FC2ブログ

 
 

インクジェットでデカール (アドバンスド・ヘイズル用)

  • :2005.12.06
20051130180620.jpg

 その1 『きっかけ』 

◆アドバンスド・ヘイズルに限らず アドバンス・オブ・ゼータ(AOZ)に登場するMS達は
今までのMSとはかなり違うマーキングが施されています
zeon.jpg
↑ジオン軍残党のMSには 『Zeon Alive!』の文字がこれ見よがしにでかでかと

◆特にティターンズテストチーム(T3部隊)のMSは各部にTを三つ
組み合わせた部隊マークをはじめ 黄色のストライプやそれぞれの
機体特性を表したウサギのマークが目に付きますT3.jpg
↑肩のパーソナルマークや各部に施されたT3部隊の部隊マークが特徴的
ストライプ部分はマスキング塗装で何とかなりますが
その他特徴的なマークはキット附属のシールに頼る事になります
今製作中のアドバンスドヘイズルはもちろんキットに悪魔のような
ウサギのマークが附属していますが 稼動テストの時に付けていた
バニーウサギのマークまではフォローされていません
一応『電撃ホビーマガジン1月号』の付録としてこのシールが
付いているのですが当たり前ですが数に限りがあります
複数必要な時は付録目当てで雑誌を買わなくてはならなくなります
それももったいない話なので 今まで試した事の無い『自作デカール』
に挑戦してみます

◆まずこの『自作デカール』を作るうえで必須アイテムの『アルプス
プリンター』ですが 私は持ってませんし近いうちに購入する予定も
全くありません あるのはエプソンのインクジェットプリンターのみです 
8月に買い換えたばかりなので結構いい性能だと思ってます

デカールの用紙の方はとりあえず 下地白の物と
下地透明の物の2種類を揃えてみました

インクジェットの仕組み上 白を印刷する事は出来ないので
紙の白さ=印刷後の白部分になります
下地透明のクリアを使用すると白い部分が透明になります
白色の塗装面に貼り付けるには問題無いのですが
それ以外の場所だと下地の色に左右されてキチンとした色が
再現されません その辺りは文章だと分かりづらいので
実際に両方で作成して検証していきたいと思います


★あなたもアドバンス・オブ・ゼータの世界を感じてみませんか?

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.1)

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.2)

アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~―電撃ホビーマガジンスペシャル (Vol.3)

『電撃ホビーマガジン1月号』
ヘイズルその他の機体マークのシールが付録になってます

その2に続きます (来週中にはUPする予定です)


関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

Comment

おぉ~俺と同じ事ような事を考えてますね。
実は今月号のシールですが、TRのマークが色数の節約の為か公式設定(10月号別冊付録)と色が違います^^;
しかもサイズ的に2号機のマーキングが大きいのです。
トライブースター仕様で使ってもいいかと思ってたんです。
(実際はお尻側には追加装甲が付かないので必要なしと判断しましたが)

ですので私も丁度自作を考えていたところです。
ただ、インクジェットだと水で滲んだ気がしたのですが、実際どうなんでしょうか?
検証楽しみにしています^^
相変わらず色々と気が合いますね(⌒-⌒)
私の方でも両方の別冊付録を見比べてみました 確かに違うところが...
何の為の公式設定なのかちと疑問に思うわけですが
お役に立てるような検証が出来るように只今準備中です お楽しみに(^○^)/
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)