FC2ブログ

 
 

HGUCケンプファーその2

  • :2008.11.03
タイトル0
◆HGUCケンプファー製作記その2
前回は頭部の改修まで紹介したケンプファーですが
今回はそのおさらいと腿の改修を中心に紹介していきます
IMG_0817.jpg
前回の状態から少し進んだ状態です
頭部は前回と一緒
胴体前面にある補助バーニア?は設定だと内部形状が円形なので
市販パーツに置き換えてます

IMG_0818.jpg
どうです? 頭部の改修でかなりの精悍な顔つきになった
と思いませんか?

◆それでは本題の腿の改修
と言ってもそれほど難しいものではありません
方法としてはプラ版で受けを作りそこにパテを盛り削り込んで
形状を整える そんなベーシックな方法です
使ったパテはアルテコです
IMG_0828.jpg
横から見た状態
白い所が改修ポイントです

IMG_0829.jpg
正面から
これから→サフ吹き→表面のチェック後→必要ならもう一度サフ吹き
と進めて塗装へと移っていきます
ちなみに中央の分割ラインは嫌いなのでこの後消しました

◆その他の改修ポイント
・その1 背面バーニアカバーのくぼみの開口
 キットでは開口されていない部分ですが ここは放熱用に
 開口されている方がいいように思えたので1つずつ丁寧に
 開口しました
 カバーのエッジ部分もシャープに削り込んでます
 ただし手首にあるくぼみは開口すると強度不足に思えるし
 放熱が必要な部分とも思えないのでそのままです
IMG_0816.jpg
この穴をきれいに開口するのは結構面倒です
1つずつ落ち着いて作業することをお勧めします

・その2 各部のエッジのシャープ化
 機体各部にプラの厚みがそのまま出ている部分が
 結構あるのでそれらを削り込んでシャープにしていきます
IMG_0812.jpg
腕部では上腕のカバー前腕のカバー部をシャープ化

IMG_0814.jpg
脚部は裾のフレア部をシャープ化
バーニア部は塗装の便と立体感の無さを改修する為に
くり貫いてとりあえず仮のバーニアを入れて様子を
見ている状態です

と今回はここまで 今回紹介したのはそれほど難しくも無く
効果も高いのでお勧めです
ただ時間が無い時やイライラしてる時に作業するとエッジがヘロヘロに
なりやすいので要注意!!


関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)