FC2ブログ

 
 

HGAW ガンダムX キットレビュー

  • :2010.04.16
ガンダムXタイトル
b_b.gif 宇宙世紀のMSを1/144サイズでキット化していくのでシリーズ名をHGUC

   (ハイグレードユニバーサルセンチュリー)と冠した今シリーズですが

   遂にネタ切れ もとい

   規制緩和で宇宙世紀以外のMSも今後ラインナップに加わることとなりました。

   その第一弾として『機動新世紀ガンダムX』より前半の主役機『ガンダムX』が

   発売されました。

   その出来栄えは、さてどんなものでしょうか?


  キットレビューの前に『機動新世紀ガンダムX』って観てましたか?

  私はリアルタイムで見てて結構好きだったんですけど、人気不調で最初は

  放送時間が移動されて、次には打ち切りにあった不遇のシリーズだったりします。

  自分としては劇中で今までにないビット兵器『Gビット』が出てきた話が

  特に好きでしたね。

  ただ模型としては盛り上がりに欠けてたシリーズで自分もガンダムレオパルドを

  買っただけ(現状も積み状態)でした。

  そんな不遇な『ガンダムX』がキット化ですよ 期待半分、不安半分ですが

  さぁ キットレビュー行きましょうか。

まずは3面から
aIMG_0310.jpg
正面
劇中では割とムッチりしたイメージでしたがHGAW版のガンダムXは
今風なスラッとした感じです。

aIMG_0311.jpg
左側面
この胸のトンガリ感がいいです。

aIMG_0312.jpg
背面
ガンダムXと言えば やはりこの哀愁ただよう背面が一番グッと来ます。

 クルッと一周してみて
 
 色分けに関しては重要な部分は完璧です。
 足りない部分はサテライトシステムのノズル部分などのグレーと
 胸部上面の青紫部分 ただここは余り目立たない部分なので問題ないかと

 合わせ目については前腕とふくらはぎ位でしょうか
 少ない方ですが割と目立ちます。

関節周り
aIMG_0308.jpg
  肘関節
  約90度まで曲がります。

aIMG_0309.jpg
  膝関節
  こちらもおおよそ90度まで

付属シール
aIMG_0334.jpg
  サテライトキャノンの輝きを再現する為のホログラムシールが付属します。
  光の当たり方に寄って七色に変化して綺麗です。
  
aIMG_0335.jpg
  もう一枚のシール
  こちらは足りない色を補うのに使います。おなじみのツインアイなどのセンサー部分は
  画像でも分かると思いますが 大きな場所を占める黒い部分はライフルのシールド部分
  (分かりにく表現ですが)の縁に貼るためのものです

付属武装
 サテライトキャノン以外の武装 
aIMG_0307.jpg
  左側がシールドバスターライフルで変形機構はオミットされそれぞれの状態で
  再現されてます
  上側がシールドを展開した状態で
  下側がライフル状態になります。

  右上側が大型ビームソードのビーム部分で
  その下がショルダーバルカンです。

シールドバスターライフル
aIMG_0324.jpg
  シールドバスターライフルはグリップ部分を外してサテライトキャノンの下部に
  取り付けが可能です。

aIMG_0329.jpg
  ライフルは左手でも装備可能です。

aIMG_0330.jpg

aIMG_0337.jpg

aIMG_0321.jpg

aIMG_0336.jpg

aIMG_0323.jpg

aIMG_0320.jpg
  シールド状態のライフルは
  なんだかポーズ付けしづらい どうすればいいのかいまいち分からないです。

大型ビームソード
 サテライトキャノン基部にマウントされている武装で着脱はキットでも再現されてます。
aIMG_0327.jpg
aIMG_0326.jpg
aIMG_0325.jpg

ショルダーバルカン
aIMG_0318.jpg
  収納状態

aIMG_0319.jpg
  展開状態
  劇中で使用したかどうかイマイチ記憶にない装備

サテライトキャノン
 ガンダムXの代名詞とも言える装備がこのサテライトキャノンですが
 銃身のスライド、グリップ展開、リフレクターの展開を一部差し替え
 ではありますが完全再現してます。
aIMG_0305.jpg
aIMG_0297.jpg
aIMG_0299.jpg
aIMG_0300.jpg
aIMG_0301.jpg
  その名の通りXのシルエットを持つ展開状態のリフレクターユニット

aIMG_0306.jpg
  ホバーリングモード
  どんな原理か分からないけれど長距離ジャンプが出来るのがこのホバーリングモードで
  この形態へは差し替え無しで出来ます。
  ここで我が家のアクションベースが破損してしまいこんな画像しか撮れませんでした
  近い内に差し替えるようにします。

aIMG_0313.jpg
  サテライトシステムは簡単に外すことが出来ます。
  外した背面はかなりシンプルです。
  右の穴がサテライトシステム用の取り付け穴で左の穴がショルダーバルカン用になってます。

aIMG_0314.jpg
  背面ユニット下部には
  今回未使用の取り付け穴が有ります と言うことは・・・

aIMG_0316.jpg
  胸部のクリアーパーツはHGUCリゼルと同様にビーム刃と同じ素材で成形されてます
  組み立て説明書には内面にホログラムシールを貼るように指示がありますが貼ってません


■ ■  総 括  ■ ■

さて実際にHGAW ガンダムXを組んでみて思った事ですが

スタイルだけで見ればかなり上出来なスタイルなんですが

正直 今一歩な感じがしました。

最近レビューしたキットの出来が良かっただけに余計そう思えるのかもしれませんが

・不満点としては手首、肩の付け根のポリキャップがかなり目立つ

 F2ザクではちゃんとカバーパーツがあったのに・・・

・手首が最近では珍しく左右の握りこぶし1種類しか付属しない

 せっかく目玉のサテライトキャノンがあるのにそれを構えるための専用手首が

 付属しない、HGUCリゼル隊長機には付属したのにそれが今回は無い

 ガンダムX自体少し小さめな機体なのでその手首も同様に小さく

 他からの流用や、ディテールアップパーツに置き替えるのが難しい

 なのでここは何とか頑張って欲しかった

・手首の保持力も甘くライフルの自重に負ける

・サテライトキャノン下部の未使用の取り付け穴が目立
 
 股間のアクションベース用の穴は半ば諦めてますがここには
 
 カバーパーツ付けて欲しかった

ランナーの不自然な配置やスイッチの位置からしてもバリエーションキットとして

『ガンダムX ディバインダー』まで出せる構成になってるのは明白なので

いつになるか分からないけれどその時にはもう少し詰めてこの辺りの改善がされる事を

祈ってます。

HGUCとしては新たな試みなのでまだ未知数な所もあるんでしょうが100体以上のキットを

リリースしてきたバックバーンがあるシリーズなので

次回の『ゴッドガンダム』に期待したいところです。


このキットレビューが役に立ってるのか ふと疑問に思ったので
多少でも役に立ったらポチッとしてください。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

次回は 多分ロトの製作記になると思います
それではまた次回まで
関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)