FC2ブログ

 
 

アドバンスド・ヘイズル編:08 ひたすら表面処理

  • :2005.12.05
20051205100752.jpg
◆まず最初に ブログ名を『AS-MODEL』から『AS-MODEL GP』に変更しました 
同名ブログが存在しているので自分でも紛らわしいので
GP(もちろんガンプラの略ですが)を加えてみました

◆今回は前回予定が狂ったソールパーツ裏面から作業を
始めていきます
まずはプラ板、角プラ棒を組み合わせてこんなものをつくります
20051205102431.jpg
↑これを使って足の裏にくぼみをつけます
プラ板の厚みは1mmで角プラ棒がストッパーになるのでいくら
押し込んでもくぼみは1mm以上にはなりません

使用するマテリアルは『ミリプット』です
まずはミリプットをよーくこねて適量をソールパーツのくぼんだ所に
詰め込みます それから上で作っておいた型をムニューっと押し付けます
20051205102445.jpg
↑左がミリプットをくぼみに詰めた状態で
右が型を押し付けた状態です
あとはミリプットの硬化を待って整形して表面処理に入ります
最終的にはくぼみの大きさに合わせたエバグリのモールド入りプラ材を
貼ればOKです (#  ̄ー ̄)〇"
注意点としては押し付ける型はキチンと表面処理やエッジの
処理をしておくこと と 押し付ける前に型にリップクリームなどを
塗っておく事くらいでしょうか?
出っ張った部分を作るのは割りと簡単なんですが
逆のへこんだ部分をきれいに作るのは結構難しいと思います
そんな時にはこういった方法も使うのも一つの手だと思います

◆つづいて接着猶予期間が過ぎたパーツがどんどん出てきたので
ひたすら表面処理をしていきます 頭部、前腕、すね、アーマー
腰部 前回アルテコを盛り付けた胸部も表面処理していきます
今回 アドバンスド・ヘイズルで一番面倒だったのが
サブアームユニットの『爪』だったりします
サブアームユニットには2本の腕があり、その腕には3個の爪があるので
1機当たりに6本の爪が 3機製作なのでx3で処理するのは18パーツ
このパーツがまた小さいのなんの 何度処理中に飛ばして無くしかけた
ことか なんとかゲート処理をして塗装準備に
20051205102553.jpg
↑塗装準備に入った爪たち
しかもこの爪も指先と同様に先端が赤い設定になってます
こんな小さいパーツにマスキングするのは考えるだけで意気消沈 Σ(゚д゚lll)

◆下地の黒塗装まで進んだパーツも結構出てきたので気分転換の
ために白いパーツを中心に塗装してみます
今回塗装したのは 
サブアームユニットの装甲部分
20051205102511.jpg

20051205102522.jpg

20051205102532.jpg
↑これであの爪さえ塗装が終われば組み立てが出来る

20051205102543.jpg
↑実戦配備機と唯一塗装が違う足の部分も白で塗装
あとはマスキングしてメカ部分を塗れば完了
頭部センサーユニットも白で塗装しました

20051205102602.jpg
↑もも部分はメカ色を塗装したのであとはマスキングして
ティターンズカラーの薄い青部分を塗装して完了
この調子で仕上げられる部分はどんどん仕上げていきます

◆やっぱり塗装に入るとなんだか出来上がっていくのが実感できて
楽しいですね 
あと面倒なところは リアアーマーのノズル部分と頭頂部のセンサー
部分くらいかな この辺りを早めにやっつけないと完成が遅れそう
今回は自分の中で完成のリミットがあるので 次回も
頑張って作業を進めていきます

★アドバンスド・ヘイズルの完成リミットの基準になってる
HGUC ガブスレイ
ですが 発売日の方が以前は12月17日だったはずなのに 
知らない内に12月15日になってました 普段ならうれしいはずなのに
なんだか複雑な機分です アドバンスド・ヘイズル
完成するのか?
多少弱気になったりもしますが 応援よろしくお願いします<(_ _)>


関連記事
参加中ランキングです。ポチっとしてもらえると中の人の元気が出ます。


blogram投票ボタン プラモ・模型ブログランキング 人気ブログランキングへ


  • :

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)