スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ザクF2 製作記 04

  • :2010.03.30
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUC F2ザク製作記その4でございます。
  
   回を増す事にネタが無くなるという製作記泣かせのF2ザクですがそれだけ素性の良い

   キットという事で相変わらずオススメしておきます。

   ネット上で色んなモデラーさんが楽しんでF2ザクを製作してるのを見てると自分の

   モチベーションもアップして制作意欲が湧いてきます。

   自分も他の人に少しでも模型製作の楽しさが伝えられたらいいなと思ってますが、

   まだまだスキル不足なので地道にスキルアップしていきますので

   応援よろしくお願いします。

   話が横道にそれましたが今回もF2ザクの細かなポイントをお伝えしていきます。


肉抜き穴の処理

 HGUC F2ザクですが、肉抜き穴に関しても優秀で、武器の目立たない部分のみにしか
 存在しません。その場所も処理しやすい場所なのでさくっと処理していきます
IMG_1942.jpg
   マシンガンのドラム裏
  武器の保持角度によってはかなり目立つ部分なので丸くプラ板を切り出しておいて
  マシンガンとの接続部分をカットしてからドラムマガジンの裏に貼りつけます。
  この辺りはざっくりと工作してます。
  こだわるのなら、細かなディテールを追加するのもいいかと思います。
  ハンドグレネードの裏にも肉抜き穴があるので同じように塞いでおきます。

 
 工作もほぼ終わったのでそろそろ塗装に入っていきます。
 今回のノイエンビッターさん搭乗機のカラーリングは基本2色なので
 グレーの部分を先行して塗装しておきます。
 腰部アーマー裏は塗り分けをするので塗料乾燥後にマスクしておきます。
IMG_1926.jpg
   いつもの感じでマスク処理しました

 今回は細かなデカールを多めに貼るつもりなのでチマチマとデータを
 詰め込んでデカールを制作しました。
IMG_1940.jpg
   内容は機体番号とジオン紋章、コーションマーク等で2種類4機分になります。
  デカールはその他手元にある物も使う予定です。

色々と準備も整ったので機体色を塗装していきます。
以前に書いた『みるきぃ★ぱすてる』グリーンバージョンをベースにして彩度、明度を
調整して好みの色を作ります。
色々と調整してるうちにタップリと出来ちゃいました。好みな色なんだけど
後何のキットに使えるかが問題です。

 IMG_0193.jpg
 正面から

 IMG_0195.jpg
 バストアップ

塗装に関しては,まずはサフ吹き 翌日に下地黒塗装 更に翌日に機体色という感じで進めました。

今回は頭部のブレードアンテナのみ手を入れてありますがそれ意外はキットストレート組みです
難しい塗り分けも無いので始めて全塗装するならオススメと言えるキットです。
特に今回のノイエンビッターさん搭乗機は2色だけなので特に簡単です。

さて後は付属品の塗装と本体の仕上げ作業を並行して行っていきます。
HGUCギラズールもこの作業と並行して作業してます。

さてそろそろ次のキットを始める時期ですが、さてそれは何になるでしょうか?
その辺りはまた近いうちにご紹介します。

スポンサーサイト
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 03

  • :2010.03.26
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUCザクF2製作記その3です。
  
   まだその3なんですけどHGUCザクF2の製作記のネタが尽きてきました。

   ネタの為に製作してる訳ではないのでいいんですがなんか寂しいですね。

   今回はノイエンビッターさん搭乗機の特徴でもあるロケットブースターの製作を紹介します。

   手元にあった資料でその形状をチェックしてから作業に入ります。

   形状としては円筒状で太さの異なる3つのブロックで構成されていて先端は丸みを帯びた

   形状で後端にはブースターノズルがあるという至ってシンプルなもの

   とりあえずは、プラ材のストックから色々と出してきて組み合わせてみます。

   構成としては一番太い部分は5ミリのパイプで、その中に3ミリのパイプを通してあり

   その中に2ミリのプラ棒を通して中間部分の細い所を再現して後端部分はその2ミリの

   プラ棒に3ミリのプラパイプをはめています。

   ランドセル部分と比較してみると形状、大きさ的に行けそうだったので

   各種ディテールアップパーツを組み合わせて行きます。

IMG_1922.jpg
   大体の形になった状態
  手元にあったプラパイプが透明タイプしか無かったので画像では分かりにくいですね
  透明のプラパイプは形状把握がしにくいのと固く割れやすいので、これから自作する人は
  白いプラパイプをオススメします。

