FC2ブログ

 
 

アドバンスド・ヘイズル編:28 ブースターほぼ終了

  • :2006.02.21
20060221183812.jpg
◆前回はギャプランブースターをちまちまと作業した所まで
紹介したので今回はその続きからいきます

◆前回はどう処理しようか迷っていた翼の部分ですがやはり
余分な部分(フラッグ)は切取り ふちの部分は翼らしく
薄く削り込みました 
20060221184206.jpg
↑左が処理前で 右が処理後
かなり鋭くなったので取り扱い要注意です

◆それから後部のノズル部分はでかくて目立つ場所の割りに
あっさりしてるので市販のノズルパーツを貼ってみた
ついでにセンサー部分もプラ材で軽くディテールアップ
20060221183304.jpg
↑どれも簡単なディテールアップです

◆工作部分はこれくらいで塗装に入ります
いつもどおりにまずはサフ吹きして下地の黒を塗装後に基本色を
塗っていきます 時間の関係で1日目に下地まで行って
翌日に基本色 さらに翌日にマスキングして塗り分けを行いました
20060221185335.jpg
↑2日目で基本色まで塗り終えた段階です

◆ここから嫌なマスキング処理をしてメカ部分などを塗り分けて
いきます
場所によって3種類の太さの異なるマスキングテープを使ってます
まずは一番の壁となる後部のノズル周辺です
キーっとなるのを抑えつつ何とか終了
20060221183240.jpg
↑TV見ながらだったので1時間くらいかかちゃいました

◆次にブースター本体をマスキング
ここはそんなに面倒な部分は無いけれど面積が多いので大変
本当はメカ部分を塗装後にマスキングして本体の基本色を塗るのが
正解だと思いますが 後部のノズルと同じ工程で作業したかったので
こうなりました
20060221183252.jpg
↑後ろの方は塗り分ける部分が無いので適当な紙で
マスキング

◆ノズル部分はこれまたいつもの通り下地の黒を塗装後に
スーパーメタリックカラーのファインシルバーで塗装しました
本体、ノズル共に乾燥後に組み合わせると
20060221183317.jpg
↑後ろから
20060221183331.jpg
↑横から

◆何とかここまで出来ました 後はもう少ししっかりと乾燥
させてからシルバー部分をウオッシングと墨入れをする予定です
それからデカールを作成して貼り付ければブースターは完成!
スーパーメタリックを使うついでにアドバンスドヘイズルの
リアアーマー部分に入れるバーニアも塗装しました
20060221183349.jpg
↑こっちも輝きすぎてるのでブースターのノズルと同様の
処理をします

★気が付けばもう2月も下旬です 予定ではガブスレイ作成してる
頃なのに... 亀のような作業スピードです そうこうしてる内に
パラスアテネが発売になります

HGUC パラス・アテネ
(By ホビースト)
気になるキットの詳細は
■イロプラ使用により設定色を再現。
■シールドの装備をリブ差しでなく、ジョイントを追加しマウントパーツをスライドで
取り付けすることによりリアルさを追求。
■脚部の爪は上下に、背部のムーバブル・シールドは前後左右に可動。
■各動力バイブは可動の妨げにならないように軟質素材で再現。
■肩は可動軸を設け前後の可動を再現。
■武装は連装式ビームガン×1、シールド×1、大型ミサイル×8、ビームサーベル×2が付属。
■手首は細かいディテールを再現。
■細部カラー再現のためホイルシールド付属。
とまあこんな感じです 
スタイルも今風にまとめられていていい感じです

◆ブースター部分はスムーズに進んだので次はネックのフルドドへ
行きたいですが まずは本体の細かな部分を仕上げて行く予定です
それでは また次回まで


関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)