FC2ブログ

スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

奥様 入院につき...

  • :2013.01.09
b_b.gif 年末は、ガンダムオンラインやったり、HGUCジム・コマンドをしあげたり

次回予告のHGUCジェガンを弄り始めたりして割と普通の年末を送っていたんですけど

年が明けて二日、普段であればお昼頃から奥様の実家へと行くんですが、奥様の腹痛が

酷くて、少し休んでから夕方に出発。

実家で年始の挨拶をすませてご飯をいただいてる段階でも、どうにも良くならないので

義母さんが、近くの病院に連れて行ってくれました。(義父さんとビール飲んだ後だったので)

しばらくして、帰ってきましたが、点滴をしてもらって少し良くなった感じはしたんですけど

正月2日の夜で、はっきりとした事は、分からないとの事で、今後の通院の可能性を考えて

近くの市民病院への紹介状を貰ってきて一晩過ごす事に。

3日朝 多少の痛みは引いたみたいですが、根本的な部分は変わらないので予定通り

現住所ちかくの市民病院へ行きました。

10時の受付で、お昼頃に大まかな診断は、くだったんですけど、どう治療するのかが

決まったのは3時過ぎでした。

最終診断の結果 『S字結腸 憩室穿孔性 腹膜炎』 後々のリスク軽減のために

緊急手術を夕方より準備が整い次第行なうという物でした。

今回の病気の詳しい事は、こちらからどうぞ

4時頃に主治医の先生が決まり、奥様同席の元、手術の簡単な説明をしてから

自分一人だけ別室で詳しい診断結果等を聞かされ

予定手術時間は、3時間で もちろん全身麻酔を行なうので その同意書や

手術に関しての同意書、質問があれば今の内にとの事で 色々と聞いておきました。

偶然にもこの病気については、以前テレビで特集してたのを見てたおかげで割りと

すんなりと現状を受け入れられました。

ただ30代半ばでは、珍しいとの事。

手術の時間まで、抗生物質の投与や栄養補給を点滴で行い、6時頃に手術室へと

運ばれていきました。

別れ際に頑張ってねと一言だけ伝える事が出来ました。

ドラマなんかでは、この後手術室の手術中のランプが点灯して、部屋の前のベンチなんかで

待ってるっていうイメージなんでしょうけど実際は、そんな事もなく、

これから入院する部屋での待機となりました。

その待ち時間の間に、入院に関しての書類の記入や、看護婦さんとの入院に関しての諸注意を

聞いたり家族構成なんかを話したり、奥様のご両親に電話で現状を伝えて、子供達を迎えに行く事が

出来なくなったので、預かっていただくようにお願いしたり、この日行く予定だった新年会のメンバーに

再度お詫びの連絡したりと色々とやっては見たものの、3時間という時間は、中々すぎる物では なく

手術開始後2時間ほどして、ふと今日一日で朝 おもちを食べただけで何も食べて無い事に気付き

購買まで行ってカップラーメンを買ってきて、食べてると看護婦さんが走り寄ってきて

手術終わりましたよ!っと一言! 慌てて残りのカップラーメンを平らげ手術室前へ

慌ててカップラーメンを食べたせいで、ほっぺたにネギが付いた漫画みたいな状態だったらしく

看護婦さんにそれを指摘されてネギを取り手術室前に到着。

そこで小部屋にて待機してると、主治医の先生が入ってきて、『やはり手術しておいて正解でしたよ!』

満面の笑みで話してくれたんですが、その手には、今さっき切り取った奥様の大腸が...

自分も子供の頃に大怪我した時 自分の体の中をモロに見た事が何度かあったので

それ位では、たじろがないんですけど、主治医の先生から発せられた言葉が

『これが問題の部分です』 ここまでは誰しもが予想は出来るんですけど

『ちょっと触ってください』 え! 触るんですか! と心の中で思いつつ

脇においてあった手袋をはめて恐る恐る触ってみると確かに問題部分周辺は明らかに触感が

違うのが分かりました。 人間の体って、悪くなってくるとこんな感じに変化していくんだってのを

実感してると、今度は、その大腸を切り広げるじゃありませんか...

その大腸の中には、他にも炎症を起こしてる部分が結構あり、遅かれ早かれ今回の状態になるのは

当たり前体操くらい当たり前だったらしく 若くて回復力がある内に除去できたのは、

考え方によっては、良い事だったみたいです。

ただ、今回炎症を起こした、憩室という物は、炎症を起こさなければ何の問題も無いんですが

一度出来たら自然に回復はしないらしく奥様の大腸には、まだ他にもそういった憩室があるので

今後、同じ様な腹痛が現れたら直ぐに病院に来て下さいとの事でした。

今後 炎症を起こさない為の明確な予防方法は、無いので、あまりへんに意識しすぎずに

規則正しい生活をおくって下さい。と現代では簡単そうで難しい事を言われたので

退院したら、夫婦そろって出来る範囲でやってみるつもりです。


1月9日時点で、術後の経過は良好で、何本も刺さっていた管も全て除去されて

明日からは、食事も取れる所まで回復しました。


自分は、一人で二人の子供の面倒を見ながら、奥様のサポートをしてる状況で

それが、苦痛では無いんですけど、とにかく自分の時間が取れないんです。

正確には、模型部屋に行く事が出来ないといった方が正しいのかも。

なので模型ブログとしてのネタが産まれてきません。

日々の生活をブログで書くというのは、個人的には、どうも違う気がするので

書かないつもりです。 

暫くは、更新が滞る事になると思いますが、ブログを止めるなんて事は

ないので ゆったりと温かい目で見守って下さい。

twitterでは、ボチボチ現状を呟いていくと思うので、生死(ブログとしての)は、

確認できると思います。

えー 長々と取り留めない文章になってしまいましたが、これからもよろしくです。

関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


Comment

はじめまして
いつも、楽しく拝見させて頂いております。
奥様は大変でしたね。お見舞い申し上げます。
管理人さんが傍にいらっしゃるので、
ゆっくりと静養できそうですね。

たまにしかtwitterやらないんですが
フォローさせて頂きました!

まったりとブログ更新楽しみにしてます。

ありがとうございます!
今週末には、退院のめどが経ちましたので、とりあえずは

第一段階クリアって所です。

もう一度、再建手術の必要があるので、完治というゴールまでは、

もう少し掛かりそうです。

小さな子供を二人面倒見てると、どうしても自分の時間が取れないので

趣味に講じるって事がどうしても出来ないのが辛い所です。

その他にも、色々と重なってる時期なので、本当にゆったり、まったりでの

ブログ更新になりますが よろしくお願いします。

twitterこちらもフォローさせていただきました。

こちらもよろしくお願いします!
  • 2013/01/17 14:42
  • akki-
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。