FC2ブログ

 
 

HGUCケンプファーその3

  • :2008.11.16
タイトル0
◆HGUCケンプファー製作記も第三回目になりました

・今回は今までに比べ細かな部分の改修を紹介していきます
まず最初に股間部分のノズルを改修していきます
この股間部のノズルは立体感に欠けるのに加え塗装の便を考えて

IMG_0815.jpg
↑先ずは股間の前後のノズル部分を削ってくり貫きます
ルーターで大まかに削り込んでからデザインナイフ、ヤスリで仕上げます

IMG_0819.jpg
↑左の前側のノズルは市販パーツで合うものが無かったので
エバグリのプラ材を組み合わせて製作
右側のノズルはストックしてあった市販パーツの中にぴったりと合うものが
あったのでそのまま使う事に


・割と最後まで悩んだのが肩の小型バーニア
キットのままだと塗装の便が悪いのに加え経常的に少々小さく感じる
単純にキットのバーニアを別パーツ化すれば塗装の便は良くなる
ただそれでは小ささは解消されない 
ちなみにキットのバーニアの直径は約4ミリ
肩とのバランスを考えると5ミリまでは大型化できそう
でもここで問題発生!! 手持ちの市販パーツのバーニアで5ミリ径の物が
無かった メーカーのHPで5ミリ径のバーニアを探してはみたものの
合うものが見付からない
色々と考えた結果こんな結果に
IMG_0830.jpg
コトブキヤの丸ノズルの5mm径の物の底をくり貫いて
キットの物と接着 後は乾燥後に整形して塗装後にはめ込んで完了
これを左右あわせて6個ちまちまと作業しました


・密かに好きな足裏の製作
最近のHGUCはキットそのままの状態でもかなりディテールが入っていて
そのままでも全然問題ない出来なんですが、ちょこっとだけ手を入れる事に

IMG_0831.jpg
↑丸い部分三箇所をくり貫いて市販パーツを埋め込む事に
中央にあるバーニアはエッジ部分の厚みが気になったので
削り込んでシャープに整形


・さて、ここから塗装なんですが これが結構大変
まずはバーニアの塗装から バーニアは銀塗装するので下地に黒を塗ります
それから銀を塗装して乾燥後内部の黄色を塗装
IMG_0837.jpg
↑左はバーニア部分をマスクして本体色の青を塗った状態で
 右はグレーを塗る部分をマスクした状態
 ここに黒を塗ってからグレーを塗装
 マスクをはずしたら墨入れをして完成
分かりやすく説明すると
バーニア■→バーニア■→バーニア→バーニアマスク→
グレーを塗る所以外をマスク→→墨入れ とこんな感じで終了

市販パーツを組み込んで完成した状態の足裏です
IMG_0905.jpg
↑手間をかけただけあって満足いく出来になりました
いやーでも 疲れた~ 
次回はその他細かな部分と武器関連でHGUCケンプファー製作記終了です



サザビーとヤクトドーガ・ギュネイ機は積みプラ状態なので
何とか作りたいです ちなみに今はHGUCガンダムMK-2ちまちまと作ってます





関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)