IMG_1925.jpg
   サフ吹き
  形状把握するためにとりあえずは捨てサフを吹いてみました。
  パイプカッターを使わずに切断した為に切り口が悪かったので隙間を
  パテで埋めておきました。
  後は整形後にもう一度サフ吹いて塗装に入ります。

 部品を新造した事のない人は、こういった簡単なものから始めるのがオススメです。
 
 いきなり複雑な物に挑戦しても必ず挫折しますから。


もう一つの特徴でもある指揮官用頭部 

 ノイエンビッターさん搭乗機の特徴と言っても普通の指揮官用の頭部との違いは無いので
 
 普通にアンテナをシャープに整形していきます。

 アンテナは作業しやすいように頭部に接着してしっかりと接着されてから作業します
IMG_1924.jpg
   アンテナシャープ化
  全体が薄っぺらではなく前方がうすくて後方へ行くにつれ太くなってる形状が好きなので
  それを意識してヤスリやカッターで薄くしていきます。

IMG_1929.jpg
   キットではアンテナの差し込み部分に隙間や段差が見られるのでパテを使って
  自然なラインでつながる様にして処理後にはサフを吹いて様子を見ます。
  結局ここは気に入る形を出すのに3回程パテを盛っては削りを繰り返しました。

このF2ザクで後やり残した事は武器関係の肉抜き穴を埋める事とロケットブースターの

取付部分の新造位でしょうか?

その辺りは、問題なく進めていけると思いますが、サクサク進んでる時ほど何か

ありそうで怖いです。今回はデカールをいつもより少し多めに貼る予定なので

デカールのデータもそろそろ準備しないといけません。

今回はこれくらいで終了です、というかHGUC版F2ザクは工作部分の次回分ネタが

本当に無いので次は基本カラー塗装後の画像を少々載せられるかもしれません。

それでは また次回まで


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ザクF2 製作記 02

  • :2010.03.25
F2ザクタイトル
b_b.gif HGUCザクF2製作記その2です。

  クドイようですがこのHGUC版 ザクF2ですが かなり出来がいいです。

  前回はメタルパーツによるディテールアップについて書いたのでそれ以外の

  ディテールアップポイントを今回は少々ご紹介します。

  まずは、機体各部に少しだけピンバイスで穴を空けて各種ディテールアップパーツに

  置き換えます。

  前腕には最初から丸いモールドがあるんですが、これが抜きの関係で甘くなってます。

  なので、まずはピンバイスでくりくりしてはっきりとしたモールドにします。

IMG_1913.jpg
   右が処理後です。
  モールドがかなりはっきりしたと思います。
  ここには、メタルボールを入れようかと思ってます

IMG_1923.jpg
   胸部脇
  ここも定番と言ってもいい場所です。
  途中の画像をとり忘れたのでサフ後になってますが、もちろんサフ前に処理してます。
  ここには、真鍮パイプを入れようかと思ってます。

IMG_1920.jpg
   フルントアーマー
  ここにも謎の丸モールドがありますがとりあえずくりぬいてみました、
  ここはまだどうするか未定の部分です。

  あまり全身に穴が空いてるのは砂漠という状況下で運用されている機会としては不自然な
  気がするのでとりあえず効果の高い部分を3箇所だけ処理してみました。

IMG_1919.jpg
   フロントアーマーを紹介したついでに
  その他のアーマーについても少々
  全てのアーマーに言えることですがアーマーの渕にバンダイエッジが存在するので
  全て削り込んで鋭角に仕上げます。
  ピンぼけ画像では分かりにくいですがこれで腰回りがスッキリした気がします。
  

