FC2ブログ

スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

HGUC ザク I スナイパータイプ 製作記:02

  • :2011.09.05
ザクIスナイパータイトル
b_b.gif さぁて HGUC [ザクIスナイパータイプ]第2回目です。それでは実際に手を動かして

  作業を始めていきます。

  パチ組してからずいぶんと、時間が経っていたのでバラスのに多少てこずりました。

  バラしながら後ハメ部分の処理を考えていきます。

  後ハメした方が良さそうな部分は、肩と上腕の接続部分、肘関節と前腕、頭部外装と

  頭部内部の3箇所

  後ハメしたいけど 労力、強度の関係でしないのが腿と膝間接部分として作業を進めます。

IMG_5159.jpg
   腕部をバラした状態。 最近のHGUCでは、見られなくなった間接パターンですね。
  肘関節の両端部分が、このままでは挟み込みなのでそれを順に解消していきます。

IMG_5160.jpg
   色んなパターンで後ハメすることが出来ますが、今回は、2mmのプラ棒による
  接続へと接続方法を変えての後ハメ加工をします。
  
  最初に上の矢印部分の上部の挟み込まれる丸い部分をきり飛ばします。
  きり飛ばしたらその中心に2mm径の穴を空けておきます。

  次にその下の四角いブロックにポリキャップを仕込んでいきます。
  下の矢印の辺りには肉抜き穴があるので、そこを拡張して穴を開けます。
  穴に収まるポリキャップで2mm位の穴が開いている物をジャンクポリキャップ
  からチョイスしてはめ込みます。

  画像左の物が処理後のものです。
  ポリキャップがはみ出しているのでこの後切り取って上腕パーツをはめて様子を見ます。

IMG_5161.jpg
   肩ブロックには2mmプラ棒をガッチリと接着しておきます。
  軸の周りには少し隙間が出来るのでプラ材で埋めておきます。
  この軸は真っ直ぐに接着しないと腕自体が歪んでしまうので要注意です。
  これで、肩と上腕の後ハメが可能になりました。

IMG_5216.jpg
   続いて肘と前腕部の後ハメ加工をしていきます。
  画像の矢印部分3箇所を削っていきます。この辺りは微調整を繰り返して軽く
  パチッとはまる程度にしておきます。 これで、ここの後ハメ加工は終了です。

 ここまでの作業を両腕分済ませば、腕部の後ハメ加工は終了です。

 後は腕部を各ブロック事にディテールアップや表面処理していきます。

 この辺りで、今回はタイムアップです。
 
 今回は ガンダムUC版のカークス用ザクIスナイパーの記事と言う内容では

 ありませんでしたが、同じ様な間接パターンを持つHGUCキットには有効な方法の
 
 一つのなので、覚えて置いて損は無いと思います。

HGUC 1/144 MS-05L ザクI・スナイパータイプ (ハーモニー・オブ・ガンダム)
HGUC 1/144 MS-05L ザクI・スナイパータイプ (ハーモニー・オブ・ガンダム)
バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 4216

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
HGUC 1/144 MS-05B ザクI (機動戦士ガンダム) HGUC 1/144 EMS-10 ヅダ (機動戦士ガンダム MS IGLOO) HGUC 1/144  AMX-009 ドライセン (ユニコーンVer.) (機動戦士ガンダムUC) HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 連邦軍仕様 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY) HGUC 1/144 MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン (機動戦士ガンダム/MSV)


 次回は引き続き HGUCザクIスナイパー製作記の予定です。
関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。