FC2ブログ

 
 

HGUC ギラ・ズール(アンジェロ・ザウパー機) キットレビュー

  • :2010.12.22
ギラズールアンジェロ機タイトル

b_b.gif 久しぶりのキットレビューでございます。ただし最新キットではなくてちょい前に

 発売になった HGUCギラズール アンジェロ・ザウパー専用機です

 旬なキットではありませんがしばらくお付き合いください。

 このアンジェロ用ギラズールは以前に発売になったHGUCギラズールの

 バリエーションキットになります。

 なので可動範囲等の基本的な所はギラズールと重複するので

 一度 HGUCギラズールのキットレビューをご覧ください。

 今回はHGUCギラズールとの相違点を中心にレビューしていきます。

まずは基本三面から

IMG_2560.jpg
追加パーツによってかなり、いかつくなり強そうに仕上がってます。

IMG_2562.jpg
目を引くバックパックは後ほど詳しく見ていきます。

IMG_2563.jpg
  左側面から
  バックパックに装備されたセンサー兼放熱板らしき物が目立ちます。
  この部分は上下に可動します。

IMG_2564.jpg
  右側面から
  追加武装のランゲ・ブルーノ砲・改の大きさがよく分かると思います。


ギラズール(一般機)との相違点
IMG_2571.jpg
   ショルダーアーマーは一般機の左肩にトゲが付いた状態+追加パーツに
   よってかなりトゲトゲしてます。濃い紫の部分は1パーツで整形されてます。
   
IMG_2570.jpg
  バストアップ 基本的なキット構成は変わりませんが胸部、襟部分の
  紋章部分がフル・フロンタル親衛隊隊長という事で豪華になってます。

IMG_2583.jpg
  紋章部分の違いは勿論この袖付きの由来にもなってる袖の部分にも現れてます

IMG_2574.jpg
  一般機では装飾が施されていなかった膝部分にも装飾が施されてます。
  ただしこの装飾部分の中央に分割線が来てるのは製作する上でちょいと厳しいです。

IMG_2573.jpg
  モモ側面 一般機よりも大型で装飾のついたカバーで覆われてます。
  バーニア自体も大型化してます。

付属装備
IMG_2575.jpg
  ギラドーガと同形状のシールドが付属

IMG_2576.jpg
  このシールドは中央の部分で折り曲げることも可能。
  シュツルムファウストは付属してません。

IMG_2565.jpg
  付属装備というとちょっと違いますが圧倒的なボリュームを誇るバックパック
  その機能はシナンジュと共に作戦行動が出来るようにと強化された推進力と推進剤
  (この辺りはフルバーニアンを髣髴とさせるデザインです)
  索敵機能強化の為のセンサー、機体唯一の武装であるランゲ・ブルーノ砲・改の
  懸架と多目的なものになってます。
  
IMG_2568.jpg
  ランゲ・ブルーノ砲・改 基部複雑なモールドが施されてます。

IMG_2566.jpg
  かなり複雑な構成をしてます。この何とも言えないごちゃごちゃ感が好きです。

IMG_2569.jpg
  ランゲ・ブルーノ砲・改のグリック周辺
  方手、両手持ちどちらにも対応できるようにグリップは二つ装備してますが
  どちらのグリップも非可動です。

IMG_2578.jpg
  両手で持たせると少し窮屈な感じがします。

IMG_2582.jpg
方手持ちの方がシックリする気がします。


アクション

と言っても劇中での活躍とランゲ・ブルーノ砲・改の取り回しの悪さで

あまり派手なポーズが出来ませんでした。

手元にシナンジュのヘッドディスプレイがあったので素組みですが

大佐大好きなアンジェロ君の為に使ってみました。

IMG_2580.jpg
後方待機中

IMG_2579.jpg
大佐の戦場を汚した瞬間

総 括

ベースになったHGUCギラズール自体が スタイル、ギミック、共に優れたキット

だった為に今回のアンジェロ機も基本的に優れたキットになってます。

ただし一般機と比較するとその完成度は少し劣る気がします。

原因は3つ

1つ目は機体各部に追加されたパーツとバックパック、ランゲ・ブルーノ砲・改

の出来が今ひとつな感じがする為。

形状的にはそれ程問題はないのですが大味なパーツ分割や抜きの

関係による各部のモールドの歪みが秀逸な出来の一般機部分との違和感を

どうしても覚えさせてしまう。

2つ目はデザインによる所が大きいのだが機体各部の紋章部分や白ラインの

処理がどうしてもキット製作の上で障害になる(この辺りは製作者のスキルに

よってかなり比重が変わる部分だけど)この部分のシール対応は如何な物か?

3つ目はプレイバリューの低さ これも設定による所が大きいのですが

付属装備が少なくシールドとランゲ・ブルーノ砲のみ

ランゲ・ブルーノ砲は可動範囲が狭くそれによる構えにくさ、ポーズ付けの幅の少なさ

こう書くと何だか出来の悪いHGUCキットに思われるかもしれませんが

個人的にはすごく魅力的なキットだと思います。

誰が作っても同じ様に高密度に仕上がるRGシリーズ、これはこれで良いんですが

手を入れる事によってその良さがグッと引き立つ、こんなキットも良いんじゃないでしょうか?

今まで素組み派だった人には、各部のモールドをアフターパーツに置き換えたり

部分塗装してみたりするには非常に適したキットだと思います。

時間に余裕が取れるようになったら製作してみたいキットの一つです。

いつになるのか分かりませんがね...

まだまだ、HGUCの速攻キットレビューは不可能ですが、今回みたいに

マイペースでキットレビューしていきますんで、これからもよろしくです。

HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)
HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)
バンダイ 2010-07-31
売り上げランキング : 10871


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)