  足の裏中央のメインノズルは前回と同様パワーパイプに置き換えてその周りの
  4つの小さい丸モールドはつぶし玉に置き換えます。
  前方の丸一モールドも置き換えたかったけれど予算の都合で今回はパスです。
IMG_1917.jpg
   フィッティング
  塗装後に苦労しないためにしっかりとフィッティングしておきます。  

  とりあえず今回はこの辺りで

  基本的にスムーズに制作出来るキットなので色々とバリエーション機とか作ったら
  面白そうです。
  
  次回はHGUCギラズール、F2ザク、リゼルどれかの製作記になる予定です。

  本当にくどいようですがHGUCの中でもオススメキットです
  ジオン派なら尚更オススメしたい一品でございます。
  
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
おすすめ平均
stars【 MS-06-F2 】
starsザクIIも30th
stars期待通り!
starsこれはいい!
starsBOXアートはアニメーションぽくって良いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ギラズール その5

  • :2010.03.23
ギラズールタイトル
b_b.gif 今回はギラズール製作記その5になります。
 
  本体の改修については前回まででほぼ終了してるので今回はマスク部分の画像を少しと

  現在のギラズールの様子をチラッと紹介します。

  このHGUCギラズールも最近の良質のHGUCキットの一つなので致命的色分け不足な

  部分はありませんが、こだわるならある程度のマスク作業は避けては通りません。

  前回は一番の塗り分けポイントの紋章部分を紹介したのでそれ以外の部分を紹介します。

  今回は、紋章ほど必須ポイントではないので、このあたりは個人的好みで作業してます。

  

  まずは、足の裏です。単色で塗りつぶしてもいいんですが、モールドがしっかりとあるので

  ある程度塗り分けてみます、まずは中央のノズル部分は基本色塗装後にマスクして黒鉄色で

  塗り重ねます、塗料乾燥後にパネル状になった部分をマスク後に塗装します。

IMG_1928.jpg
   中央のノズル周辺を塗った後のマスクです。

IMG_1937.jpg
   最終的に完成した状態です。
  ここは直線的なマスクが殆どなので綺麗に仕上がりました。あとは境目の墨入と
  メタルパーツを組み込めばここは何とか完成出来そうです。


  続いて脚部ですがここが結構塗り分けポイント多いんです。
 
  塗り分けしたいのは、くるぶし辺りにあるノズル部分、動力パイプが収まる部分、膝の
 
  裏部分の3箇所です。
 
  とりあえず、膝の裏はいつものマスキングテープで簡単にできるのですが、残りの
 
  2箇所は形状的にマスキングテープが使いにくい場所なので詰物をしてマスクします。

  普段は油粘土を詰めてマスクするんですが、この方法は人にはオススメしない方法です

  その名の通り油ギッシュな粘土を塗装前のキットに触れさせるのは塗料はじきや

  塗料剥がれにつながる危険行為になります。オススメしない方法を書くのも何なので

  今回は紙粘土を使うことにします。

  家にあった適当な紙粘土をコネコネしてマスクにしました。

  この時もマスクする部分以外には紙粘土が極力触れないように作業した方がいいです。

  紙粘土は乾燥後に収縮するので少し余裕を持って大きめに盛りつけておきます。

IMG_1927.jpg
   マスク完成!!
  後は翌日の塗装を待つだけです。

  これでギラズールの外装部分は全て塗装する事が出来るようになりました。

  手を入れ始めてかなり時間がかかった気がしますが、放置状態にならずに何とか

  ここまで来れたのでよしとします。

  現在は仕上げ作業中ですが、そこで問題発生!!

  機体各部の動力パイプの部品を塗装しようとしてチェックしたら前腕部分に使うパーツが

  一つ足りない ( 〇□〇)!

