FC2ブログ

 
 

HGUC ギラズール キットレビュー

  • :2009.12.28
ギラズールタイトル
b_b.gif 今年最後のHGUCギラズールのキットレビューです
 
 今年最後を飾るだけあってかなり良作に仕上がっております

 最速ではありませんがどうぞ!!
IMG_1722.jpg
  まずは基本の巣立ち正面から
 ギラドーガの発展強化更新型との事でギラドーガに比べてかなりスッキリとした印象を受けます

IMG_1723.jpg
  左側面から
 ショルダーアーマにスパイクが無い為にこの角度から見てもスッキリとした感じです

IMG_1725.jpg
  右側面から
 ギラドーガの発展強化更新型のわりにえらくシンプルでザクと同じ様なシールドを装備

IMG_1724.jpg
  背面から
 バックパックもかなりシンプルな箱型の形状をしてます
 ザクと形は似てますが大型バーニアを4基備えてます

IMG_1726.jpg
   このギラズールもモノアイが可動式になっていて
あごの下のレバーで位置を調整することが出来ます

IMG_1727.jpg
   首も最近のHGUC準拠で ここまであげることが出来るので空間戦闘時の
 ポーズが付けやすいです

IMG_1728.jpg
   バックパック
 シンプルな形状ですがキットは外面と内面に分かれているので塗装、ディテールアップ
 共に作業性はいいです

IMG_1729.jpg
   肘関節
 肘は約90度位まで曲がります、もちろん上腕でロールできるのでポーズ付けも十分です

IMG_1730.jpg
   膝関節
 膝関節も肘同様に約90度くらいまで曲がります、片膝ポーズも何とか出来ます
 ポーズ付けに重要な肘膝は大体合格範囲で可動しますし、その他の可動部でも
 極端に狭い様な所はありませんでした

IMG_1731.jpg
   フロントアーマー
 フロントアーマーはいつもどおり左右一体化で整形されています
 いつもなら簡単に左右独立可動に出来るんですが、このギラズールそのデザインの為
 少々勝手が違ってきます
 独立可動させるには軸の切断とフロントアーマーの切断が必要です
 目立つ部分なので独立稼動させる人は慎重に作業して下さい
 あと逆に目立たない部分ですが今回は腿の上部が色分けされてました 
 
IMG_1732.jpg
   バストアップ
 襟や胸部の紋章部分、胸部のフック等きっちりとモールドされてます
 スケールゆえの部分や抜きの関係で多少甘いモールドもありますんでこの辺りを
 シャープに仕上げるとぐっとしまってくると思います

IMG_1736.jpg
   付属品一覧
 ギラズールに付属する武器等です
 武器としては 右上より ビームホーク ビーム2種付属
 ビームマシンガン ハンドグレネードx2 シュツルムファウスト
 ビームマシンガンのカートリッジx2 銃を握る為の右手
 左の平手 各種武装を腰部につける為のステーション
 かなり豊富にあるのでいろんな場面が再現できそうです
 
IMG_1734.jpg
   各種武器をステーションに取り付けるとこんな感じになります

IMG_1735.jpg
   さらに腰部のアタッチメントにつけるとこんな感じです
 ここにもちゃんとポリキャップが使われてますので着脱はスムーズです
 ただここに付ける蓋は小さいので紛失注意です

IMG_1737.jpg
   ハンドグレネード
 左右どちらの握り手でもしっかりと保持することが出来ます

IMG_1738.jpg
   ビームマシンガンに付属するグレネードランチャーユニットは着脱可能です

IMG_1743.jpg
   多少保持力は落ちますがグレネードランチャーユニット単体でも握ることは出来ます

IMG_1739.jpg
   アクションベースを使って

IMG_1740.jpg
  ビームマシンガン装備

IMG_1741.jpg
  ビームホークも左手でつかむ事が出来ます

IMG_1742.jpg
シュツルムファウスト
 ビームマシンガンもそうですがグリップと手の平の凹凸を合わせて保持するので
 かなりしっかりと保持することが出来ます

IMG_1744.jpg
   フル装備状態
 フロントアーマにビームマシンガンのカートリッジを装備して腰には
 ステーションを介して各種武装を取り付けた状態です
 フロントアーマーのカートリッジが大きくてこれだけで結構ごつくなりますが
 裏側が肉抜き穴になってて角度によっては結構目立つので気になる人は裏側を塞いで下さい

HGUCギラズールキットレビューどうでしたか?
HGUCユニコーンガンダムといい今回のギラズールといいかなりいい出来です
色分けに関しても機体各部の細かな黄色い部分まで分割されていますし
左肩のショルダーアーマー、右肩のシールド基部も後ハメ出来るキット構成になってたりと
かなり親切設計になってます

今回不満に感じたのは股間のアクションベース用の穴隠しが無かった事くらいです
なぜか最近この穴隠しパーツが付属しないんですが理由があるんでしょうか?

後これはキットがどうこうではなくてネオジオン残党『袖付き』の特徴である機体各部の
紋章のような装飾部分をどう処理するかによって難易度がかなり変わってくると思います
付属するシールを使えば楽に出来るんですが立体的にモールドされている所にシールを
貼るとどうしてもしわ等が出来いまいちな仕上がりに
塗装で再現しようとするとマスキング等でかなり面倒な事になりそうだし
このあたりをきちんと処理できれば素性の良さと相まってかなりいい物が出来そうですが
さてどうしたものか?

色々と書きましたが HGUCキットとしてので出来は上出来です
続々とキット化が進むユニコーン関連ですがこのままのクオリティーをずっと保ったまま
リリースしていって欲しいです
個人的には期待してるのは 『HGUC F2ザク』だったりしますが
年内は今回で最後かもしれない更新なので 少し早いですが
来年もまたよろしくお願いします

それでは
関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)