FC2ブログ

 
 

1/48 電撃ホビー付録 ユニコーンヘッド製作 01

  • :2009.11.26
ユニコーンヘッドタイトルのコピー
b_b.gif 今回は珍しく予告どおりに電撃ホビーマガジン付録の 

1/48ユニコーンヘッドディスプレイを製作していきます

ただこの1/48スケールのガンプラって今までに造った事が無いので

どういった製作方法がいいのかピンとくるものが無いのでとりあえずは

通常のHGUCの作業を基本にして進めていきます

IMG_1659.jpg
   レビュー用に組み立てた物をとりあえずバラします
首の部分のクリアーパーツ(B1,B2)はかなり硬かったのでそのまま作業する事にします
この状態でとにかく各部のヒケを消したり筋彫りが甘い所などを彫りなおす等の
基本工作を一通りします

IMG_1660.jpg
   ユニコーンモード時のマスクは淵の厚みが気になったので削りこんで薄くしました
左が未処理で右が処理後ですが白いパーツなので画像ではいまいち分かりませんね

IMG_1661.jpg
   即頭部のパーツは裏側の肉抜き穴が目立つのでラッカーパテで埋めておきます
ラッカーパテは時間かけて乾燥させないと後で強烈に肉痩せするので出来るだけ
早い内に処理して乾燥時間を稼ぎます

IMG_1662.jpg
   アンテナ基部にも多分肉抜き穴であろう穴があったので即頭部同様に
ラッカーパテで埋めておきます
このパテはスクラッチ(擦り傷など)に使うものなので違う物を使う方がいいんですが
前に仕事で使ってたので癖で使ってしまいます

さてここまできて ふと考えます
サイコフレームをどう処理しようか?
そもそもサイコフレームって実際にあったらどんな風になってるのか
なんて事が全く想像できません
ただこのクリアーパーツをそのまま使っても面白みが無い事は確かです
やっぱり塗装した方がしっくりとくる気がしたので塗装する事にします
でもまたここで疑問があごやクマドリ部分もサイコフレームなのか?
同じ赤なのでいまいち区別がつきませんが
フルアーマー時に緑に変化してるのでここもサイコフレームとして
処理する事にします

塗装は
下地 黒 ⇒ スーパーファインシルバー ⇒ クリアーレッド
こんな感じでいこうと思います
今日はサイコフレームは下地の黒のみ塗装して
外装部は傷チェックの捨てサフを塗装しておしまいです 

amazonではもう電撃ホビー売り切れてプレミアがついてます
今回のユニコーンヘッド気になってる人は
本屋の在庫がある今のうちに本屋へ GO!です

それではまた次回まで
関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)