  とにかく色んな場所を探しまくっても見つからず テンションダウンです。

  パーツ請求するか、自作するか只今検討中です。

IMG_0191.jpg

IMG_0188.jpg

IMG_0190.jpg

  今はこんな感じになってます。

  機体各部の白丸は地味に筆で塗ってます。

  久しぶりの筆塗装は難しいですね。

  パーツ紛失の為にあと少しで完成なのに足止め状態です。

  みなさんはこんな思いをしないように細かなパーツの管理はしっかりとして下さいね。

  完成は何と見えてきましたので、そろそろリゼルの方にも手をつけていきたいです。

  F2ザクも塗装に入りました。F2ザクは何だかサクサク作業が進んでます。

  その辺りは次回のエントリーで紹介出来ると思います。

  しばらくはキットの購入予定も無いので手元のキットの消化を進めていきたいです。

  リゼル2種類 → ユニコーンガンダム2形態 → クシャトリヤ と行きたいところです。



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC リゼル(隊長機) キットレビュー

  • :2010.03.19
リゼル隊長機機タイトル
b_b.gif HGUCでリゼル隊長機が発売されました。
   
   キットは以前に発売された HGUCリゼル一般機のバリエーションキットになりますので

   今回はその変更点を中心にレビューしていきます。

   可動範囲などは HGUCリゼルのキットレビューを見てください。

Read more...

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ギラズール その4

  • :2010.03.17
ギラズールタイトル
b_b.gif 予告通りHGUCギラズール製作記です。

  HGUCギラズール第4回目ですが、このギラズールも出来のいいHGUCキットなので

  たいしたネタはございません。

  とりあえず、前回までに紹介出来なかった事を少々書いてみたいと思います。

  前回のF2ザクでも紹介した HQパーツさんのパワーパイプですが
  70726f647563742f4d4f44454c55502f707033312e6a70670033303000.png
   せっかくなのでギラズールにも使ってみることにしました。

   とりあえずはお約束の足の裏に
IMG_1918.jpg
  バーニアの底に単純に穴を空けてメタルパーツをハメただけですがこれが
  大きさを測ったかのようにぴったりフィットします。
  画像はフィッティングの為に2個だけはめてありますが
  最終的にはちゃんと全てメタルパーツをはめる予定です
  後は別々に塗装して組み上げるだけです。

IMG_1914.jpg
  バーニア部分以外で
  ビームホーク先端のビームを取り付ける部分にもこのメタルパーツをはめてみました。
  先端用のビームパーツは何の加工も無く取り付けることが出来ます。

  後はバックパックの小型バーニア等もこのメタルパーツに置き換える予定です。

  このメタルパーツはあまり自己主張しないデザインなので他にも色々と使えそうです。


最後に袖付きとも言われる由縁になってる各部の紋章部分ですが

  サフ吹き → 黒塗装 → マスク → 紋章塗装で行く事にしました。
IMG_1921.jpg
   マスク完了
  いきなりマスク完了してますが、かなりめんどくさい作業でした。
  2日に分けて作業しました、あと塗装前に紙テープでもう少しマスクすれば完璧。
  形状的に難しいかと思った袖口の紋章も単純2次元曲面だったので思ったよりは楽でした。
  この経験がいつ作るか分からないHGUCクシャトリヤに活かせればいいんですが...
  
  
  現在ギラズールは全体のサフ吹きがほぼ終わり、最終の表面チェックをして

  もうすぐ本塗装に移るところまできてます。

次回予定
今週はHGUCで『リゼル隊長機』が発売されるのでそちらのレビューもしたいと思ってます。
HGUC 1/144 リゼル(隊長機)
HGUC 1/144 リゼル(隊長機)
バンダイ 2010-03-20
売り上げランキング : 1041


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容的には以前発売された『リゼル一般機』のバリエーションキットなんですが、
変更された部分にかなりインパクトあるのでその部分を中心にレビューする予定です。

