ? ( ̄~ ̄;)
メッサーラが先に来ると思ってましたが 恐るべし『Z祭り』

◆次回はもう少し濃い内容をお届けできそうです
それではまた次回まで (^○^)/


 
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・ヘイズル編:06 ウオッシング

  • :2005.12.02
20051201145856.jpg
◆今回は夕ご飯食べた直後、知らない内に爆睡しちゃいました( ̄q ̄)zzz
11時頃過ぎに起こされてとりあえずお風呂に入って一息つくと
もう日付が変わりそうです Σ( ̄[] ̄;)!!
ベッドで寝ちゃいたいという欲望を何とか振り切りぼちぼちと
作業開始です ただし準備不足とあがらないテンションの為
前回予定していた事とは ぜんぜん違う内容になりました
勘弁してください <(_ _)>

◆とりあえずまだ頭がボーっとしているので 単純な作業をしながら
何をするのか考えをまとめていきます
接着が終わっている頭部センサーや頭部をとりあえずペーパーで
表面処理して 他のパーツと共にサフ吹きへ
ついでに白い部分を少しでも塗装しようかと思いつつ
なぜか失敗する危険を感じたので あまり失敗しなさそうな作業を
探してみると...

◆サブアームユニットのメカ部分は爪以外の塗装が終了しているので
ウオッシングをしてみることに決定! ( ̄Д ̄)ノ

20051202104235.jpg
↑塗装が終わった状態のメカ部分その1

20051202104248.jpg
↑塗装が終わった状態のメカ部分その2

この二つとサブアームユニットの基部で合計3パーツ分を
ウオッシングしていきます
使うのはエナメル塗料の 黒と
ペトロール
↑ペトロールです

ペトロールで薄めたエナメル黒を 各パーツ全体的に塗っていきます
ある程度、乾燥したら綿棒(化粧用)にペトロールをしみ込ませて
拭き取っていきます
そうして拭き取りが終了したのが

20051202104259.jpg
↑メカ部分その1
20051202112825.jpg
↑メカ部分その2
20051202104332.jpg
↑サブアームユニット基部

とりあえずこんな所までしか作業できませんでした
ホントはあんな事やこんな事まで今回進めたかったのに 
ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/ 

★こんな感じで作業をしているHGUC アドバンスド・ヘイズル



あなたも作って見ませんか?

★9月に発売され あっという間に売り切れてしまった
HGUC ヘイズル改(通常版)


もやっと再販されました
また売れ切れちゃう前に両方とも揃えてみてはどうですか?

◆それではまた次回まで (^○^)/




参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

アドバンスド・へイズル編:05 ソールパーツ

  • :2005.12.01
20051130112756.jpg
◆今回は最初の改修(改造)ポイントとしてあげていたソール追加パーツを
いじっていきたいと思います
いろいろと考えた結果 まずは妙にあっさりとしている裏面に
エバーグリーンのモールド入りのプラ板を貼ってみる事にします
もちろんそのまま貼ったのではいかにもお粗末なので
貼り付ける場所をいったん切り取って
そこに貼り付けるようにします
20051201094808.jpg
↑左が キット初期状態 
中央が切り取った状態 右がプラ板でふたをした状態です

エッチングソー デザインナイフ ニッパーやペンチを使いながら
慎重に切り取っていきます パーツ自体が細いので少し力んで
作業すると もう折れそうで折れそうで結構神経使う作業でした
3体分12パーツ処理したら なんだか知らない内に 
日付が変わってました ( ̄▽ ̄;)!!

無事に切り取りが終わったパーツは左右をしっかりと接着して
(↑画像中央)モールド入りプラ板を貼り付ける場所として
まず薄いプラ板を貼り付けます(↑画像右)

ここまででとりあえずソール部分は終了
次回から貼り付けるモールドの製作に入ります ( ̄0 ̄)/ !!

◆残りの必須改修ポイントの腰部リアアーマー部分も
どの方向で作業をするか検討する為にとりあえず手を付けてみます

20051201094823.jpg
↑手元にあった1.5mmのドリルで各ノズルに穴を空けてみました
結論 これでいっても問題ないんじゃないの?と思うほどのいい感じ
なんですが やっぱり手を入れていきます 多分くり貫く事になると
思いますが 今のところまだハッキリとしたものが浮かびません
これも次回以降 キチンと作業に入っていきます

◆パーツいじりの方はこれくらいにしておいて
また塗装を少々
20051201094833.jpg
↑前回下地塗装まで終えていたフレーム部分にグレーを
吹き付けていきます
今回の塗装はたったこれだけで終了 Σ( ̄[] ̄;)!

20051201094844.jpg
↑塗装が終わり 組み立てた 腕部フレーム
薄っすらグラデーション仕上げです

◆今回はソール部分の改修で想定外の時間を消費してしまい
しかも改修はまだ終わっていないし 作業スピードが今一でした
次回はソール改修の続きと接着済みパーツの表面処理がメインに
なると思います

★急ピッチ(あくまでも自己基準)でアドバンスド・ヘイズル
作成している最大の理由が
HGUC ガブスレイ
(By ホビ-スト)発売です
発売日まであと16日(12月01日現在)なんとか
アドバンスド・ヘイズル完成できそうです
ではみなさま また次回まで (^○^)/
応援よろしくお願いします



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。