FC2ブログ

スポンサーサイト

  • :--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

HGUC 89式ベースジャバー 製作記:02

  • :2013.08.13
ベースジャバータイトル
b_b.gif 制作記再開の第二回です。 もちろんベースジャバーでございます。

前回は、コクピットブロックの後ハメについてまででしたのでその続きからいきます!
コクピットブロックのすり合わせも順調にいったたので、コクピットブロックは、とりあえず接着。
このコクピット周辺には、大小2種類で3つのアンテナが存在してますが、どうしてもプラ成型の
ままだと、シャープさに欠けるのでどちらも切り取ってエッチングパーツで再生することにします。

IMG_4177.jpg
 いつか使うだろうと買っておいたエッチングパーツが程よい感じなのでそのまま
使用することにします。


後ハメポイントその2
メインバーニアブロックは、コクピットブロックとは逆に、本体(はさまれる側)を
切り欠くことで行います。

IMG_4178.jpg
 左が処理後ですがご覧のとおり かなりの部分を切り欠いてます。
もちろん接着しないと取り付けが不安定になりますが、これで面倒なマスキング処理が省けます。
この時点でメインノズル部分も接着しておきます。


さて後ハメポイントも残すは左右のトラス状フレームのみ!
いろいろと考えた結果......


マスク処理でいくことにします。

決して後ハメ方法が思いつかなかった訳じゃなくて、後ハメにかかる手間と
リスクをマスキング作業とを比較すると マスキングに軍配が上がった訳でして
気持ちを切り替えてマスク処理を前提に作業を組み立てなおします。

頭の中で作業を整理してみると

 ・本体を塗装
 ・本体をマスク
 ・トラス状パーツ接着
 ・トラス状パーツ合わせ目消しと整形
 ・トラス状パーツ塗装

こんな流れになるでしょうかね?

まぁ、大体の流れが掴めたので手を動かしていきます。

本体に出る合わせ目は後端の部分だけですので、そのあたりは既に済んでます。

IMG_4185.jpg
 お約束の下地ブラック塗装です。
個人的には、MSを搭載する部分とトラス状のパーツの下は、ソーラーパネル的な役割が
あるんじゃないかと思うのでMSを搭載する部分とは違う塗装を施していきます。


IMG_4181.jpg
 前もって接着してあった下面タンクですが、思いのほかパーツの合わせ目に段差が
生じたので、表面処理を念入りにしてフラットな状態にしておきます。

最初は全てのパーツを後ハメ化して作業を楽に進める予定でしたが、ちょっと予定変更です。

とは、言ってもそこまで作業性に関わる部分ではないので、ボチボチと制作を進めていきます!

RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
バンダイ 2013-07-27
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
RG 1/144 RX-78GP01 Fb ガンダム試作1号機 フルバーニアン (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY) MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム) HGUC 1/144 AGX-04 ガーベラ・テトラ (機動戦士ガンダム0083) HGAW 1/144 GX-9901-DX ガンダムダブルエックス (機動新世紀ガンダムX) HGUC 1/144 LM312V04 ヴィクトリーガンダム (機動戦士Vガンダム)
関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。