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

HGUC ザクF2 製作記 01

  • :2010.03.16
F2ザクタイトル
b_b.gif 今回はHGUCザクF2の製作記の紹介です。

 決してHGUCギラズールの製作が嫌になった訳では無く、エアブラシホースをねずみにやられて

 サフ吹き作業が中止になっていた穴埋めでこちらの作業をしてたんですが、作業してみて

 改めて思うんですがやっぱり出来がいいです。

 最近のHGUCシリーズは本当に出来がいいんですが、特にF2ザクの出来はよく感じます。

 本当に待った甲斐があるというもんです。この勢いでHGUCシリーズで是非ジムキャノンⅡを

 リリースして欲しいんですが、それは贅沢というもんでしょうか?

 余分な話はさておき、さてこのF2ザクをとりあえずどう料理するべきか考えてみます。

 いろんなバリエーションが考えられますが、やはりここは『キンバライド基地』の

 『ノイエン・ビッター少将』機としてまずは製作してみることにします。

 製作するポイントとしては ノーマルF2との相違部分の製作、といっても

 背面のロケットブースター位ですが、後はカラーリングの塗り分け部分の変更位ですかね

 キット自体の出来がいいので後は各部のディテールアップを中心に作業していきます。

 さくっと製作ポイントも決まった事なので早速手を動かしていきます。

 殆ど合わせ目がでないF2ザクですが 肩、ショルダーアーマー、フクラハギ下部のフレアに

 合わせ目があるのでこの内の肩とショルダーアーマーは特別な処理をしないので

 まずは接着します。

IMG_1912.jpg
   4日ほど乾燥時間を取りやすり掛けした状態です。あとはとりあえず捨て
  サフして様子をみます。


機体各部にある中型のバーニアは全てメタルパーツに置き換えてます。
まずはランドセル上部にあるバーニアを置き換えてみます。
仕様したのは HQパーツさんの このパワーパイプです
70726f647563742f4d4f44454c55502f707033312e6a70670033303000.png
もともとはザクなんかの動力パイプに使ったりするものですが、HGUCサイズ用の
バーニアとして形状、サイズともにぴったりな気がしたので今回使っています。

IMG_1908.jpg
   手元にあった色んな工具でとりあえず丁寧にバーニア部分を開口していきます。
  キッとのバーニアを全て取り除いても多少キツイので少しずつ様子を見ながら
  穴を広げていきます。
  画像は調整中の段階なのでメタルパーツが完全にハマりきってません。
  このあと微調整してバーニアがランドセルと面一になるようにしました。


同じようなバーニアが脚部にあるので作業していきます。
とここで問題が発生!
メタルパーツとキットのディテールのサイズが微妙に合わない
多少キットを削り込んで対応しようとしたもののこのディテールの裏側はもろに
足首の接続用パリキャップの穴と被っていて下手な事すると強度不足で破損って事に
なりかねないのでやむを得ずつぶし玉のみのディテールアップに留めることにします
ランドセルが上手く処理できた故にかなりのテンションダウンです。
IMG_1911.jpg
   気を取り直して
  バーニア中心に1.5ミリの穴を空けてバーニアの縁は面取りビットを使ってシャープに
  仕上げておきます。

脚部にはもう一箇所バーニアがありますがこちらはメタルパーツが入る余裕があったので
下穴を空けてから慎重に穴を拡大していきます。
IMG_1915.jpg
   チマチマと作業して、こんな感じになりました。

今回はとりあえずこの辺まででひとまず終了します。
結構チマチマト作業してると使った時間の割に作業が進んでない気がしますが
マイペースに行きたいと思います。

ちなみなこのHGUC F2ザク 連邦バージョンもロトと同時に購入してまして
結局5機分のF2ザク我が家に集結しております。
今2機同時に作業してるんですが、それでもまだ後3機分残ってましてそれを
どう料理するか検討中です


基本のジオン仕様のF2ザク
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
HGUC 1/144 F2ザク ジオン仕様
おすすめ平均
stars実にF2らしいスタイル。
starsザクIIも30th
stars期待通り!
starsこれはいい!
starsBOXアートはアニメーションぽくって良いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


成型色、マーキングシール違いの連邦仕様の F2ザク
HGUC 1/144 F2ザク 連邦仕様
HGUC 1/144 F2ザク 連邦仕様
おすすめ平均
stars秀作
stars連邦に下ったか…その姿は忍びん…
stars装備を何とか・・・
stars成型色の好みによると思う

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とにかくこのHGUCF2ザクHGUCシリーズの中でも個人的に上位に入るおすすめキットなので
作った事ない人は是非作ってみて下さい
それではまた次回まで 次回は多分ギラズール製作記だと思います。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ロト ツインセット キットレビュー

  • :2010.03.12
ロトタイトル
b_b.gif HGUC新作 『ロト』がツインセット(2機入り)で発売されました。

 今回は2機同時に作る気力が絞り出せなかったので1機だけのレビューです。

 2機揃えた方が絵的にもいいんですがダメでした。 。゚(ノдヽ)゚。

 頑張ってゲート跡を処理して、整面作業してヒケも目立ちにくくはしてあります。

 付属シールは使ってません。なので見た目地味な写真が多いです。 

 それではHGUCロトのキットレビューどうぞ!

  
 

Read more...

参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ

HGUC ギラズール その3

  • :2010.03.09
ギラズールタイトル
b_b.gif 久しぶりの製作記再開です

   まずはギラズールから始めて行きます

   久しぶり過ぎてドコまで作業しててドコからの作業を書いていいものか忘れつつありますが

   自分のブログを参考に続きを書いていきたいと思います。

   作業場所を移動した前後で画像の背景にバラツキがあって見にくいかもしれません
IMG_1767.jpg
  胴体脇の動力パイプ
このパイプは腰の前後と胴体の3箇所で接続されているんですが
胴体部分の接続部分は見栄えがよくないので切り取って整形しました。
切り取った部分は胴体側へ接着してここも整形しました。

IMG_1768.jpg
  リアア-マー裏
  リアアーマー裏は正面から見た時に結構目立つんですがディテールが殆どないので
  エバグリのプラ材で簡単にディテールアップ
  画像は本当に簡単すぎるのでこの後チマチマと手を入れてます。

IMG_1769.jpg
  予備マガジン裏
  予備マガジンの裏には肉抜き穴があります。この内フロントアーマー装着時に
  いちばん外側に来るマガジンは後ろから見ると肉抜き穴が目立つのでその一つだけを
  プラ板で塞ぎました。
  この辺りは結構ザックリでいいと思います。

IMG_1771.jpg
  股間穴隠し
  最近のバンダイは股間のアクションベース用の穴を隠す為の蓋を付けて
  くれなくなりました。小さい子の誤飲防止とかの関係なのかもしれませんが
  個人的にはこの穴が見えるといくら綺麗にキットを作っても興冷めしちゃいます。
  なので蓋を自作するんですがこの作業が面倒に思えて嫌いです。
  今回はプラパイプと丸一モールでちゃちゃっと作りました。
  今後はこの蓋をなるべく付けて欲しいんですが どうなんでしょかバンダイさん?

IMG_1910.jpg
  モノアイ
  キットにモールドされているモノアイは約2.5ミリ程度ですがそれに合わせて
  市販パーツを貼りつけると 少々小さく感じたので3ミリの物を使う事にしました
  ただ3ミリだとこのパーツの幅とほぼ等しいため3ミリの穴を空けると
  パーツの破損につながりやすいのでとりあえず2.5ミリで穴をあけて
  その穴を面取りビットで表面付近のみを3ミリまで拡大させました。
  これで3ミリのモノアイパーツを組み込めるようになりました。

  IMG_1772.jpg
  ブレードアンテナ
  隊長機である証のブレードアンテナですが、キットは当然シャープさが感じられないので
  ヘルメットに接着後に削り込んでシャープに整形します
  完成後に倒れたら一発で折れる位まで削り込みました。

ギラズールの今回の工作はこれで大体終わりつつあるので先行して
接着してあるパーツをヤスリつつサフ吹き作業に移っていきます。
今回は襟や裾等にある紋章部分の塗装が面倒ですが地味にマスクしながら進めていきます。


次回HGUCキットレビュー予定
HGUC 1/144 ロト ツインセット
HGUC 1/144 ロト ツインセット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初はそれ程、気になるキットでも無くスルーで行く予定でしたが
ユニコーンガンダムの劇中でその小型兵員輸送機としての使われ方がしっかりと描かれていて
目立った活躍こそ無いものの印象に残った機体なので急遽キットレビューする事にしました。
それではまた次回まで



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :

我が家の問題

  • :2010.03.08
我が家の問題の一つに 『ねずみ』 があります。

以前は皆無だったのに、ここ1年ほどはかなりひどくなりました。

本当に色んな所がかじられます。

普段人がいる部屋はそれほど問題にはならないんですが、

自分が模型作業する部屋は自分が作業するとき以外は無人状態なので

たまに部屋に行くと色んなものがかじられてます。 (-д-;)

以前にブログにも書いたんですが、そろそろガンプラ再開しようかと部屋に行って

とりあえず途中まで作業してあったHGUCギラズールのサフ吹きの準備して

いざ、エアブラシを持ってみたら接続ホースが見事に噛みちぎられておりました。 ヽ(#`Д´)ノ

作業しようとして自分のせいでも無い理由で作業が中断してしまい イライラMAX状態

時間はすでに深夜なのでホースを買いに行くこともままならぬまま結局

週末まで塗装作業は中断です。

その替りにHGUCF2ザクの作業をしてたのでとりあえずはブログ用の多少のネタは確保

今回はホースを買いに行った時についでに買った物の紹介を少々

まずは、当然接続用のホース これは600円弱で買えました。

続いては
IMG_0131.jpg
コトブキヤから発売された『丸指ハンドA』を1つ
以前から気になってたんですが、買うタイミングを逃してなかなか入手出来ずにいたんですが
再入荷されていたのでとりあえず1つだけゲットしておきました。
当然HGUCF2ザクに使いたいんですがまだ未開封状態でフィッテングもしていないのでまだ
なんとも言えませんが、HGUCギラズールもあるんでどちらかには使う予定です。
同じコトブキヤから発売されているカスタムハンドAもかなり欲しいんですがこちらの方が
かなり入手困難でネットで買おうとも思ったんですが送料、手数料のことを考えると
なかなか手が出ないんです。

最後の物がこれです。
Mrホビーから発売されている塗料4本セット
その名も『みるきぃ★ぱすてる』グリーンバージョン
IMG_0129.jpg
『AS-MODEL GP』も遂にフィギュアに手を出すのか!?


違います!! キッパリと言えます。
だって 『AS-MODEL GP』のGPはガンプラの略ですから
それなら何故にこんなものを買ったのかというと
IMG_0130.jpg
4本中の3本がグリーン系でガンプラに使えそうだったのが理由なんですが
今手元にあって作業をしているキットが いずれもHGUCなんですが
『ギラズール』『F2ザク』『ジェガン』『スタークジェガン』作業予定としてて
『クシャトリヤ』何故かみんな緑っぽいんです。

しかもこの塗料、丸指ハンドのすぐ下に置いてあってなんだかその組み合わせに
みような連帯感を感じて買ってしまいました。
でもレジに持っていくとなんだか妙に恥ずかしかったのは
この塗料を買った人ならば分かってくれると思います

この塗料の説明書がまた無駄に力が入ってるんですが
iro01.jpg


iro02.jpg


塗料の説明よりキャラ設定の方が断然でかい

この塗料で早く塗ってみたんですがそれは、もう少し先になりそうです。

次回は久しぶりのHGUCキット製作記になると思います

それではまた次回まで



参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ
  • :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。